サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 『大人のための「絵」本』 ~10/28

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2020/02/21
  • 出版社: 澪標
  • サイズ:19cm/228p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86078-468-3

紙の本

大阪人物往来 人がたり外伝

著者 倉橋 健一 (著)

大阪人ではない大阪を通り過ぎる人、つまりエトランジェに大阪はどう映っただろうか。小林秀雄、夏目漱石など近代社会に活躍した43人の文人たちによる、魅力あふれる大阪体験を紹介...

もっと見る

大阪人物往来 人がたり外伝

税込 2,200 20pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

大阪人ではない大阪を通り過ぎる人、つまりエトランジェに大阪はどう映っただろうか。小林秀雄、夏目漱石など近代社会に活躍した43人の文人たちによる、魅力あふれる大阪体験を紹介。タウン誌『おおさかの街』連載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

大阪人による大阪語りは腐るほどあるが、往き交う人による大阪体験記はあるようでなかなか見えにくい。例えば『細雪』の谷崎潤一郎も元はと言えば生粋の江戸っ子。関西移住前の若き日に大阪はどう映ったろうか。
本書は近代社会に活躍した43人の文人たちによるエトランゼの魅力溢れる甘口辛口ないまぜた波乱に満ちた大阪体験を収録!
対談:倉橋健一・坪内稔典 大阪の文化を語りつくそう!!【商品解説】

目次

  • 道頓堀の小林秀雄
  • 道頓堀と辻潤
  • 金子光晴の大阪
  • 漱石、堺の街で
  • メレル・ヴォーリズの結婚
  • 十軒路地の宇野浩二
  • 箒売りをした松本清張
  • 戦後大阪と林芙美子
  • 大川と伊東静雄
  • 三島由紀夫の豊中市米殿村

著者紹介

倉橋 健一

略歴
詩人、文芸評論家。昭和9年、京都市生まれ。同人詩誌「山河」「白鯨」を経て、現在、総合文芸誌「イリプスⅡ」主宰。詩集に『区絵日』『暗いエリナ』『藻の未来』『異刻抄』『化身』(地球賞)『唐辛子になった赤ん坊』『現代詩文庫 倉橋健一詩集』など。評論に『抒情の深層』『世阿弥の夢』『詩が円熟するとき――詩的60年代還流』など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

短い文章ながら、各文化人の作品、活動、生活に及ぼす大阪の特質を快活にまとめている

2020/06/05 12:18

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴんさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

松本清張が、戦後箒売りして生活費をかせぎ、その販売先を小倉から関西へと広げ、大阪、岸和田、堺にまで足を延ばしたのは、意外なエピソード。清張は商売しながら、その後の小説のネタの仕入れをもすることになった。
 取り上げられたのは、薄田泣菫、正岡子規、夏目漱石(2篇)、小林秀雄、折口信夫、谷崎潤一郎などといった近代文学者、椎名麟三、坂口安吾、三島由紀夫、開高健、野坂昭如などの戦後文学者、さらには在日詩人金時鐘、宮沢賢治についての著書もある悪役俳優内田朝雄など。
 それぞれの内容は、実際に読まれることを推奨する。多くの文学者の作品を読み込み、大阪のどの地区の特色につながっているか、それを短文でまとめるのは、文学と大阪の両方を心底好きな倉橋さんしかできない。
 大阪には、古代から現代にまつわる多種多様な魅力がある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

よその作家が見た大阪

2020/07/07 16:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

全国の文豪たちが寄せる、大阪への並々ならぬ関心を纏めています。三島由紀夫の米殿村のように、創作意欲を掻き立てるエネルギーに満ちあふれていました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。