サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(1205-07)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2020/07/13
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま学芸文庫
  • サイズ:15cm/463p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-480-09992-1
文庫

紙の本

資本主義と奴隷制 (ちくま学芸文庫)

著者 エリック・ウィリアムズ (著),中山 毅 (訳)

なぜイギリスは世界ではじめての工業化を成し遂げたのか。カリブ海域史研究に取り組み、奴隷貿易と奴隷制プランテーションによって蓄積された資本こそが、産業革命をもたらしたことを...

もっと見る

資本主義と奴隷制 (ちくま学芸文庫)

税込 1,870 17pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

なぜイギリスは世界ではじめての工業化を成し遂げたのか。カリブ海域史研究に取り組み、奴隷貿易と奴隷制プランテーションによって蓄積された資本こそが、産業革命をもたらしたことを突き止めたウィリアムズの金字塔的名著。【「TRC MARC」の商品解説】

産業革命は勤勉と禁欲と合理主義の精神などではなく、黒人奴隷の血と汗がもたらしたことを告発した歴史的名著。待望の中山毅訳を文庫化。解説 川北稔【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

人間の他者に対する都合の良い考え。

2021/08/01 08:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:L療法 - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルの通りで、資本主義の成立と、大英帝国の発展に、いかに奴隷制が関わっていたのか、資本主義にとって、労働とは何かを描き出した本。
歴史や経済学を専門としない方による翻訳は、時代がかっていて、ちょっと奇妙ではありますが意味はきちんと読み取れまれす。
ここでの強欲が蠢く様、資本主義が駆動する様は、形を変えて現在も続くものであり、奴隷解放が、人道主義よりも経済的理由で、押し進められた経緯などは、非正規雇用の問題、新自由主義に直結するものでしょう。
貴族も、宗教も、商人も、何かしら理由をつけて、金儲けに邁進します。
商売の都合、この言葉の悪辣さを感じずにはいられません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

その大元は何だ!という疑問に応える

2020/07/11 09:49

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ニッキー - この投稿者のレビュー一覧を見る

とくにアメリカ合衆国南部の奴隷制については、数多く書籍はあります。奴隷貿易に関する書籍もある程度あります。しかし、なぜアフリカの黒人を近代に奴隷として、ヨーロッパ人がアメリカに売り飛ばしたのかという、政治経済的原因はあめり述べられていません。そういう書籍は少ないです。本書を、その問に正面から答えたものです。とくに資本主義の発展を背景に奴隷制を考えたことが素晴らしいです。黒人への差別や偏見は、奴隷制の原因ではなく、ほぼ結果でしょう。少し文章(翻訳もあぶん原文も)が難解な感じが為ますが、良く咀嚼すれば、味が出てきます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/10/25 19:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/06/06 10:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/07/21 00:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/09/20 23:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/05/28 09:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。