サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 鉄道と乗り物の読書生活 ~8/26

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2020/06/05
  • 出版社: 秀和システム
  • サイズ:19cm/231p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7980-6098-9

紙の本

文豪たちの憂鬱語録

著者 豊岡 昭彦 (編),高見澤 秀 (編)

どんなにがんばっても、人生には失敗や挫折、災難はつきもの。「生きてゆくから、叱らないでください」(太宰治「狂言の神」)をはじめ、文豪たちの、いわば本音とも言える憂鬱・絶望...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

どんなにがんばっても、人生には失敗や挫折、災難はつきもの。「生きてゆくから、叱らないでください」(太宰治「狂言の神」)をはじめ、文豪たちの、いわば本音とも言える憂鬱・絶望・悲哀・慟哭などに満ちた言葉を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

一度でも我に頭を下げさせし
人みな死ねと
いのりてしこと
(一度でも俺に頭を下げさせた奴ら みんな死にますように)

これは『一握の砂』に収録された石川啄木の一首。
啄木は、夭折の天才歌人として才能に恵まれながらも、
世に恵まれず清貧に甘んじたイメージがつきまとう。

だが、実際の啄木には、文才はあるものの、
なかなか引いてしまうエピソードが多い。
その極めつきが、本書で取り上げる『ローマ字日記』だ。

全てローマ字書かれたこの日記の中で、
啄木は「浅草に通い遊女を買ったこと」や、
「仮病を使って会社を休みまくったこと」等を、
かなり赤裸々に書いている。

これがまた、憂鬱な気分の時に読むと、
破天荒な啄木に笑ってしまい、
いつの間にか元気づけられるのだ!

本書では、他にも太宰治、夏目漱石、芥川龍之介、
坂口安吾、宮沢賢治、谷崎潤一郎、佐藤春夫らを取り上げ、
「人としての文豪」「文豪のリアルな肉声」をご紹介する。

漱石は、読み手を暗くさせる名言をいくつも書いている。
太宰もまた、無数の絶望名言を残し、そのまま死んでしまった。

ところが不思議なことに、
彼らの「憂鬱名言」を読んでいると、
なぜか元気が湧いてくる!

本書では500を超える名言・名文を取り上げるが、
読み手を鬱々とさせるものばかりを集めた。

彼らは「言いたいこと」を素直に、極端に、
鋭利に言ってくれるので、爽快感の切れ味が違う。

憂鬱気分のときに「頑張れ」と言われ、本当に頑張れるだろうか?
文豪たちの名文と共に、たっぷりマイナス気分に浸った後こそ、
もうきっと、プラスの感情しか湧いてこないのではないか……!

本書では、太宰以上に猟奇的な心中を遂げた有島武郎や、
姪との近親相姦を描いた自伝小説『新生』の島崎藤村、
冒頭の啄木も加え、あまり類書には出てこない文豪も取り上げた。

憂鬱、絶望、厭世、狂気に満ちた本書を読めば、
文豪がますます好きになることは間違いない。
一味違った名言本の良さを、ぜひ体感してみてほしい!

【目次】
第1章 太宰治のネガティブ語録
    暗すぎてウケる! 文豪界随一の絶望名人
第2章 石川啄木の『ローマ字日記』
    娼婦、借金、無断欠勤も赤裸々なクズの証明録
第3章 夏目漱石の厭世語録
    エリート出身の大文豪が綴る憂鬱な呟き
第4章 芥川龍之介の『侏儒の言葉』と晩年
    「文豪が憧れた文豪」が零した怜悧な嘲り
第5章 島崎藤村の『新生』
    これぞゲスの極み! 姪を妊娠させた狂気
第6章 坂口安吾の無茶ぶり名言
    叱咤激励を超えて罵詈雑言の境地か
第7章 黒い宮沢賢治
    イーハトーブの深い闇
第8章 ドマゾの谷崎潤一郎VS狭量な佐藤春夫
    暴走する奴隷願望と独白する毒舌文豪
第9章 闇落ちしていく有島武郎
    白樺派唯一の闇キャラが残したダーク名言【商品解説】

目次

  • 第1章 太宰治のネガティブ語録
  •     暗すぎてウケる! 文豪界随一の絶望名人
  • 第2章 石川啄木の『ローマ字日記』
  •     娼婦、借金、無断欠勤も赤裸々なクズの証明録
  • 第3章 夏目漱石の厭世語録
  •     エリート出身の大文豪が綴る憂鬱な呟き
  • 第4章 芥川龍之介の『侏儒の言葉』と晩年

著者紹介

豊岡 昭彦

略歴
〈豊岡昭彦〉1960年山形県生まれ。日本文学研究家。編著書に「太宰治の絶望語録」「文房具の解剖図鑑」など。
〈高見澤秀〉1954年長野県生まれ。編集プロダクション(有)マイストリート代表。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

憂鬱語録

2020/06/10 00:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ACE - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書では、他にも太宰治、夏目漱石、芥川龍之介、島崎藤村、坂口安吾、宮沢賢治、谷崎潤一郎、佐藤春夫、有島武郎の合計10名を取り上げ、「人としての文豪」あるいは「文豪のリアルな肉声」を紹介する。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/08/06 20:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/07/01 19:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します古典文学・文学史・作家論 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。