サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『縦横斜めから読む歴史~科学・食・感染症・失われたもの・偽物~』 ポイント5倍キャンペーン  ~1/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 692件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2020/09/02
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/425p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-791554-4
文庫

紙の本

そして、バトンは渡された (文春文庫)

著者 瀬尾まいこ (著)

【本屋大賞(第16回)】【王様のブランチBOOK大賞(2018)】血の繫がらない親の間をリレーされ、4回も名字が変わった優子、17歳。父親が3人、母親が2人。だけどいつで...

もっと見る

そして、バトンは渡された (文春文庫)

税込 814 7pt

そして、バトンは渡された

税込 800 7pt

そして、バトンは渡された

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 5.4MB
Android EPUB 5.4MB
Win EPUB 5.4MB
Mac EPUB 5.4MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【本屋大賞(第16回)】【王様のブランチBOOK大賞(2018)】血の繫がらない親の間をリレーされ、4回も名字が変わった優子、17歳。父親が3人、母親が2人。だけどいつでも両親を愛し、愛されていた−。身近な人が愛おしくなる、優しい物語。【「TRC MARC」の商品解説】

幼い頃に母親を亡くし、父とも海外赴任を機に別れ、継母を選んだ優子。
その後も大人の都合に振り回され、高校生の今は二十歳しか離れていない〝父〟と暮らす。
血の繋がらない親の間をリレーされながらも、出逢う家族皆に愛情をいっぱい注がれてきた彼女自身が伴侶を持つとき――。
大絶賛の2019年本屋大賞受賞作。
解説・上白石萌音【商品解説】

大人の都合で何度も親が替わり、今は二十歳差の“父”と暮らす優子。家族皆から愛情を注がれた彼女が伴侶を持つとき。心温まる物語。【本の内容】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー692件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

嫌な人がいないというのは

2021/02/24 09:31

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:touch - この投稿者のレビュー一覧を見る

世の中がギスギスしている反動か?
朝ドラの『ひよっこ』あたりからか、嫌な人が登場しない物語が増えている気がする。
お笑い芸人でも、仲の良いコンビやグループの方が人気があるらしいし……。
この物語も、嫌な人が出てこない(途中、同級生とのちょっとしたいざこざはあるものの)。

大人の都合で、何人もの血のつながらない親に育てられた主人公・優子。
いかにも波乱万丈の人生を送るのかと思いきや、”困ったことに”全然不幸ではない。

嫌な人がいないというのは羨ましくて、ある種ファンタジーみたいだけれど、結局のところ、”嫌な人”って自分が嫌っているだけのこと(その人のことを好きな人もいるのだから)。
だから、人から好かれるとか人に恵まれるというのは、自分から人を嫌いにならないということなのかもしれない。
そのヒントは「ニコニコしていたらラッキーなことが訪れる」という言葉にあるのだろう。

幸せのバトンが引き継がれていく話に、胸が暖かくなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

この作者の最高作

2021/01/17 13:28

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Koukun - この投稿者のレビュー一覧を見る

どこか力が抜けた淡々飄々とした しかしユーモアを含んだ語り口が好きでこの作者の作品を何冊も読んでいるが、今まで読んだ作品の中では文句なしにこの作品が最高の出来である。最後の盛り上げ部分も絶叫型ではなくいくらかユーモアをふくんでいるのに、それでも感涙してしまった。数多くの父親 そして母親の嫌味のない人物の描き方が実にいい。もっと星がほしい作品である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ずっと隣にいて欲しい本

2021/07/10 10:01

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:レモン - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画が公開されることを知り、手に取りました。
読み終わったあと、登場人物全員のことが愛しくてたまらなくなりました。人間関係についてとても丁寧に描かれていて、一見共感しにくい関係も全てが素敵だと思える作品です。最後には題名の意味もわかり、より一層心があたたかくなりました。
解説で上白石萌音さんも似たようなことをおっしゃっていましたが、自分の成長とともにこの本の「味」も変わっていくと思います。ずっと大切に持っていたいと思える本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

納得の本屋大賞受賞作品!

