サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

会員555万人突破&8周年 ポイントUPキャンペーン

【おうち時間応援キャンペーン】今日のお買い物『全額分』hontoポイントバック&店舗限定ポイント5倍デー  ~7/15

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

子ども学 第8号(2020)
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2020/05/15
  • 出版社: 萌文書林
  • サイズ:26cm/285p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-89347-268-7
専門書

紙の本

子ども学 第8号(2020)新刊

著者 白梅学園大学・白梅学園短期大学子ども学研究所「子ども学」編集委員会 (編集)

現在の日本における子どもへの処遇が生まれる背景や根拠を探りながら、子どもという存在とその周辺にあるものを明らかにする。第8号は巻頭特集「子ども学研究への提言2020」、「...

もっと見る

子ども学 第8号(2020)

税込 1,980 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

現在の日本における子どもへの処遇が生まれる背景や根拠を探りながら、子どもという存在とその周辺にあるものを明らかにする。第8号は巻頭特集「子ども学研究への提言2020」、「家族をとらえる」等を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

本誌「子ども学」も第8号となりました。子どもをめぐる問題状況とそこに関わる諸学問を展望することを行っています。とくにこの第8号の特徴は,保育・幼児教育また子育て支援・家族支援という実践的な課題をめぐり,いくつもの学問的な視点の交錯として描き出していることがあげられます。また,「政策科学」という理念を実質化する試みを,おもに厚生労働省の施策の変遷を通して探りました。

ここまでの8年間の本誌の掲載論文を見渡すと,子ども学という分野の学際性が際立って見えてきます。一方で子どもを取り囲む保育や心理臨床や文化のいわば実践分野があります。他方にそれらを対象として特定の学問分野に即して研究を進めていく領域があります。そこには,思想・思想史,歴史学,社会科学・政策科学,文学・文化論,社会学,文化人類学,心理学,教育学,生理学,脳神経科学などの学問が,子どもとそれを囲む諸現象のあり方を検討しているのです。

どのアプローチもひとつの切り口であり,それにより特定の現象群を捉える知見の総体が見えるというものではありません。といって,さまざまな学問を通り一遍に学んでおけば,すぐに総合的でまとまった知見となり,実践の見直しや改善につながるということはあり得ません。それぞれの学問としてきちんとした方法論により対象に深く切り込んだ知見があり,それをいくつもつなぐことが必要なのです。ただそれは単にいくつかの学問の知見を併置するとおのずと成立することではないのです。対象に関わろうとする実践者・研究者が,自らそういった諸学問の知見を領域の専門家からの解説を受けながら,受け止めて消化し,自らの現場において創造的に生かしていくことしか方策はあり得ません。

本誌はそういったことに向けての思索の場であってほしいと願っています。執筆者と編集委員はもとより,本誌を読む読者においても,それぞれの場においてさまざまなアプローチからの知見をどう適用し,活用し,再創造可能なのかを検討して進めてほしいのです。そこにしか学問と実践をつなぐ道はつくり得ないのだと思うのです。

終わりに,編集委員を代表して,2019年12月にお亡くなりになられた小林登先生に哀悼の意を表したいと思います。小林先生は小児科学を専門としながら,それを大きく広げ,諸学問を取り込みながら,「子ども学」という分野を創設し,その拡充に努めてこられました。本誌「子ども学」もまた小林先生の構想の影響下にあって,8年間の営みを続けてきたのです。
(編集委員長 白梅学園大学名誉教授 無藤 隆「まえがき」より)

【商品解説】

目次

  • <巻頭特集>子ども学研究への提言2020
  • ・学際的研究としての「子ども学」の構築に向けて …加藤 理
  • ・誰も置き去りにはしない …榊原洋一
  • ・子どもの日常の姿から発達を捉える試み …阿部和子
  • <特集1>家族をとらえる
  • ・統計にみる日本の家族120年の変化 …松本園子
  • ・むらにみる家族の歴史 …久保昭男
  • ・子ども・家族・司法 …小谷眞男
  • ・家族関係における夫婦の葛藤,親子の葛藤 …福丸由佳

収録作品一覧

学際的研究としての「子ども学」の構築に向けて 加藤理 文 7−12
誰も置き去りにはしない 榊原洋一 文 13−19
子どもの日常の姿から発達を捉える試み 阿部和子 文 20−25

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

教育 ランキング

教育のランキングをご紹介します教育 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。