サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

会員555万人突破&8周年 ポイントUPキャンペーン

【おうち時間応援キャンペーン】今日のお買い物『全額分』hontoポイントバック&店舗限定ポイント5倍デー  ~7/15

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政の通販
  4. 国防・軍事の通販
  5. 誠文堂新光社の通販
  6. 弾丸が変える現代の戦い方 進化する世界の歩兵装備と自衛隊個人装備の現在 極めて速い武器の進化に日本は対応できるのか!?の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

弾丸が変える現代の戦い方 進化する世界の歩兵装備と自衛隊個人装備の現在 極めて速い武器の進化に日本は対応できるのか!?
弾丸が変える現代の戦い方 進化する世界の歩兵装備と自衛隊個人装備の現在 極めて速い武器の進化に日本は対応できるのか!? 弾丸が変える現代の戦い方 進化する世界の歩兵装備と自衛隊個人装備の現在 極めて速い武器の進化に日本は対応できるのか!? 弾丸が変える現代の戦い方 進化する世界の歩兵装備と自衛隊個人装備の現在 極めて速い武器の進化に日本は対応できるのか!?

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2020/04/10
  • 出版社: 誠文堂新光社
  • サイズ:19cm/191p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-416-61981-0

紙の本

弾丸が変える現代の戦い方 進化する世界の歩兵装備と自衛隊個人装備の現在 極めて速い武器の進化に日本は対応できるのか!?

著者 二見龍 (著),照井資基 (著)

極めて速い武器の進化に日本は対応できるのか? 弾丸と弾道に焦点を当てた元陸上自衛隊幹部と軍事ジャーナリストによる対談をまとめ、さらに小銃や機関銃等に関する最新情報を加える...

もっと見る

弾丸が変える現代の戦い方 進化する世界の歩兵装備と自衛隊個人装備の現在 極めて速い武器の進化に日本は対応できるのか!?

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

極めて速い武器の進化に日本は対応できるのか? 弾丸と弾道に焦点を当てた元陸上自衛隊幹部と軍事ジャーナリストによる対談をまとめ、さらに小銃や機関銃等に関する最新情報を加える。電子書籍をもとに書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

●極めて速い武器の進化に日本は対応できるのか…。 元陸上自衛隊幹部と軍事ジャーナリストが憂う、自衛隊装備の現在とは?

本書は、今までほとんど語られてこなかった弾丸と弾道に焦点を当てた元陸上自衛隊幹部と軍事ジャーナリストによる対談をまとめ、そこへさらに、小銃や機関銃、弾丸などに関する最新情報を加えたものです。

本書の内容を理解すると、当初の驚きからやがて危機感を持つにいたります。
なぜなら、小銃から撃ち出される弾の構造とその進化の関係は、思った以上に深く、弾の進化が戦いを変えていくことに驚愕するからです。

また、世界各国の動きは、戦略的であり、日々進化を続け、戦い方自体が変わろうとしています。
したたかに、そして確実に進化している世界に目を向けなければ、日本は取り残されてしまうのがわかります。

※本書は2018年10月に刊行された電子書籍『二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資基、弾道と弾丸を語る』を増補・再編集したものです。

■目次
◇第1章 米国国防の2大失策
陸上自衛隊退職後、軍事・有事医療ジャーナリストになる
同盟国アメリカ合衆国を正しく理解すべき
M16小銃と5.56mm小銃弾
F-15戦闘機
陸自新個人装備のF-15戦闘機化の懸念
AASAMの本当の話
KASOTC JAWC2019緊急レポート

◇第2章 小銃弾の進化
有害獣駆除時に見た銃創のすごさ
弾丸の進化について知らなければならない
7.62mm弾の有用性
「適正銃身長」とは何か
小銃のファミリー化について

◇第3章 弾丸と小銃のトレンド
サプレッサーの必要性
日本の5.56mm弾のレベル
経済性の高い銃弾とは
使用する弾の種類
5.56mm弾の限界
運動エネルギー転換面での比較
運動エネルギーと貫徹能力の相関
防弾素材に対する実射比較
7.62mm弾と5.56mm弾の制圧範囲の比較
小銃における口径の動向

◇第4章 他国の戦略的思想
進化する機関銃
自衛隊の近代化は可能か
AAD2018緊急レポート
AASAMをどう見るか
旧ソ連系弾薬の変化
NATO諸国の対抗策(弾薬と小銃について)
スイスにおける国土防衛としての小銃運用
銃弾の性能を自国防衛に役立てたインドネシアの取り組み
次期小銃をどう選定すべきか
対物狙撃銃が採用される本当の理由

◇第5章 コンバットメディックの必要性
ナガタ・イチロー氏との関わり
衛生科職種の幹部になる
コンバットメディックの進歩
戦場において救命を進めるポイント
今後の活動について

**************************************【商品解説】

目次

  • ◇第1章 米国国防の2大失策
  • 陸上自衛隊退職後、軍事・有事医療ジャーナリストになる
  • 同盟国アメリカ合衆国を正しく理解すべき
  • M16小銃と5.56mm小銃弾
  • F-15戦闘機
  • 陸自新個人装備のF-15戦闘機化の懸念
  • AASAMの本当の話
  • KASOTC JAWC2019緊急レポート
  • ◇第2章 小銃弾の進化

著者紹介

二見龍

略歴
〈二見龍〉陸将補等を経て退官。防災士、地域防災マネージャー。株式会社カナデン勤務。
〈照井資規〉陸上自衛隊富士学校普通科部と衛生学校にて研究員を務める。現代の戦傷医療に関するスペシャリスト。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。