サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~7/31

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  ミステリー変幻自在 ~キーワードで読むミステリー入門編~ 7/28

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 芸術・アートの通販
  4. 映画の通販
  5. 言視舎の通販
  6. もう一度見たくなる100本の映画たち 外国映画編の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2020/03/26
  • 出版社: 言視舎
  • サイズ:21cm/209p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86565-174-4

紙の本

もう一度見たくなる100本の映画たち 外国映画編

著者 立花 珠樹 (著)

1931年のチャールズ・チャップリン監督「街の灯」から、2016年のケン・ローチ監督「わたしは、ダニエル・ブレイク」まで、心にしみる外国映画の名作100本を紹介。共同通信...

もっと見る

もう一度見たくなる100本の映画たち 外国映画編

税込 1,980 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

1931年のチャールズ・チャップリン監督「街の灯」から、2016年のケン・ローチ監督「わたしは、ダニエル・ブレイク」まで、心にしみる外国映画の名作100本を紹介。共同通信編集委員室から配信したコラムを再編集。【「TRC MARC」の商品解説】

名画三昧は大人の特権です。あらゆる時代の映画が手軽に見られるようになった今日だからこそ、昔見たけれど忘れてしまった作品や名前だけ知っている名画などを堪能するチャンス。その絶好の手助けとなるのが本書です。
間違いなく心にしみる名作をチョイス。
関連映画も多数紹介。【商品解説】

目次

  • 30・40年代▼『街の灯』『市民ケーン』『自転車泥棒』
  • 50年代▼『欲望という名の電車』『エデンの東』『お熱いのがお好き』
  • 60年代▼『荒野の七人』『勝手にしやがれ』『2001年宇宙の旅』
  • 70年代▼『小さな巨人』『時計じかけのオレンジ』『ゴッドファーザー』
  • 80年代▼『E.T.』『ラストエンペラー』『霧の中の風景』
  • 90年代▼『牯嶺街少年殺人事件』『羊たちの沈黙』 『レオン』
  • 2000年代▼『父親たちの星条旗、硫黄島からの手紙』『白いリボン』
  • ★今年のアカデミー賞受賞ポン・ジュノ監督の『殺人の追憶』 も紹介。
  • 2010年代▼『ソーシャル・ネットワーク』『ミッドナイト・イン・パリ』『わたしは、ダニエル・ブレイク』  ほか

著者紹介

立花 珠樹

略歴
〈立花珠樹〉1949年北九州市生まれ。一橋大卒。映画評論家、共同通信編集委員。著書に「あのころ、映画があった」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

モノクロからVFXまで

2020/06/15 00:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

その時代を象徴する、名作の数々が懐かしいです。映画との一期一会を大切にする、著者の探求心にも頭が下がります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。