サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~1/31

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  よりよい人間関係のために ー学び直しと悩み解決のヒントー ~2/16

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 129件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2020/06/01
  • 出版社: PHP研究所
  • サイズ:19cm/363p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-569-84694-1

紙の本

きたきた捕物帖

著者 宮部みゆき (著)

江戸は深川、親分の跡を継いで岡っ引きたらんとする北一が、相棒・喜多次やおかみさんの力を借りて成長し、事件を解決していく謎解き×怪異×人情の捕物帖シリーズ、第1弾。月刊文庫...

もっと見る

きたきた捕物帖

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

江戸は深川、親分の跡を継いで岡っ引きたらんとする北一が、相棒・喜多次やおかみさんの力を借りて成長し、事件を解決していく謎解き×怪異×人情の捕物帖シリーズ、第1弾。月刊文庫『文蔵』連載を加筆・修正し単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

宮部みゆき、久々の新シリーズ始動! 謎解き×怪異×人情が味わえて、著者が「生涯、書き続けたい」という捕物帖であり、宮部ワールドの要となるシリーズだ。
舞台は江戸深川。いまだ下っ端で、岡っ引きの見習いでしかない北一(16歳)は、亡くなった千吉親分の本業だった文庫売り(本や小間物を入れる箱を売る商売)で生計を立てている。やがて自前の文庫をつくり、売ることができる日を夢見て……。
本書は、ちょっと気弱な主人公・北一が、やがて相棒となる喜多次と出逢い、親分のおかみさんや周りの人たちの協力を得て、事件や不思議な出来事を解き明かしつつ、成長していく物語。
北一が住んでいるのは、『桜ほうさら』の主人公・笙之介が住んでいた富勘長屋。さらに『<完本>初ものがたり』に登場する謎の稲荷寿司屋の正体も明らかになるなど、宮部ファンにとってはたまらない仕掛けが散りばめられているのだ。
今の社会に漂う閉塞感を吹き飛ばしてくれる、痛快で読み応えのある時代ミステリー。【商品解説】

親分の跡を継いで岡っ引きたらんとする北一が、相棒・喜多次や親分のおかみさんの力を借りて成長し、事件を解決していく新シリーズ。【本の内容】

目次

  • 第一話 ふぐと福笑い
  • 第二話 双六神隠し
  • 第三話 だんまり用心棒
  • 第四話 冥土の花嫁 

収録作品一覧

ふぐと福笑い 7−59
双六神隠し 61−133
だんまり用心棒 135−245

著者紹介

宮部みゆき

略歴
〈宮部みゆき〉1960年東京生まれ。「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞、「理由」で直木賞、「名もなき毒」で吉川英治文学賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー129件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

新シリーズも外さない、宮部みゆき作品って相変わらず面白いです。

2020/07/19 22:39

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タオミチル - この投稿者のレビュー一覧を見る

「きたきた」は、北一と喜多次のことかと途中で気づき、このシリーズは、現代の刑事ものや探偵ものにある「バディ」物語を江戸捕り物帖で展開するつもりなんだっ!と思いいたる。2人の「きた」は、まだ若者で、北一は幼少の頃に母に捨てられ、育ててくれた岡っ引き親分も物語の冒頭、ふぐに中って亡くなっている。喜多次はもしや忍者の末裔?...いや、まだよくわかりません。本作は、そう言ってしまうには充実しまくりの物語だが、まだエピローグ。読み終わったはしから、続きを早く読みたいですっ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白い!

