サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  ~佐伯泰英先生『居眠り磐根 決定版』(文春文庫)完結記念~ 時代小説に溺れる  ~5/26

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 芸術・アートの通販
  4. 音楽の通販
  5. アルテスパブリッシングの通販
  6. ワーグナーシュンポシオン 2020 特集ワーグナーとユダヤの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2020/07/27
  • 出版社: アルテスパブリッシング
  • サイズ:21cm/164p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86559-224-5
  • 国内送料無料

紙の本

ワーグナーシュンポシオン 2020 特集ワーグナーとユダヤ

著者 日本ワーグナー協会 (編)

特集「ワーグナーとユダヤ」では、ワーグナーとユダヤの関係を多面的に論じる。ほか、テノール歌手ペーター・ザイフェルトのインタビュー、エッセイ、上演報告、書評、海外ワーグナー...

もっと見る

ワーグナーシュンポシオン 2020 特集ワーグナーとユダヤ

税込 3,190 29pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

特集「ワーグナーとユダヤ」では、ワーグナーとユダヤの関係を多面的に論じる。ほか、テノール歌手ペーター・ザイフェルトのインタビュー、エッセイ、上演報告、書評、海外ワーグナー上演2019も収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

日本のワーグナー研究の最新動向を伝える年刊誌。
巻頭インタビューはドイツのテノール歌手ペーター・ザイフェルト。
特集ではワーグナーとユダヤの関係を多面的に論ずる。
『ワーグナーシュンポシオン』は、わが国におけるワーグナー研究の成果やワーグナー芸術にかんする多様な情報を発信する年刊誌。
「シュンポシオン」とは、古代ギリシャで酒を酌み交わしながら行われていた議論のことで、プラトンの対話篇『饗宴』の原題でもあります。
本誌を、ワーグナーについて真摯かつ自由闊達に語り合う場にしたいとの願いが、この誌名にこめられています。

本号では、まず巻頭インタビューにドイツのテノール歌手ペーター・ザイフェルト氏が登場。
オペラやワーグナーの音楽との出会い、タンホイザー、トリスタンなどの役の魅力やむずかしさ、自身のキャリアや共演した音楽家たちについてフランクに語ります。
特集は「ワーグナーとユダヤ」と題し、ワーグナー自身が執筆した問題論文「音楽におけるユダヤ」の抄訳と解題を掲載するほか、ユダヤ人作曲家メンデルスゾーンおよびシェーンベルクとワーグナーの関係、なぜ多くのユダヤ人がワグネリアンとなりうるのかという問題を論じます。
エッセイは前号に続き、オペラ演出家・菅尾友氏が寄稿。
その他バイロイト音楽祭や国内の上演報告、内外の文献紹介ほか最新情報も満載しています。【商品解説】

目次

  • ■巻頭インタビュー ワーグナー今年の顔
  • ペーター・ザイフェルト氏(聞き手:鈴木伸行)
  •  まえがき(杉谷恭一)
  • ■特集 ワーグナーとユダヤ
  • 音楽におけるユダヤ Das Judentum in der Musik ──抄訳と解題(池上純一)
  • さまよえる《パウロ》──オラトリオ作曲家メンデルスゾーンの長い影(星野宏美)
  • シェーンベルクの「オペラ」と「ドラマ」──《今日から明日へ》と『聖書の道』からみるワーグナーへの両義的態度(白井史人)
  • [連載『ワーグナースペクトラム』誌掲載論文]

収録作品一覧

ペーター・ザイフェルト氏 ペーター・ザイフェルト 述 3−13
音楽におけるユダヤ リヒャルト・ワーグナー 著 22−38
さまよえる《パウロ》 星野宏美 著 39−58

著者紹介

日本ワーグナー協会

略歴
1980年4月11日に産声をあげた日本ワーグナー協会は、19世紀ヨーロッパの精神文化を代表するリヒャルト・ワーグナーの芸術を探求し、広く紹介すること、それによって日本の芸術文化に貢献することを目的としています。東京で開催される月例会、関西・名古屋等の定例会を活動の中心に、テーマ別に専門家を講師に招き、講演会、レクチャーコンサート、DVD鑑賞会、パネルディスカッションなどを開催し、ワーグナーの芸術を正しく紹介するよう努めています。また、来日中の外国の著名な演奏家、演出家、研究者らを招いた公開インタビューや、彼らを囲むパーティー等さまざまなプログラムも企画しています。出版活動では、多彩な執筆陣による年1回の総合研究誌『ワーグナーシュンポシオン』刊行のほか、年4回協会機関紙『リング』を発行。さらに研究成果の集大成ともいえるワーグナー作品の音楽註・訳註つき対訳本は、23年の歳月をかけ、2013年全作品の対訳が完結いたしました。また、バイロイト祝祭劇場をはじめとする欧米音楽界と密接な情報交換や人的交流を行うなど、民間レベルでの文化交流の架け橋と…

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。