サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『これからの仕事と経済』~10/28

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2020/03/25
  • 出版社: トランスビュー
  • サイズ:20cm/278p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7987-0176-9

紙の本

現実を解きほぐすための哲学

著者 小手川 正二郎 (著)

性差、人種、親子、難民、動物の命…。社会の分断を生む5つのリアルな問題に対して、「自分の頭で考える」ために、何が必要か? 物の見方が変わる面白さを味わえる、「哲学すること...

もっと見る

現実を解きほぐすための哲学

税込 2,640 24pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

性差、人種、親子、難民、動物の命…。社会の分断を生む5つのリアルな問題に対して、「自分の頭で考える」ために、何が必要か? 物の見方が変わる面白さを味わえる、「哲学すること」への入門書。【「TRC MARC」の商品解説】

★この書籍の小売店頭価格は、2400円+税です。


性差、人種、親子、難民、動物の命について――

いま、世界には社会の分断を生む問題が山積している。
こうした問題についての議論は、往々にして、それぞれの立場から非難の応酬になりがちだ。
では、意見の異なる人と対話し、世の中をより良くしていくためには、何が必要なのだろうか?

著者は、一人ひとりが「自分の頭で考える」こと、そして「かわるまでわかる」ことが大切だと説く。
網の目のように複雑にからまった現実を、どのように解きほぐすことができるのか。
それぞれの問題について、丁寧な思考の歩みを示していく。

哲学は、偉大な学者の言葉や思想をありがたがることではなく、現実に向き合うことから始まる。
本当の意味で考えるための入門となる一冊。


「考えることは、しんどい。
 けれども、物の見方が変わる面白さを味わえる」
――古田徹也 氏(東京大学准教授)推薦!【商品解説】

目次

  • 序章 「自分で考える」とはどういうことか?
  • 経験から出発する――分析の手がかり
  • 現実を解きほぐす――分析の手法
  • 問いに身を晒す――分析の目標
  • 第1章 性差――なぜ、哲学にフェミニズムが必要なのか?
  • 男女平等についての「建前」と「本音」

著者紹介

小手川 正二郎

略歴
〈小手川正二郎〉1983年東京生まれ。慶應義塾大学大学院文学研究科後期博士課程修了。博士(哲学)。國學院大學文学部准教授。専攻はフランス近現代哲学、現象学。著書に「甦るレヴィナス」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「哲学とは」

2020/06/26 08:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いち - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書では、性差・人種・親子・難民・動物の命という5つのテーマを取り上げている。
著者は本書で「自分で考えるためには、最も手近な材料となるのは、自分の経験である」と述べている。何故なら「経験は自分のもの」だからである。自分の考えを発言しても相手から「大したことない」と思われることもある。しかしそれは「自分の考え方」であるため「自分にとっての哲学」である。
哲学は「偉大な思想家の言葉をありがたることでも、耳慣れない用語を使って浮世離れした話をすることでもない」ということを著者は述べている。
「哲学は自分の考えを伝えること」である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/04/10 22:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/09/25 13:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。