2020/12/30 18:44

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mincepie - この投稿者のレビュー一覧を見る

遅らばせながら出会えて本当によかった作品!読み終えた後も幸せな余韻で満たされてます。
一見、複雑な家族構成で不安を思わせますが、主人公の優子へ注がれる全ての親のそれぞれの愛情の形、彼女を取り巻く仲間、食事、奏でられる音など、どの角度からもあたためられます。
2020年の締めくくりにふさわしい本でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

こんないい人たち、実際にはいるわけないじゃんと思いながらも

2020/11/30 22:01

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふみちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

2019年に本屋大賞を受賞した作品で、面白いのはわかっていたが、せこい私は文庫化されるのを待っていた。もちろん、こんな暗くて陰湿な世の中では、ここに登場する梨花や森宮さんや泉ヶ原さんのような存在は本当はいないのかもしれない、この話はおとぎ話なのかもしれない、でも「こんなこと、本当にあったら素敵なことだろうな」と感じる、物語の初めごろ、主人公がおばあちゃんに「絵がいっぱいの消しゴムは消えにくい」「かわいいランドセルは低学年のころはいいけど、6年生になったら恥ずかしい」と言われたと回顧するのだが、そういえば、私も祖母に同じようなことをよく言われたことを思い出した。梨花の言う通り、6年生までその道具が持つ筈ないのに、でもそんな口うるさい祖母が私は大好きだった

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

優しいお話

2021/09/18 03:23

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

ずっと読みたかったけど読める環境になる前に映画館で予告を見てしまって、親が何度も変わる娘の話なんだとあらすじを知ってしまいました。

悲しい話なのかもしれない、辛い思いをするのかもしれない。そう予想すると躊躇いもありましたが、いざ本を開くとそこには想像と全く違うストーリーがそこにはありました。

どの親も娘である優子を愛し、優子は家族とは何かと悩みながらもそれぞれの愛の形に応えていく。優子は自分の名前の由来も知らないと言ったが、この本は優しい子のお話だった。だから作者は主人公に優子と名付けたのではなかろうかと推測してしまうくらいに。

最後は私の推しメンと結ばれて、温かな読了感をくれた一冊でした。本当に読んでよかったです。

なぜか一番心に残ったシーンは大家さんと優子の話。大家さんは親でもない、家族でもない、本当のことも知らない、でも優子を確かに可愛がってくれた、たしかに親ばかでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

そして、バトンは渡された

2021/07/31 12:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:omochi - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公の優子さんは父親が3人、母親が2人がいます。17歳しか生きていないのにも関わらず4回も苗字が変わっています。優子さんはピアノを引くことができて、それぞれの親との関係性や愛情などがピアノを通じて感じることができます。私は、とても心が暖かくなる作品だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

帯の裏に『幸福な読後感!』とありますが、まさにその通り。

2021/05/02 16:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオハシ - この投稿者のレビュー一覧を見る

2019本屋大賞受賞作、とのことで、普段はビジネス本しか主に読まない私でもちょっと気になって買ってみました。帯の裏に『幸福な読後感!』とありますが、まさにその通り。解説:上白石萌音さんも帯でコメントしているが「瀬尾さんの言葉は、おいしいごはんみたいだ。 あたたかくて、ホッと甘くて、体と心に沁み渡る。」とはほんとにそう。読んでよかった。

先日読み終わったビジネス書の「ワイズカンパニー」にもあったが、ワイズリーダーは本質を表現する際に様々なメタファー(比喩)を用いるが、本質を伝える能力を磨くには小説をたくさん読むというのは一つの方法だ、とのこと。同書P323からの抜粋で「ロマンスや風刺、喜劇、悲劇も含め、あらゆるジャンルのものを読むのがいい。(中略) 優れた小説には、読者を登場人物に感情移入させる力がある。読者は登場人物の身になって考え、その苦境を自分の心で感じ、その判断の誤りを悔やむ。まるで、自分が判断を誤ったかのように。(中略)重要なのは、事実を知ることではなく、小説を読むことを通じて、共感の能力や習慣を身につけることである」と記載あり。

なんだか別の本のレビュになってしまったようですが、僕がピアノを習っていたこともあり、「ひとつの朝」や「大地讃頌」といった合唱もがんばったこともあり(さらに最近では「糸」もあるよね)、さらには子どもたちと離れて暮らしている親ということもあり、いろいろ共感するところ多数。 ほんと温かい読後感でステキ。

少しだけ抜粋
==========
P315
「まぁ、七割は当たってたけどね。梨花が言ってた。優子ちゃんの母親になってから明日が二つになったって」
「明日が二つ?」
「そう。自分の明日と、自分よりたくさんの可能性と未来を含んだ明日が、やってくるんだって。 親になるって、未来が二倍以上になることだよって。明日が二つにできるなんて、すごいと思わない? 未来が倍になるなら絶対にしたいだろう。それってどこでもドア以来の発明だよな。しかも、ドラえもんは漫画で優子ちゃんは現実にいる。」

