サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

ブックオフ宅本便 バナー・LP修正(2021/3/1~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 医学の通販
  4. 医学の通販
  5. ビイング・ネット・プレスの通販
  6. ACP人生会議でこころのケア ケアする人、される人、共に死生観・スピリチュアリティの向上をめざしての通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:医療従事者
  • 発売日:2020/08/05
  • 出版社: ビイング・ネット・プレス
  • サイズ:21cm/226p
  • 利用対象:医療従事者
  • ISBN:978-4-908055-25-6
専門書

紙の本

ACP人生会議でこころのケア ケアする人、される人、共に死生観・スピリチュアリティの向上をめざして

著者 大下大圓 (著),梶山徹 (著)

厚生労働省は、人生の最期にのぞんで、自分が望む医療やケアについて前もって考え、家族等や医療・ケアチームと繰り返し話し合い、どのような医療を進めるかを共有する取組を「ACP...

もっと見る

ACP人生会議でこころのケア ケアする人、される人、共に死生観・スピリチュアリティの向上をめざして

税込 2,750 25pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

厚生労働省は、人生の最期にのぞんで、自分が望む医療やケアについて前もって考え、家族等や医療・ケアチームと繰り返し話し合い、どのような医療を進めるかを共有する取組を「ACP:アドバンス・ケア・プランニング」として普及・啓発を行ってきました。そしてより馴染みやすい「人生会議」という愛称で呼びます。
昨今、医師や看護師は、患者や家族とのコミュニケーションを通じてこころのケアが最重要であると考え、たんなる医療ベースでなく、スピリチュアルケアや死生観研修を希望する医療従事者が増えてきています。人生の最期において、心のケアを必要とするのは、患者やその家族だけではなく、医療者として厳しい状況に向き合う医師や看護師も、そしてケアラーも例外ではありません。医療や心理学の専門的な方法だけではなく、マインドフルネスや臨床瞑想法なども取り入れ、患者も家族も、医師・看護師・ケアラーも、共に癒やし、癒やされるための方策を紹介しているのが本書です。
医療従事者向けの「人生会議」のテキストととして、緩和ケアとスピリチュアルケアに取り組んできた大阪北野病院の梶山徹医師がACPの医学的理解について執筆、そして、日本ホスピス在宅ケア研究会の理事として長年ホスピスの現場に赴き活動をしてきた飛騨高山千光寺の大下大圓住職がマインドフルネス瞑想・臨床瞑想法を実践した緩和ケアについて執筆しています。
「人生会議」の目的は、人生の最後においてその人らしく生き往くことができる仕組みをつくることであり、ケアラー自身の人生も柔軟でスピリットに富んだものになることです。【商品解説】

目次

  • はじめに
  • 第一章 ACP(人生会議)の理解
  • ACPとは       ACPと緩和ケア、EOLケア       基礎的ACP:NBMと援助的コミュニケーション     基本的ACP:希望実現     応用的ACP:死の対話     ACPと在宅ケア、施設ケア      ACPと社会支援     非がん疾患のACP     医療者にとってのACPとスピリチュアルケア     ACPとスタッフケア、ケアラーのセルフケア
  • 第2章 ACPとスピリチュアルケア
  • ACPはだれのため     ACPで話し合うことは     ACPとQOL・QODについて     ACPとスピリチュアルケア     日本のスピリチュアルケアと緩和ケア     スピリチュアリティの構造的理解     スピリチュアルケアの2層モデル     スピリチュアルケアと癒し     チームとしてのスピリチュアルケア     ケアの関係性と縁生     医療者の死生観について     死生観教育の重要性     死生観の4相     病院や施設で死生観学習会を     死生観学習の効果
  • 第3章 実践的スピリチュアルケア
  • 心理モデルの延長にスピリチュアルケアがある     スピリチュアルケアの基本は傾聴から     初診からはじまるスピリチュアルケア     がん告知とスピリチュアルケア     がんサポーティブケアとACP     フレイルとACP     急変によるこころのケア     EOLケアとスピリチュアルケア     EOLケアとチームケア     ACPチームに参画するスピリチュアルケア専門職     ACPにおける死生観と宗教的心情     スピリチュアルケアと宗教的ケアの違い     スピリチュアルケアにおける平行軸と垂直軸     ABモデルを用いたスピリチュアルケアのアセント法     スピリチュアリティとトランスパーソナル心理学     ACPスタッフにGRACEという瞑想

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。