サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

会員600万人突破 大感謝祭  ~1/11

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫の通販
  4. 一般の通販
  5. 中央公論新社の通販
  6. 中公文庫の通販
  7. モンゴル騎兵の現代史 チベットに舞う日本刀の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2020/03/19
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公文庫
  • サイズ:16cm/477p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-206863-6
文庫

紙の本

モンゴル騎兵の現代史 チベットに舞う日本刀 (中公文庫)

著者 楊海英 (著)

日本の陸軍士官学校で学んだモンゴル騎兵軍団。日本の敗北後、中国人民解放軍と共にチベット侵略の先兵となり、その後は毛沢東らに粛清されていく…。チベットとモンゴルの悲劇的な歴...

もっと見る

モンゴル騎兵の現代史 チベットに舞う日本刀 (中公文庫)

税込 1,430 13pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本の陸軍士官学校で学んだモンゴル騎兵軍団。日本の敗北後、中国人民解放軍と共にチベット侵略の先兵となり、その後は毛沢東らに粛清されていく…。チベットとモンゴルの悲劇的な歴史を、複眼的な歴史観に基づいて描く。〔「チベットに舞う日本刀」(文藝春秋 2014年刊)の改題,加筆修正〕【「TRC MARC」の商品解説】

戦時下、アジアに勢力を広げる日本軍のもとで闘った騎兵は、戦後の中国の支配化で、チベット制圧に加わることとなった――。その波乱と悲劇の歴史を追う。【商品解説】

著者紹介

楊海英

略歴
楊海英

1964年、南モンゴル・オルドス生まれ。北京第二外語学院大学日本語学科を卒業後、日本に留学。別府大学、国立民族学博物館・総合研究大学院大学で文化人類学を研究、中京女子大学助教授を経て、現在、静岡大学教授。2000年に日本へ帰化、日本名は大野旭(おおの・あきら)。2010年『墓標なき草原:内モンゴルにおける文化大革命・虐殺の記録』(岩波書店)で第14回司馬遼太郎賞受賞。2015年『チベットに舞う日本刀』(文藝春秋)で大同生命地域研究奨励賞、樫山純三賞を受賞。2018年には第19回正論新風賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

南モンゴル出身で日本に帰化された文化人類学研究家の楊海英氏による日本軍の下で戦ったモンゴル騎兵について書かれた著者渾身の書です!

2020/08/07 11:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、南モンゴル・オルドス出身で、日本に留学して文化人類学を研究され、その後、日本へ帰化され、大野旭(おおのあきら)という日本名をもたれている楊海英氏の作品です。同氏は、『墓標なき草原:内モンゴルにおける文化大革命・虐殺の記録』などの著作で有名ですが、同書も同氏の名を世の中に知らしめた名著の一つです。同書では、戦時下、アジアに勢力を広げる日本軍のもと、軍官学校で学び闘ったモンゴル騎兵たちが描かれています。戦後、彼らは中国の支配下で、今度はチベット制圧に加わることになります。今もなお叶えられない民族統一という夢の中で、その波瀾と悲劇の歴史を追った著者渾身の一冊です!同書の内容構成は、「はじめに―日本人よ、モンゴルを忘れないでほしい!」、「第1部 民族の自決」(青春の習志野、燃ゆる興安嶺、狼煙あがるホルチン草原、馬蹄轟く天安門)、「第2部 中国の傭兵」(ヨーロッパの中世よりも暗黒なチベット、武功輝くタングラ山、血潮滾るジュクンド、サムライたちの崑崙、意気揚々青海湖)、「おわりに―日本人よ、自虐にも自大にもなるな」となっています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/03/23 16:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。