P378
 だけど、森宮さんはちっとも平気なんかじゃなかったのかもしれない。思い切った行動をする早瀬君を認められないくらいに。七年経っても誰も好きになれないくらいに。きっと、私の気持ちを乱さないように平然を装っていただけだ。どうしてそんな簡単なことがわからなかったのだろう。いや、私にわかるわけがない。梨花さんが病気だったことも、愛する人に出ていかれた森宮さんの気持ちも。私の親である人は、あまりにもたやすく子どもを優先してしまうのだから。

P407
「守るべきものができて強くなるとか、自分より大事なものがあるとか、歯の浮くようなセリフ、歌や小説にあふれてるだろう。そういうの、どれもおおげさだって思ってたし、いくら恋愛をしたって、全然ピンとこなかった。だけど、優子ちゃんが来てわかったよ。自分より大事なものがあるのは幸せだし、自分のためにはできないことも子どものためならできる」
 森宮さんはきっぱりと穏やかに言った。
==========

上白石萌音さんの解説にもあったけど、すっかり瀬尾まいこさん好きになってしまったので、ほかの本も引き続き探そう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

癒される父性

2021/03/07 19:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Jiji - この投稿者のレビュー一覧を見る

凄惨な事が露わになってきている今、心に沁み渡る言葉が沢山。この本は日本が産んだ宝です。是非、漫画化して英訳されることを望みます。世界の日本のサブカルファンのティーンに手渡してあげたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ステキな作品

2021/02/06 20:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りり - この投稿者のレビュー一覧を見る

やっぱり瀬尾まいこさんは好きだなと思った。読後感のよさ。変わった家族の形だけど温かい。お父さんも彼氏も好きだなあ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

気持ちが優しくなれる本

2020/12/30 18:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:優乃 - この投稿者のレビュー一覧を見る

実際にこんなに恵まれた人に出会える確率は少ないと思うけれど、読んで良かった!と素直に思える名作だと思います。
嫌な気持ちにならない本ってすごく大切だと思っているので、お勧めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

瀬尾まいこさんの作品をもっと読みたくなりました

2020/11/28 00:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:white - この投稿者のレビュー一覧を見る

幼少期や学生時代の言葉にできなかったけれど感じていた、「あの頃」の感情に共感しました。大人の年齢で読むと、とても懐かしく夢中になりました。

「人生で出会う人には必ず意味がある」
読んだ後には温かい気持ちになれると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

すごく良かった

2020/11/25 09:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:chieeee - この投稿者のレビュー一覧を見る

すごく心が洗われる気分がした。イヤな人やイヤな事もこの小説に出てくる人達はイヤだとは思わず、でも受け入れて進んでいくところに共感。こういう物語では泣かそうとするストーリーが組み込まれている事が多いですが、それがないのもすごく良かった。それでも最後は涙しました。森谷さんサイコー。こんなお父さんも素敵だけど、こんなダンナ様素敵すぎる…。何がダメだったのかが不明なくらい素敵な人です。そりゃ、いい子に育つわ★

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ほっこりする1冊

2020/09/13 14:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:amicamica - この投稿者のレビュー一覧を見る

大人の都合で何度も親が変わった。
「困った。全然不幸ではないのだ」で始まる。
みんな優しくていろんなかたちで真っ直ぐな人たちに囲まれて強くて真っ直ぐ素直に育った優子ちゃん。
おいしいごはんもたくさん出てきて、ほっこり幸せな気持ちになれる1冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

瀬尾まいこ氏の家族というものを再考する機会を与えてくれる名作です!

2020/09/05 09:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、『卵の緒』(坊っちゃん文学賞大賞)、『幸福な食卓』(吉川英治文学新人賞)、『戸村飯店 青春100連発』(坪田譲治文学賞)などデビュー以来、傑作を発表し続けておられる瀬尾まいこ氏の作品です。同書『そして、バトンは渡された』は2019年の本屋大賞を受賞した傑作でもあります。内容は、幼い頃に母親を亡くし、父とも海外赴任を機に別れ、継母を選んだ優子を主人公とした物語です。その後も大人の都合に振り回され、高校生の今は二十歳しか離れていない「父「」と暮らしています。血の繋がらない親の間をリレーされながらも、出逢う家族皆に愛情をいっぱい注がれてきた彼女自身が伴侶を持つ時、一体、どのような夫婦が形成されるのでしょうか?ぜひ、多くの方に読んでいただきたい名作です!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。