2020/06/25 06:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nako - この投稿者のレビュー一覧を見る

面白かった!北一と喜多次、二人の「きたさん」の捕物、これからの展開が楽しみです。それから、「初ものがたり」に出てきた謎のいなりずし屋台の親爺のことが、最後に出てきました。喜多次さんとのつながり、一族の正体などの謎解きも楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「朱房の文庫でござぁい!」役者は出そろいました。

2020/07/21 10:33

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴんさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

時代ミステリー小説。十六歳の北一は亡き千吉親分を目指し、今日も文庫売りに孤軍奮闘。北さんの人柄と生真面目さが人を引きつけ、たくましく成長していく。「親分、どう思いますか。親分ならこいつらをどうします?」一人前の岡っ引きになるまで、応援したい。きたさんの成長に、目は不自由でも全てお見通しのおかみさん、富勘・おかみさんの掛け合いがいい味出してる。いささかもっさりした感はあるものの、江戸の小気味良さもあり。江戸の怪異に驚く滑稽さもあり。「ぼんくら」の政五郎親分が出てくるのもわくわく。最後まで読んで、タイトルの意味がわかる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

宮部みゆきさんの時代モノ新シリーズ!

2021/08/06 08:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:higassi - この投稿者のレビュー一覧を見る

宮部みゆきさんの時代モノ新シリーズ!主人公の北一は頼りないながらも等身大・自然体の魅力があり、北一を支える実力派メンバーにも惹きつけられます。科学捜査がない時代設定だからこそ、五感を研ぎ澄ませた推理を堪能できますね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

リンク!

2020/12/07 13:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

「初ものがたり」をはじめとする茂吉親分シリーズや「桜ほうさら」もリンクしていて嬉しい作品。

一番読み応えがあったのは「だんまり用心棒」。
主人公北一と同じくきたさんな喜多次が登場。この喜多次、もしかして…。

頼りになるおかみさん、癖のある差配さん、話のわかる用人、うしようもないおたま。
北一の今後が楽しみ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

始まりの一冊

2020/11/15 19:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たっきい - この投稿者のレビュー一覧を見る

なんていえばいいんだろう。安心して読める本。主人公の北一が、周辺で発生するトラブルを解決していく4つの連作短編もの。一つ目の福笑いの話は少し怖くて、三島屋シリーズにもできた内容ではと感じました。だんまり用心棒の喜多次がいい!4話読み切って、おかみさんもいいし、新兵衛もこれからいいアジ出しそうで、北一もいよいよ自ら商売!ようやく役者が揃ったというところ。次作以降が楽しみです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

たぶん続編が出るはず

2021/07/03 09:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:makiko - この投稿者のレビュー一覧を見る

岡っ引きの下っ端だった北一が、岡っ引きの死後、文庫売りをしながら岡っ引きの未亡人にヒントをもらいつつ謎解きをし、成長していく話。途中で喜多次という正体不明で出来る男が出てきました。今後、彼とコンビを組んで活躍していくのではないかと思います。北一と喜多次で「きたきた」という題名なんですよね。続編も楽しみ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

★三つは「損はないしためになる」ですが、損はありませんが為にはなりません(あんまり)

2020/07/09 10:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハマさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

広告宣伝の文句とはわかっていても「私がずっと書きたかった」なんて腰巻に書かれていると「これは読まんといかんかな」と思ってしまう私です。
宮部みゆきさんはなぜか私はあんまり読まないのです。ただ、宮部さんがいしいひさいちのファンだということ、ののちゃんの同級生の少年探偵ミヤベくん(わからない人は無視してください)はお好きですので、なんとなく親しみは持っています。
で、本作ですが、主人公北一が好感の持てる人物設定にできていて、わきを固める人物もしっかり性格付けが出来ていて、個性的に描かれています。ストーリーもしっかりしていて読ませます。肩が凝りません。すいすい読めます。読み物としてはよくできていると思います。ただ、もう一人の主人公(多分)と思われる喜多次は本作まででは正体不明で、ご都合主義的に作られているように思うのは私だけでしょうか。これはシリーズになるようですので、今後喜多次の人物像も作りこまれていくのだとは思いますので、期待したいです。魅力的な脇役の欅屋敷の人々の活躍にも期待が膨らみます。
こういっては何ですが、中身はありません。あんまり。楽しくスイスイ読ませるところを買いたいです。★三つ(損はない)としました。(為にはあんまりなりません。)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/06/08 22:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/03/03 15:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/01/12 23:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/02/01 20:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/03/11 18:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/12/05 22:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/08/18 19:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。