サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

会員600万人突破 大感謝祭  ~1/11

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 108件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2020/09/02
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/425p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-791554-4
文庫

紙の本

そして、バトンは渡された (文春文庫)

著者 瀬尾まいこ (著)

【本屋大賞(第16回)】【王様のブランチBOOK大賞(2018)】血の繫がらない親の間をリレーされ、4回も名字が変わった優子、17歳。父親が3人、母親が2人。だけどいつで...

もっと見る

そして、バトンは渡された (文春文庫)

税込 814 7pt

そして、バトンは渡された

税込 800 7pt

そして、バトンは渡された

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 5.4MB
Android EPUB 5.4MB
Win EPUB 5.4MB
Mac EPUB 5.4MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【本屋大賞(第16回)】【王様のブランチBOOK大賞(2018)】血の繫がらない親の間をリレーされ、4回も名字が変わった優子、17歳。父親が3人、母親が2人。だけどいつでも両親を愛し、愛されていた−。身近な人が愛おしくなる、優しい物語。【「TRC MARC」の商品解説】

幼い頃に母親を亡くし、父とも海外赴任を機に別れ、継母を選んだ優子。
その後も大人の都合に振り回され、高校生の今は二十歳しか離れていない〝父〟と暮らす。
血の繋がらない親の間をリレーされながらも、出逢う家族皆に愛情をいっぱい注がれてきた彼女自身が伴侶を持つとき――。
大絶賛の2019年本屋大賞受賞作。
解説・上白石萌音【商品解説】

大人の都合で何度も親が替わり、今は二十歳差の“父”と暮らす優子。家族皆から愛情を注がれた彼女が伴侶を持つとき。心温まる物語。【本の内容】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー108件

みんなの評価4.5

評価内訳

紙の本

すごく良かった

2020/11/25 09:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:chieeee - この投稿者のレビュー一覧を見る

すごく心が洗われる気分がした。イヤな人やイヤな事もこの小説に出てくる人達はイヤだとは思わず、でも受け入れて進んでいくところに共感。こういう物語では泣かそうとするストーリーが組み込まれている事が多いですが、それがないのもすごく良かった。それでも最後は涙しました。森谷さんサイコー。こんなお父さんも素敵だけど、こんなダンナ様素敵すぎる…。何がダメだったのかが不明なくらい素敵な人です。そりゃ、いい子に育つわ★

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ほっこりする1冊

2020/09/13 14:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:amicamica - この投稿者のレビュー一覧を見る

大人の都合で何度も親が変わった。
「困った。全然不幸ではないのだ」で始まる。
みんな優しくていろんなかたちで真っ直ぐな人たちに囲まれて強くて真っ直ぐ素直に育った優子ちゃん。
おいしいごはんもたくさん出てきて、ほっこり幸せな気持ちになれる1冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

瀬尾まいこ氏の家族というものを再考する機会を与えてくれる名作です!

2020/09/05 09:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、『卵の緒』(坊っちゃん文学賞大賞)、『幸福な食卓』(吉川英治文学新人賞)、『戸村飯店 青春100連発』(坪田譲治文学賞)などデビュー以来、傑作を発表し続けておられる瀬尾まいこ氏の作品です。同書『そして、バトンは渡された』は2019年の本屋大賞を受賞した傑作でもあります。内容は、幼い頃に母親を亡くし、父とも海外赴任を機に別れ、継母を選んだ優子を主人公とした物語です。その後も大人の都合に振り回され、高校生の今は二十歳しか離れていない「父「」と暮らしています。血の繋がらない親の間をリレーされながらも、出逢う家族皆に愛情をいっぱい注がれてきた彼女自身が伴侶を持つ時、一体、どのような夫婦が形成されるのでしょうか?ぜひ、多くの方に読んでいただきたい名作です!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

こんな子いるかな~。

2020/11/12 11:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きみぼー - この投稿者のレビュー一覧を見る

