サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~2/28

本の購入で全員もらえる!100万ポイント山分けキャンペーン(~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 芸術・アートの通販
  4. 芸術・美術の通販
  5. 東京ニュース通信社の通販
  6. 山内マリコの美術館は一人で行く派展 ART COLUMN EXHIBITION 2013−2019の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2020/03/03
  • 出版社: 東京ニュース通信社
  • サイズ:19cm/267p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-519091-3

紙の本

山内マリコの美術館は一人で行く派展 ART COLUMN EXHIBITION 2013−2019 (Bros.books)

著者 山内 マリコ (著)

1人で、自腹で美術館の企画展へ。作品の紹介はもちろん、芸術家の背景にも思いを巡らせながら、シャープでユーモラスな文体でアートの魅力を綴った美術展探訪エッセイ。『TV Br...

もっと見る

山内マリコの美術館は一人で行く派展 ART COLUMN EXHIBITION 2013−2019 (Bros.books)

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

1人で、自腹で美術館の企画展へ。作品の紹介はもちろん、芸術家の背景にも思いを巡らせながら、シャープでユーモラスな文体でアートの魅力を綴った美術展探訪エッセイ。『TV Bros.』連載に加筆し書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

アート界とは無縁の作家が行った、7年分の美術展の記録!

新時代、新感覚の、やさしいアート入門書。


 ありふれた地方都市に生きる女の子を描いた小説『ここは退屈迎えに来て』で、鮮烈なデビューを飾った山内マリコ。瑞々しくリアルな筆致で心の機微を捉える彼女の小説は、同世代を中心に圧倒的な共感を呼ぶ一方、エッセイでは抜群のユーモアセンスを発揮。コラムやレビューの依頼が絶えない作家です。
 大阪芸術大学を卒業し、美術館めぐりが趣味だった彼女は、2013年に雑誌『TV Bros.』で、美術展をテーマにした連載をスタートします。主に一人で、自腹で美術館の企画展に行き、作品の紹介はもちろん、芸術家の背景にも思いを巡らせながら、感じたことをそのまま書く。彼女のユーモラスな文体は、ときに小難しいと思われがちなアートの魅力を、身近な存在として伝えてくれます。
 本書は『TV Bros.』誌で2013年から2018年にかけて連載された原稿に、プライベートで訪れた2019年の新作を加えた、美術展探訪エッセイです。サブタイトル「ART COLUMN EXHIBITION」のとおり、コラムの展覧会がコンセプト。厳選したコラム101点を作品に見立て、美術館に展示するように並べました。
 さらに、亡き愛猫チチモをモチーフに、近年自ら制作している、愛と弔いのアート作品も一挙掲載!
 作家・山内マリコが7年間にわたって書きつづけた、忖度なしの美術鑑賞コラム、ぜひご一読ください。


”ーーこの展覧会によって、はっきりと悟ったのです。18歳のわたしにかけられていた「バルテュスって素敵!」という魔法が、完全に解けていたことを。”
(本文<バルテュス展>より)【商品解説】

目次

  • ごあいさつ FOREWORD
  • 第1章 セレブ画家 CELEBRITY PAINTER
  • 第2章 ニューヨーク悲喜こもごも NEW YORK BITTERSWEET
  • 第3章 金がうだるほどある SO MUCH MONEY
  • 第4章 ハイライフ HIGH LIFE
  • 第5章 文化が爛熟するとき A TIME GONE BY
  • 第6章 時代の空気 ATMOSPHERE
  • 第7章 時代を絵に閉じ込める UKIYO-E,ILLUSTRATION,AND MORE
  • 第8章 時代をハコモノに閉じ込める HAKOMONO

著者紹介

山内 マリコ

略歴
〈山内マリコ〉1980年生まれ。富山県出身。大阪芸術大学映像学科卒業。作家。著書に「ここは退屈迎えに来て」など。

内容紹介

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.4

評価内訳

紙の本

アートへの旅

2021/02/06 23:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

気ままに美術館巡りをする、著者の姿が思い浮かんできます。展示作品からインスパイアされた、次の物語も楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/06/18 21:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/11/21 10:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/08/09 09:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/04/12 09:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/04/21 11:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/05/27 08:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/03/28 16:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/04/05 10:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/04/02 21:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。