サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~2/28

BOOK FUN LETTER 2021~好きな誰かに、好きな本のこと、手紙を書いて伝えよう~(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2020/09/02
  • 出版社: 日本評論社
  • サイズ:20cm/252p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-535-52517-7
専門書

紙の本

ナリ検 ある次席検事の挑戦

著者 市川寛 (著)

検察改革を目指す「ナリ検(弁護士から検事に転身した者)」の奮闘を描いた小説。厚いベールに覆われた検察内部の世界を、赤裸々に、そしてリアルに描き出す。【「TRC MARC」...

もっと見る

ナリ検 ある次席検事の挑戦

税込 1,870 17pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

検察改革を目指す「ナリ検(弁護士から検事に転身した者)」の奮闘を描いた小説。厚いベールに覆われた検察内部の世界を、赤裸々に、そしてリアルに描き出す。【「TRC MARC」の商品解説】

無罪判決に関する検察の控訴審議はベールに包まれている。元検察官の著者が弁護士出身の検察官を主人公にその実態を赤裸々に描く。法曹関係者必読のフィクション小説。【商品解説】

目次

  • 1 無罪判決
  • 2 次席検事
  • 3 検事正
  • 4 事件記録
  • 5 控訴審議
  • 6 挫折
  • 7 検事の息子、弁護士になる
  • 8 検事の友情
  • 9 主任検事の罪
  • 10 検事の日常

著者紹介

市川寛

略歴
弁護士、元検察官

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

無罪判決に対する控訴審議の雰囲気がなんとなくわかりました

2020/09/24 19:31

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヤス - この投稿者のレビュー一覧を見る

木谷明氏の「ともかく面白い」という帯を見て買いました。
この本によれば,無罪判決が出ると、検察は控訴すべきかどうかにつき、地検と高検でそれぞれ「控訴審議」という会議をするそうです。
無罪や求刑の半分以下の量刑になった場合に、控訴される可能性があるというのはわかっていたのですが、控訴に至る流れについてはよくわかっていませんでした。
もちろん小説ですので、実際とは違うところはあるでしょうが、元検察官の著者が書かれていることから、相応のリアリティがあるものだと思います。検察という組織に対する理解(起訴が間違っているとわかっても、それが明らかになることで浴びせられる批判を恐れて、引き返せなくなる)も深まったように思います。
奇しくもこの本が出版された直後に、検察が傷害罪の起訴を取り消したというニュースがありました。検察という組織が今後変わっていくのか注視する必要があるように思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/11/26 16:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/12/03 14:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。