サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『縦横斜めから読む歴史~科学・食・感染症・失われたもの・偽物~』 ポイント5倍キャンペーン  ~1/5

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 芸術・アートの通販
  4. 芸術・美術の通販
  5. torch pressの通販
  6. Cosmo‐Eggs|宇宙の卵 コレクティブ以後のアートの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2020/04/17
  • 出版社: torch press
  • サイズ:26cm/246p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-907562-20-5

紙の本

Cosmo‐Eggs|宇宙の卵 コレクティブ以後のアート

著者 下道 基行 (著),安野 太郎 (著),石倉 敏明 (著),能作 文徳 (著),服部 浩之 (著)

第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館帰国展「Cosmo‐Eggs|宇宙の卵」に際しその内容を振り返る。また、そこから発展させた現代におけるトピックを、作家自身...

もっと見る

Cosmo‐Eggs|宇宙の卵 コレクティブ以後のアート

税込 2,530 23pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館帰国展「Cosmo‐Eggs|宇宙の卵」に際しその内容を振り返る。また、そこから発展させた現代におけるトピックを、作家自身や多彩な表現者との対話によって再考する。【「TRC MARC」の商品解説】

アーティゾン美術館で行われる第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展 日本館帰国展「Cosmo-Eggs|宇宙の卵」に際して刊行される、本展の内容をつぶさに振り返り、またそこから発展させた様々な現代におけるトピックを、作家自身や、多彩な表現者との対話によって再考する一冊です。

「Cosmo-Eggs|宇宙の卵」は、キュレーターの服部浩之を中心に、美術家、作曲家、人類学者、建築家という4つの異なる専門分野のアーティストが協働し、人間同士や人間と非人間の「共存」「共生」をテーマに構成されました。ジャンルの異なる5人によるコレクティブを「共異体」を呼び、「津波石」を起点に、創作神話、映像作品、音楽、その音を出す装置としてのバルーンなど複数の要素が、ひとつの展示空間で共鳴し合います。本書においても、論考、インタビュー、展示風景のみならず、日記形式の制作プロセスや参加作家による振り返り座談までを収録しています。

本書では、2022年に開催されるドクメンタ15のディレクターを務めるルアンルパのアデ・ダルマワンや、新しいエコロジー思想を唱える哲学者・思想家の篠原雅武らを迎え、現代美術において注目を集める様々なトピックを考察しています。エッセイにおいても、文化人類学的な視点を含んだアプローチや、音楽と美術の境界、物質として残らない作品や展覧会のアーカイブなど、それぞれが現在的な美術の問題を扱っています。

現代の神話が生まれるとき、作家は何を考え、実践したのか──。ひとつの展覧会から広がる可能性の数々、あるいはコレクティブとしての意義を共に考えることで、同時代を生き抜くための指南書となるでしょう。

(目次より抜粋)
・コレクティブでつくるアート、それを支える固有の倫理 
 アデ・ダルマワン(アーティスト、ルアンルパ ディレクター)×服部浩之
・複数の時間を生きる風景──シリーズ「津波石」の制作プロセス  下道基行
・共異体のフィールドワーク──東アジア多島海からの世界制作に向けて 石倉敏明
・「ゾンビ音楽」の辿った数奇な運命 安野太郎
・人新世のエコロジーから、建築とアートを考える 篠原雅武(思想家)×能作文徳
・体現する印刷物──アーカイブ時代を迎えた美術展のグラフィックデザイン
 森大志郎(グラフィックデザイナー)×田中義久【商品解説】

目次

  • ・コレクティブでつくるアート、それを支える固有の倫理 
  •  アデ・ダルマワン(アーティスト、ルアンルパ ディレクター)×服部浩之
  • ・複数の時間を生きる風景──シリーズ「津波石」の制作プロセス  下道基行
  • ・共異体のフィールドワーク──東アジア多島海からの世界制作に向けて 石倉敏明
  • ・「ゾンビ音楽」の辿った数奇な運命 安野太郎
  • ・人新世のエコロジーから、建築とアートを考える 篠原雅武(思想家)×能作文徳
  • ・体現する印刷物──アーカイブ時代を迎えた美術展のグラフィックデザイン
  •  森大志郎(グラフィックデザイナー)×田中義久
  • (目次より抜粋)

著者紹介

下道 基行

略歴
下道基行/1978年生まれ。美術家。代表作に、日本の植民地時代に残された世界各地の鳥居を撮影したシリーズ《torii》や、大津波により海底から陸上に運ばれた巨石を取材し撮影したシリーズ《Tsunami Boulder》がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。