サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

BOOK FUN LETTER 2021~好きな誰かに、好きな本のこと、手紙を書いて伝えよう~(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政の通販
  4. 福祉・介護の通販
  5. 萌文書林の通販
  6. 子ども家庭支援論 子どもが子どもの生活をするためにの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:教員
  • 発売日:2020/04/10
  • 出版社: 萌文書林
  • サイズ:26cm/207p
  • 利用対象:教員
  • ISBN:978-4-89347-364-6
専門書

紙の本

子ども家庭支援論 子どもが子どもの生活をするために

著者 阿部 和子 (著)

子どもと家族・家庭のよき理解者となり、その実践を支える子育て支援者の考えをより確かなものにする上で参考となるテキスト。子ども家庭支援の意義と役割、支援を必要とする子どもと...

もっと見る

子ども家庭支援論 子どもが子どもの生活をするために

税込 2,200 20pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

子どもと家族・家庭のよき理解者となり、その実践を支える子育て支援者の考えをより確かなものにする上で参考となるテキスト。子ども家庭支援の意義と役割、支援を必要とする子どもと家族・家庭などについて解説する。〔「家庭支援論」(2015年刊)の改題改訂版〕【「TRC MARC」の商品解説】

保育指針や教育・保育要領が改定(訂)されたことから、保育者になる学びの内容(保育士養成課程)も改定されることになります。2018(平成30)年に「指定保育士養成施設の指定及び運営の基準について」が見直されました。その中で、子どもの最善の利益を基本にして、子育てや保育をめぐる現状を考慮し、あるいは社会からの要請に応えた形で、これまでの教科目が再編、創設されました。

カリキュラムの見直しの観点は以下の通りです。
1. 乳児保育(3歳未満児の保育を指す)の充実
2. 幼児教育を行う施設としての保育の実践
3. 養護の視点を踏まえた実践力の向上
4. 子どもの育ちや家庭への支援の充実
5. 社会的養護や障害児保育の充実
6. 保育者としての資質・専門性の向上

以上のカリキュラム見直しの視点は、それぞれ独立してあるのではなく、お互いに絡まり合い、多少の重複をしながらカリキュラム全体を通して実現されるものですが、本書が直接に関連するのは、4. 子どもの育ちや家庭への支援の充実の部分です。そこでは、子育て家庭支援に対する基礎的な理解の促進が目指されています。保護者と連携した「子どもの育ちの支援」を目指すためには、「子どもと家族・家庭」をより深く理解することが充実した支援の根幹をなすと考えられているからです。

また、保護者と連携した「子どもの育ちの支援」と表現されながら、そこで展開されている支援の表れが同じように見えたとしても、そのよって立つところの子育て・子育ち観が異なれば、子どもと家族がその支援で経験していることの意味が全く異なってきます。本書の子育て子育ち観を第12章1.本書が依拠する子育て・子育て観に述べました。この考え方は本書の改訂前の家庭支援論と同じです。改訂版においてもこの考え方を下敷きにしながら、子どもと家族・家庭を支援することの意義やあり方、そして目指す方向を考えたつもりです。この先を、本書を手に取られたみなさんと一緒に考えていけるとしたら、そして、その考えを形にしていくことで、子どもと家族・家庭の最善の利益に少しでも近づいていけるとしたら、それは、筆者の大きな喜びです。
(本書はじめにより抜粋)

【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。