サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 鉄道と乗り物の読書生活 ~8/26

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2020/07/10
  • 出版社: NHK出版
  • レーベル: 生活人新書
  • サイズ:18cm/285p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-14-088629-8
新書

紙の本

いまこそ「小松左京」を読み直す (NHK出版新書)新刊

著者 宮崎哲弥 (著)

大規模自然災害、ウイルス・パンデミック、科学技術の進歩と限界…。驚くべき精度で「現在」を予見したSF作家・小松左京。「日本沈没」をはじめとする代表作を読み解きながら、戦後...

もっと見る

いまこそ「小松左京」を読み直す (NHK出版新書)

税込 990 9pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

大規模自然災害、ウイルス・パンデミック、科学技術の進歩と限界…。驚くべき精度で「現在」を予見したSF作家・小松左京。「日本沈没」をはじめとする代表作を読み解きながら、戦後最大の知識人の洞察の淵源を探る。【「TRC MARC」の商品解説】

戦後日本を代表するSF作家として知られる小松左京。その作品は、大規模自然災害、ウイルス・パンデミック、科学技術の進歩と限界等、現在の私たちが直面し、未だ解決できない問題を先取りするかのようなリアリティを持っていることから、いまふたたび注目を集めている。彼は危機の予言者なのか? それとも――。
作家としての出発点『地には平和を』、日本SFのオールタイムベスト『果しなき流れの果に』、460万部超の大ベストセラー『日本沈没』、カルト的な人気を誇る『ゴルディアスの結び目』、未完の遺作『虚無回廊』等、小松の仕事を画期する代表作群を読み解き、時代を超える洞察の淵源をさぐる。小松左京を「SF作家」にとどまらない、戦後最大の知識人として捉えなおす試み!

(目次)
はじめに 戦後日本SFとは何だったのか――小松左京を通じて

第1章 現実に「木戸銭」を払って――「銃後」から「廃墟」へ
『地には平和を』『戦争はなかった』『ヤクトピア』
SF作家、小松左京が生まれるまで/ダンテ『神曲』との出会い/例外的な私小説/聖戦貫徹のパラレルワールド/〝この現実〞への抗い/「現実」の底を掘り抜く/廃墟から自由への道/ほか

第2章 宇宙を超えるための「闘争」
『果しなき流れの果に』『神への長い道』『彼方へ』
残された難問(アポリア)を問い直す/闘いの構図/『幼年期の終わり(チャイルドフッズ・エンド)』を超えて/〝闘争〞から〝超越〞へ/エイリアンによる福音と、哲学の袋小路/認識によるブレイクスルー/進化の加速主義/脱構築し続ける神話体系/ほか

第3章 滅びとエクソダス
『日本沈没』
空前の大ベストセラー/戦後政治と「新しい日本人」/『果しなき流れの果に』の余映/大阪万博と未来学/希望の未来、絶望の未来/近代国家とポストモダンの〝くに〞/業(カルマ)としてのアイデンティティ/生き残る者たちの「寓話」/ほか

第4章 トラウマとブラックホール
『ゴルディアスの結び目』
〝知の旅〞が遭遇するもの/「出発」――知覚の扉を開けて/宇宙に〝開かれた〞岬/「渦」――その球体は何なのか?/深層意識への潜行(ダイヴ)/エクソシストと量子重力理論/宇宙の本質をめぐる超神学論争/歴史的怨念が凝集し、時間と空間が入れ替わる/ほか

第5章 虚イマジナリーと実リアルの通路
『虚無回廊』『結晶星団』『雨と、風と、夕映えの彼方へ』
小松SFの「未完の集大成」/二度の中断と〝途絶〞/「実存」は実在するのか?/天才ジェランの「一般自然言語」/〝SS〞と宇宙構造のごみ捨て場』/書かれなかった結末/物語の円環は閉じられた。しかし……/目的論への傾向/「人間原理」と「現代の神話」/ほか

世界と出会い直すために――あとがきにかえて【商品解説】

大規模自然災害、ウイルス・パンデミック、科学技術の進歩と限界——。驚くべき精度で現在を予見したSF作家の思索をたどる。【本の内容】

目次

  • はじめに 戦後日本SFとは何だったのか――小松左京を通じて
  • 第1章 現実に「木戸銭」を払って――「銃後」から「廃墟」へ
  • 『地には平和を』『戦争はなかった』『ヤクトピア』
  • SF作家、小松左京が生まれるまで/ダンテ『神曲』との出会い/例外的な私小説/「眼をひっぱたかれ」SFに開眼/聖戦貫徹のパラレルワールド/歴史から「ほうり出された」/〝この現実〞への抗い/現実に「木戸銭」を払って/「現実」の底を掘り抜く/廃墟から自由への道
  • 第2章 宇宙を超えるための「闘争」
  • 『果しなき流れの果に』『神への長い道』『彼方へ』
  • 残された難問(アポリア)を問い直す/苦渋に満ちた執筆過程/あり得ない人工物(オーパーツ)と怪事件/時空の果てを尋(と)めゆきて、涙さしぐみ帰り来ぬ/闘いの構図/全宇宙を統べんとする者と叛徒たち/偽りの「救済」劇/『幼年期の終わり(チャイルドフッズ・エンド)』を超えて/〝闘争〞から〝超越〞へ/エイリアンによる福音と、哲学の袋小路/認識によるブレイクスルー/進化の加速主義/答えなき問いへの答え(ジ・アンサー・トゥ・ジ・アンアンサード・クエスチョン)/「だが、なんのために?」/新創世のためのエチュード/脱構築し続ける神話体系

著者紹介

宮崎哲弥

略歴
〈宮崎哲弥〉1962年福岡県生まれ。慶應義塾大学文学部社会学科卒業。評論家。相愛大学客員教授。専門は仏教思想・政治哲学。著書に「仏教論争」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

最良のブックガイド

2020/07/25 14:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

100分de名著の番組企画から生まれた本ですが、番組では取り上げられなかった第2章「果しなき流れの果に」が充実していると思います。この本を読むと、小松左京という人は、デビュー時からずっと同じことをくり返し書いてきたということが良くわかり、その考え方の進化=深化を理解するためには、何度でも再読していく必要があり、そのたびに本書も再読していく必要があると思いました。
なお、取り上げられている作品を読みたいと思ったときに、長編や短編集のタイトル作はすぐに見つけられますが、そうでない作品はどの本に入っていたのかわからないので、引用文献の一覧をつけておいてほしかったと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

小松左京氏

2020/07/18 15:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ACE - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書では、驚くべき精度で「現在」を予見したSF作家の小松左京氏の『日本沈没』をはじめとする代表作を読み解きながら、戦後最大の知識人の洞察の淵源を探ります。

小松左京氏の作品を、改めて読みたくなる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/08/13 12:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/08/04 22:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します古典文学・文学史・作家論 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。