サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 42件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2020/04/10
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/301p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-896770-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

東京百景 (角川文庫)

著者 又吉直樹 (著)

東京は果てしなく残酷で時折楽しく稀に優しい−。お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹が、東京で過ごした青春時代のかけがえのない日々を綴ったエッセイ集。書き下ろし「代田富士見橋の...

もっと見る

東京百景 (角川文庫)

税込 726 6pt

東京百景

税込 726 6pt

東京百景

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 8.3MB
Android EPUB 8.3MB
Win EPUB 8.3MB
Mac EPUB 8.3MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

東京は果てしなく残酷で時折楽しく稀に優しい−。お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹が、東京で過ごした青春時代のかけがえのない日々を綴ったエッセイ集。書き下ろし「代田富士見橋の夕焼け」を加えて文庫化。〔ヨシモトブックス 2013年刊の加筆修正〕【「TRC MARC」の商品解説】

死にたくなるほど苦しい夜には、これは次に楽しいことがある時までの
フリなのだと信じるようにしている。のどが渇いてる時の方が、水は美味い。
忙しい時の方が、休日が嬉しい。苦しい人生の方が、たとえ一瞬だとしても、
誰よりも重みのある幸福を感受できると信じている。
その瞬間が来るのは明日かもしれないし、死ぬ間際かもしれない。
その瞬間を逃さないために生きようと思う(九十九「昔のノート」より)

芥川賞受賞作『火花』、4月公開の話題の映画の原作小説『劇場』の
元となるエピソードを含む100篇のエッセイからなる又吉文学の原点的作品
『東京百景』が7年の時を超えて、待望の文庫化。
18歳で芸人になることを夢見て東京に上京し、自分の拙さを思い知らされ、
傷つき、苦しみ、後悔し、ささやかな幸福に微笑んだ青春の軌跡。
東京で夢を抱える人たちに、そして東京で夢破れ去っていく全ての人たちに
装丁を一新し、百一景と言うべき加筆を行い、新しい生命を吹き込んで届けます。



【商品解説】

著者紹介

又吉直樹

略歴
1980年大阪府寝屋川市生まれ。お笑いコンビ『ピース』として活動中。2015年に小説デビュー作『火花』で第153回芥川賞を受賞。2017年5月に二作目となる小説『劇場』、2019年10月に初となる長編小説『人間』を発表した。2020年4月に、原作映画『劇場』が公開される。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー42件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

表紙にのんさんの写真というのはバリュー!

2020/05/24 22:28

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タオミチル - この投稿者のレビュー一覧を見る

『火花』のずっと前にも本が出てたんだぁ...と思って手に取る。東京の地名は登場しても、おなじみの景色は皆無で、多くは又吉直樹氏の心象風景みたいな感じ。やや鬱陶しげな思いや、ひそかに面白い事件、ほろ苦い結末…みたいなものを淡々と読む。
そして、読了後、東京の深夜のファミレスあたりで、誰かとずーっとこの本に描かれたコトをあれこれ話し続けてみたいなぁという気分になった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

東京

2021/01/11 11:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なま - この投稿者のレビュー一覧を見る

芥川賞を受賞したピースの又吉直樹さんの、東京でのデビュー前後からの暮らしや日々の思いがユニークに綴られています。読んでいるとおもしろさがじんわりと伝わってきて、元気が出てくる気がしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

東京の片隅での又吉さん

2020/11/22 18:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mike - この投稿者のレビュー一覧を見る

又吉さんの朝日新聞に一時期連載されてたエッセイがとても印象に残っていて好きだったので、この本も似たような雰囲気を感じて購入しました。
東京での、デビュー前後からの暮らしや日々の思い(空想や妄想的なものも?)がユニークに綴られていて、面白かったです。

最後のあとがきにあたる部分に、相方が本文内には登場しなかった事についての記載がありましたが、そこにピースの絆のようなものが見えてよかったです。

日々過ごすどうってことない街中の景色も日々しっかりと目に焼き付けたいなぁと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

独自の世界にドップリと浸かっている人だ。

2020/05/15 14:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ら君 - この投稿者のレビュー一覧を見る

自身が持っている世界が、ものすごく独特だ。
めんどくさい自分や美意識に合わないダサい自分を持て余しても、見限らないで粛々と飄々と日々を歩んで行く。

ああこんな人がいるのだなあ、そして、こんな人が素敵な小説を世間の皆に読ませてくれるのだなあと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/05/28 00:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/10/10 14:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/11/17 15:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/08/12 21:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/08/18 22:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/06/01 08:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/06/21 20:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/04/30 14:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/01/13 21:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/06/13 01:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/01/06 00:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。