こんな子いるかな~?
と思える主人公、優子はどこか達観した考えを持つ女の子。
親や住まいが何度も代わり、思春期の多感な時期にこんなに穏やかではいられないのが普通かもしれない。
人生を何度も経験したような、おばあちゃんのような『まぁ仕方ない、まぁこんなもんだ』という考え方が一線ひいているように見える。
しかし読み進めると続きが気になる本だった。
優子と関わる家族は、どの人も優子を大事にしていて大切思われているのがよく分かるし、様々な場面で出てくるご飯やスイーツはどれも美味しそうで楽しい雰囲気。
読み終わった感想は、うんうん、面白かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

応援したくなる!

2020/11/02 18:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:deka - この投稿者のレビュー一覧を見る

出だしはいくつもの苗字で何番目?とか確認しながら進んでいたが読み進んで過去の話などが色々加わってくるにしたがってわかりやすくなってきて面白くなって、若い父親の頑張る様子についクスッとなったりして。応援しながら読み進めている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

しなやかな絆をつくる物語

2020/09/23 12:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:梨桜 - この投稿者のレビュー一覧を見る

人と人とが暮らす時に、相手への尊敬と尊重を抱けたならば、血の繋がりなんてささやかなことだ。
そう、甘いと言われたって信じたいな、と読みながら思った。
嫉妬や妬みのような苦い感情を抱く暇など無く、子供を育てよう、命を救おうとしたならば、必死に良き方向を向くならば、誰でも手を取ってバトンを紡いでいける。
そう、私は信じたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

バトンとは、命だったり家族だったり愛情だったり。

2020/10/26 05:11

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かしこん - この投稿者のレビュー一覧を見る

2019年本屋大賞受賞作。
私の好みは最近の本屋大賞に合わないかな・・・と思っていましたが、『流浪の月』はまぁまぁよかった。そんなときに「これ読む?」と仕事場で見せられたのが『そして、バトンは渡された』だった。

優子は幼い頃に母親を亡くし、父の海外赴任をきっかけに離れ離れ。その後も優子をめぐる家族の形は流転する。高校3年生となった今、血の繋がらないニ十歳年上の義父と二人暮らし。しかし優子には「自分はまったく不幸ではない」と感じている――。

びっくりするほど、登場人物はみなテンションが低い。
パッションとか情熱とか、そういうのとは縁遠くて地道で感情の起伏が乏しい(ある意味、安定している)。
そういう人たちの家族愛とか、恋愛とか・・・いいんだけど、盛り上がらない!

でもそういうローテンションな、できる限り言葉で表そうとする姿勢は、若い読者層には好ましく映るのではないか。
ひどい人と描かれる人は登場しないし(一部おバカな高校生はいるが、「高校生でこれ? 中学生じゃなくて?」と聞きたくなる幼稚なレベル)、大人にはひどい人がいるが、まず優子がひどいと思っていないのでひどいと描かれてはいない。
ただ、私はもうスレた大人なので、「あぁ、ファンタジーだなぁ」とつい思ってしまうだけ。
こういう世の中ならいいよね、と若い人には希望を持っていてほしい。

食事も大事だけど、メインだけじゃなくて副菜もほしい。
かつ丼ならあっさり汁物、山のような餃子なら青菜のおひたしとか、彩りがほしい。定食屋のおかずは模範解答過ぎてひねりがない。
それが同時に物語の感触でもあるかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

変わった親子愛の物語

2020/10/22 17:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:E司書 - この投稿者のレビュー一覧を見る

実の母親をなくし、育て親が何度も変わる優子。それぞれの親の愛情を受け、恵まれない環境とは決して感じたこのない主人公の成長物語。人との関わりが薄い今日、血の繋がりって何かを考えさせてくれる心に届く作品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/10/07 16:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/09/22 19:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/09/22 19:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/09/20 22:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/11/03 20:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/11/19 22:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/10/03 21:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。