サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(1205-07)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政の通販
  4. 社会・時事の通販
  5. 大月書店の通販
  6. これからの男の子たちへ 「男らしさ」から自由になるためのレッスンの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 64件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2020/08/26
  • 出版社: 大月書店
  • サイズ:19cm/262p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-272-35047-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

これからの男の子たちへ 「男らしさ」から自由になるためのレッスン

著者 太田 啓子 (著)

「男らしさ」の呪縛は何歳から始まる? わが子をセクハラ加害者にしないためには? 男子2人を育てる弁護士ママが悩みながら考えた、ジェンダー平等時代の子育て論。小島慶子らとの...

もっと見る

これからの男の子たちへ 「男らしさ」から自由になるためのレッスン

税込 1,760 16pt

これからの男の子たちへ 「男らしさ」から自由になるためのレッスン

税込 1,408 12pt

これからの男の子たちへ 「男らしさ」から自由になるためのレッスン

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 5.1MB
Android EPUB 5.1MB
Win EPUB 5.1MB
Mac EPUB 5.1MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「男らしさ」の呪縛は何歳から始まる? わが子をセクハラ加害者にしないためには? 男子2人を育てる弁護士ママが悩みながら考えた、ジェンダー平等時代の子育て論。小島慶子らとの対談も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

「男らしさ」の呪縛は何歳から始まる?わが子をセクハラ加害者にしないためには?性差別に怒りを燃やしつつ男子2人を育てる弁護士ママが悩みながら考えた、ジェンダー平等時代の子育て論。対談=小島慶子(タレント・エッセイスト)、清田隆之(桃山商事代表)、星野俊樹(小学校教員)【商品解説】

目次

  • はじめに
  • 1章 男の子の日常にかかるジェンダーバイアスの膜
  • 2章 男の子にかけられる呪い
  • 清田隆之さん(桃山商事)に聞く 男子って、どうしてああなんでしょうか?
  • 3章 セックスする前に男子に知っておいてほしいこと
  • 星野俊樹さん(小学校教員)に聞く 多様性が尊重される教室をつくるには?
  • 4章 セクハラ・性暴力について男子にどう教える?
  • 5章 カンチガイを生む表現を考える
  • 小島慶子さん(タレント・エッセイスト)に聞く 母親として、息子・娘たちに何を伝えられますか?
  • 6章 これからの男の子たちへ

著者紹介

太田 啓子

略歴
〈太田啓子〉弁護士。神奈川県弁護士会所属。明日の自由を守る若手弁護士の会メンバーとして「憲法カフェ」を各地で開催。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー64件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

有害な「らしさ」に目を

2021/11/18 15:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BB - この投稿者のレビュー一覧を見る

「男らしく」「女らしく」といったステレオタイプの押し付けに、違和感を覚える若い人は増えているようだ。
自分自身は「らしく」あるためにいろいろしんどい経験をしてきた世代だ。
著者の弁護士・太田啓子さんも世代的にはステレオタイプが刷り込まれた世代だとは思うが、男児の子育てをする中で、子どもの頃から無意識に刷り込まれた価値観が性差別的な社会を生むと、あらためて気づき、警鐘を鳴らしている。

さまざまな視点が率直に示されており、男の子を育てる親が読んでも、男の子(ジュニア世代)が読んでも、たくさんの気づきを与えてもらえると思う。
ジェンダー平等への意識は高いほうだと思っていても、まだまだ「らしさ」に呪縛されている自分に気付いた。自らの言動が「有害ならしさ」を生まないよう常に自問しなくてはならない。

肩肘張らず読めるので、ぜひ広く読まれますように。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

よくまとまった、女性による男性論

2021/03/31 18:45

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

女性著者による男性論ということで、男性の自分が読んだら死にたくなるような読書体験を求めていたのだが、そんな読後感はなかった。
内容的にはまあよくある男性論なのだけど、それが「男の子を性差別的な男性にならないように育てる」、という視点で書かれている。個人的には『男らしさの終焉』とかより論理的に整っているように感じた(まあ国の違いもあるけど)。
第5章「カンチガイを生む表現を考える」は、性的な表象の問題点についてかなり精緻に書かれていたと思う。性的な表象が炎上した時に「オタクvsフェミニスト」みたいな間違った構図を安易に想定するタイプの人には是非読んでほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

エッセイとして読むならあり。

2021/05/21 04:05

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:山田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

女性が描く男性論として気になり購入。
頷ける部分も多々あるが、裏付けができていない。
エッセイとして読むなら満足できるかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本当にそんなに売れてるの?

2021/04/09 09:07

9人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぞーん - この投稿者のレビュー一覧を見る

おそらくプロモーションの方法によってある程度売れたのだと思いますが、買ってもきちんと全部読んだ人は少ないのではないでしょうか?
もっともらしいことを述べていて、中にはなるほどと思わせる内容もあるものの、基本的に文章が無駄に長く、しかも科学的根拠のない話ばかり。
著者は弁護士をされているということでなんとなく納得。言葉をたたみかけることで相手を思考停止に陥らせ論破するという手法で男たちを黙らせてきたのでしょう。
しかし言葉のやり取りでその場は勝った雰囲気になるのかもしれませんが、こちらは印刷物です。
無駄に長い文章になってしまっていることで弁護士としての能力の低さを感じてしまうのは僕だけでしょうか?
内容的には1/3の量で伝えられるように思います。
こんな考え方もあるのか、と勉強のために読むにはいいのかもしれませんが普通の主婦にこんなものを読む時間はないと思います。(自分は40代既婚男性です)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/02/07 19:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/10/18 21:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/12/10 15:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/09/30 07:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/10/15 20:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/11/13 00:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/02/08 22:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/04/10 09:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/08/16 17:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/01/28 11:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/12/20 20:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。