サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 『大人のための「絵」本』 ~10/28

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2020/07/21
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公新書
  • サイズ:18cm/251p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-102601-9
新書

紙の本

北朝の天皇 「室町幕府に翻弄された皇統」の実像 (中公新書)

著者 石原比伊呂 (著)

建武3年(1336)、新天皇を擁し幕府を開いた足利尊氏。後醍醐天皇は吉野に逃れ、二帝が並び立つ時代が始まる。北朝の天皇は室町幕府の傀儡だったのか? 両者の交わりから、困難...

もっと見る

北朝の天皇 「室町幕府に翻弄された皇統」の実像 (中公新書)

税込 968 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

建武3年(1336)、新天皇を擁し幕府を開いた足利尊氏。後醍醐天皇は吉野に逃れ、二帝が並び立つ時代が始まる。北朝の天皇は室町幕府の傀儡だったのか? 両者の交わりから、困難な時代を生き抜いた天皇家の軌跡を描く。【「TRC MARC」の商品解説】

北朝の天皇は室町幕府の「傀儡」だったのか? 両者の交わりをエピソード豊かに紹介し、困難な時代を生き抜いた天皇家の軌跡を描く。【商品解説】

北朝の天皇は室町幕府の「傀儡」だったのか? 両者の交わりをエピソード豊かに紹介し、困難な時代を生き抜いた天皇家の軌跡を描く。【本の内容】

著者紹介

石原比伊呂

略歴
〈石原比伊呂〉1976年三重県生まれ。青山学院大学大学院博士課程修了。博士(歴史学・青山学院大学)。聖心女子大学現代教養学部准教授。著書に「室町時代の将軍家と天皇家」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

北朝の天皇と室町将軍の関係

2020/09/17 23:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:福原京だるま - この投稿者のレビュー一覧を見る

足利将軍家が単なる鎌倉幕府の御家人の立場から武家の棟梁になる理論武装のために天皇権威を利用し天皇の方も財政基盤を武家に頼り切っている関係上将軍権威の上昇に関わるという依存しあった関係がよくわかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

内容は面白いが、少々看板に偽りあり

2020/09/24 12:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:柏木ゆげひ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「北朝天皇と室町幕府」といった感じの内容。また、主題であろう天皇と幕府の「儀礼的昵懇関係」は南北朝合一後の成立なので、内容は面白いものの、少々看板に偽りあり、といえるかも。

ただ、後花園院と足利義政の「猿楽を介した交流」は能楽ファンにはたまらりませんでした。

あと、全体的にくだけた文体であることが、内容の良し悪しではないのですが、そういう雰囲気のある本、というのも一つのポイントかなと感じます。

全体的に室町時代史が好きな人がニヤニヤしながら、軽く読む新書という印象です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

書名は「室町幕府と天皇」の方が適切

2020/09/10 18:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おくちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

書名から、南北朝時代の北朝、つまり皇統譜から外れた光厳・光明・崇光・後光厳・後円融の五天皇の生涯や室町幕府との関係について書かれたものと想像しましたが、それは本書の一部に過ぎず、南北朝統一後、室町幕府末期までの将軍と天皇の関係についての記述がほとんどでした。

4代将軍義持が後小松上皇と称光天皇の親子間の不和を取りなすのに奔走していたとか、8代将軍義政のときは天皇家と将軍家が同居しており、日夜酒宴が繰り広げられていたとか、それなりに興味深いエピソードもちりばめられてはいますが、本題は第3章「後光厳院流と崇光院流」までで、全体の半分以下しかありません。

帯に「南朝は衰退したのになぜ北朝は生き残ったのか」という問いかけがあり、あとがきに「南朝が理念を追い求めたのに対し、北朝は現実を受け止め、その中で自分の価値を最大限に生かすことによって生き延びた」ためという答えが書かれていますが、天皇が将軍と「儀礼的昵懇関係」という、持ちつ持たれつの関係になったのは南北朝統一後の、もはや北朝も南朝もない時代の話ですから(筆者は南北朝統一以降の天皇も「北朝の天皇」としていますが)、統一前の北朝と南朝を比較しないと話にならないのではないでしょうか。

それから、天皇家の略系図はところどころに挿入されていますが、年表がなく、どの天皇がいつ在位していたのか、そのときの将軍は誰だったのか、本文の記述だけではわかりにくいのも少し不親切だと感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

正統

2020/09/08 05:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:七無齋 - この投稿者のレビュー一覧を見る

北朝の天皇家を解説する本はあまりなかった。天皇と将軍の関係を主に取り上げている。前半は孫引きが多くて読みにくい。天皇個人よりもその環境が主に取り上げられている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/09/08 14:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/09/20 11:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/08/05 13:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/07/19 22:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。