サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(1024-26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2020/03/26
  • 出版社: 集英社
  • サイズ:19cm/344p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-780898-8

紙の本

茶室

著者 リシャール・コラス (著),堀内ゆかり (訳)

60年代半ばの日本。フランス人男性Rは退廃的な恋愛生活を送るが、ある日、茶道教室で令嬢・真理子と運命的な一目惚れの恋に落ちる。ふたりを待ち受けるのは…。自伝的小説「遙かな...

もっと見る

茶室

税込 2,420 22pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

60年代半ばの日本。フランス人男性Rは退廃的な恋愛生活を送るが、ある日、茶道教室で令嬢・真理子と運命的な一目惚れの恋に落ちる。ふたりを待ち受けるのは…。自伝的小説「遙かなる航跡」の続編とも位置づけられる小説。【「TRC MARC」の商品解説】

1960年代、憧れの地、日本にやってきたR。金髪の巻き毛に青い瞳、大使館に勤めるフランス人エリートの彼は、女性の目を引きつけ、遊びの関係には苦労しない生活を送るが心はどこか満たされず、戯れの情事にも生きることそのものにも空しさを覚えている。
駒込に居を構え、知人の紹介で茶道を習い、次第に日本に馴染んでいくRにある夏の日、雷に打たれたような出来事が起こる。茶道教室に名家の令嬢、真理子が入門して来たのだ。ひと目で恋に落ち、初めての充足感に胸を躍らせるR。一方、真理子も突然訪れた恋に本能が目覚め、のめり込んでいく。「あなたと出会ってから正気とは思えない行動をいろいろとしてきたけれど…。」秘密の逢瀬を重ねるなかで、恋がいつか成就することを願うR、結ばれることは不可能と知っている真理子。「わたくしの愛しいひと、何てことなさったの?」ふたりを待ち受けているのは……。
物語を通して茶道の点前が詳細に緻密に描写され、底辺ではバッハ「ピアノ協奏曲ヘ短調第5番第2楽章の調べが流れている。東京各所、京都、60年代から80年代、いくつもの時空を交差させながら、ふたつの魂の出会いから行く末までが丹念に綴られる。

リシャール・コラスの8冊目の著書。日本在住45年、日本の文化を深く愛する著者ならではの該博な知識で、茶の湯、日本建築などが端然と描写される。同時に、1960年代から80年代までの日本の風俗、社会状況をフランス人Rの鋭い視点で観察し、精緻な筆致で描き出す。著者の日本への深い愛、同時に失われていくものへの哀しみが、物語の通奏低音として響いている。

【プロフィール】
リシャール・コラス
1953年フランス生まれ。1975年パリ大学東洋語学部卒業。1975年より在日フランス大使館儀典課勤務。その後、ジバンシィなどを経て、シャネル株式会社に入社。1995年シャネル株式会社代表取締役社長に就任。2018年より、シャネルSARL(スイス)へ赴任。シャネル合同会社会長も兼務。フランス国家功労勲章シュヴァリエ、レジオン・ドヌール勲章、オフィシエを受章。2008年日本政府より旭日重光章を受章。私生活では小説家として活躍。『遙かなる航跡』(2006年/集英社)『紗綾』(2011年/ポプラ社)『旅人は死なない』(2011年/集英社)『波 蒼佑、17歳のあの日からの物語』(2012年/集英社)ほか【商品解説】

著者紹介

リシャール・コラス

略歴
〈リシャール・コラス〉1953年フランス生まれ。パリ大学東洋語学部卒業。シャネル合同会社会長等。フランス国家功労勲章シュヴァリエ、旭日重光章などを受章。著書に「遙かなる航跡」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。