サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

会員600万人突破 大感謝祭  ~1/11

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2020/08/06
  • 出版社: 草思社
  • レーベル: 草思社文庫
  • サイズ:16cm/286p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7942-2465-1
文庫

紙の本

ドイツ現代史の正しい見方 (草思社文庫)

著者 セバスチャン・ハフナー (著),瀬野文教 (訳)

ヒトラーの権力掌握は歴史の必然だったのか? 第二次世界大戦が起こった本当の理由とは? ドイツ史の分岐点となった瞬間について「もしもあのとき、こうしていたら」を再検証した、...

もっと見る

ドイツ現代史の正しい見方 (草思社文庫)

税込 1,100 10pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ヒトラーの権力掌握は歴史の必然だったのか? 第二次世界大戦が起こった本当の理由とは? ドイツ史の分岐点となった瞬間について「もしもあのとき、こうしていたら」を再検証した、ドイツ現代史のポイントが一冊でわかる本。【「TRC MARC」の商品解説】

ヒトラーによる権力掌握はドイツ史の必然だったのか?
第二次世界大戦が起こった真の理由とは?
独自のヒトラー論で知られる歴史家ハフナー(1907-1999)が、
ドイツ現代史の分岐点となった数々のトピックスを取り上げ、
「歴史のイフ」を考察した刺激的な一冊。
ドイツ現代史のポイントを、同時代人としての視点を織り込みながら解き明かす。


<目次より>
序章 歴史はつねに創作される

第1章 ローマ帝国の巨大な遺産
ローマ帝国が実質的に滅んだのはいつか
国民国家の誕生がローマを滅ぼした
ローマ時代と現代は似ているか

第2章 人工国家プロイセンの興亡
またたくまに消えた大国
純粋理性国家の強みと弱み
「軍隊が国家を所有した」の実像
「人こそは最大の宝」
軍国プロイセンのあっけない終焉
軟弱なロマン主義国家への変貌
プロイセンからヒトラーは生まれなかった

第3章 ビスマルクのドイツ帝国建設
最初は統一を断念していたビスマルク
歴史の分岐点となった普仏戦争
ビスマルクの天才的トリック
買収されたバイエルン王

第4章 セダンの勝利の呪縛
君主制の終焉がはじまった日
その後の独仏関係を決定づけたセダンの戦い
軍事的耽美主義に蝕まれた指導者たち

第5章ヴェルサイユ条約の逆説
福音が悪夢に変わったのはなぜか
「ドイツの欠点はフランスより二千万人も人口が多いこと」
なぜドイツは条約を拒否しなかったのか
ワイマール共和国の悲しき船出

第6章 ヒトラーはなぜ権力を手にできたのか
誰がワイマール共和国を殺したのか
うわべだけの戦後復興
ワイマール憲法の二面性
ドイツ人はヒトラーに何を期待したのか
政権をめぐる奇妙な三角関係
国防軍と労働組合
ヒトラー、全権掌握

第7章 第二次世界大戦はいつはじまったのか
一九三九年九月は決定的なポイントではなかった
宣戦布告後も続いていた宥和政策
ヒトラーに反旗を翻したポーランド
世界戦争への道を開いた各国の誤算

第8章 ドイツはなぜ間違ったか
ドイツ史を貫く非理性主義の系譜
国家の究極の目的は自己保存
大きかった政治的無分別の代償

第9章 ワイマール憲法が失敗してボン基本法が成功した理由
憲法をめぐる理想と現実
予想外の成功を収めた基本法
運にもタイミングにも恵まれていた基本法
楽天家のワイマール憲法、人間不信の基本法
有権者の権利を制限する
国家は政党である
再統一は地方から

第10章 奇跡の老人アデナウアー
七十歳を過ぎて大舞台に登場
ヒトラー以前のドイツを体現する政治家
「西側陣営の言いなり」という非難
ビスマルクとアデナウアー
ドイツ帝国百年の歴史から得られた教訓【商品解説】

目次

  • 序章 歴史はつねに創作される
  • 第1章 ローマ帝国の巨大な遺産
  • ローマ帝国が実質的に滅んだのはいつか
  • 国民国家の誕生がローマを滅ぼした
  • ローマ時代と現代は似ているか
  • 第2章 人工国家プロイセンの興亡
  • またたくまに消えた大国
  • 純粋理性国家の強みと弱み

著者紹介

セバスチャン・ハフナー

略歴
セバスチャン・ハフナー(Sebastian Haffner)
1907年生まれ。ドイツの著述家、ジャーナリスト。ナチス政権下の1938年にイギリスに亡命し、「オブザーヴァー」紙で活躍。第2次大戦後、ドイツに戻り、政治コラムニストとして「ヴェルト」紙、「シュテルン」誌などを拠点に活動。著書に『ヒトラーとは何か』(草思社)、『ドイツ帝国の興亡』『裏切られたドイツ革命』(ともに平凡社)、『ナチスとのわが闘争』(東洋書林)などがある。1999年没。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。