サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

会員600万人突破 大感謝祭  ~1/11

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2020/08/05
  • 出版社: 芙蓉書房出版
  • サイズ:19cm/244p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8295-0796-4

紙の本

敗戦、されど生きよ 石原莞爾最後のメッセージ

著者 早瀬 利之 (著)

終戦後、全国を駆け回り、人々を励まし続け、敗戦国日本の再建策を提言した石原莞爾。その晩年の姿を、日記と多くの資料や証言をもとに描いたドキュメント。死の床で書いた「新日本の...

もっと見る

敗戦、されど生きよ 石原莞爾最後のメッセージ

税込 2,420 22pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

終戦後、全国を駆け回り、人々を励まし続け、敗戦国日本の再建策を提言した石原莞爾。その晩年の姿を、日記と多くの資料や証言をもとに描いたドキュメント。死の床で書いた「新日本の進路」の全文も掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

終戦後、広島・長崎をはじめ全国を駆け回り、悲しみの中にある人々を励まし、日本の再建策を提言した石原莞爾晩年のドキュメント


石原莞爾の生涯を描くことをライフワークとしている作家早瀬利之が、終戦直前から昭和24年に亡くなるまでの4年間の壮絶な戦いをダイナミックに描く。

東久邇宮内閣組閣に関わり、戦後は「戦争放棄、都市解体、簡素生活、皇居と首都移転」など日本再生の提言を発信し続けた。膀胱ガンに侵されながら極東軍事裁判酒田法廷では堂々と主張を展開。
死の床で書いた「新日本の進路」の全文を掲載。
「トルーマンこそ、最大の戦争犯罪人だ!」
「敗戦後、歯に衣着せず、堂々と日本の立場を発言したのは、石原莞爾ただ一人だった」(本書「プロローグ」より)【商品解説】

目次

  • 第1章 終戦と石原莞爾
  • 東久邇宮内閣を仕掛ける/電話で新閣僚名を指示する/病いの身で上京、組閣に走る/「わしも敗戦国民の一人だ」/アメリカの占領後について語る/石原に張り付く特高課長に「今後は百姓をやりなさい」と諭す/石原、内閣の顧問、参与人事に着手する
  • 第2章 戦後の第一声は「言論の自由」
  • 読売との一問一答「一億総懺悔、簡素生活、都市解体」/言論の自由、官憲専制の打倒/原爆を落としたアメリカへもの申す/「敗戦の癌を噛み出せ」/あとのカラスが先になる/戦争放棄、都市解体、簡素生活
  • 第3章 再生日本の道
  • 敗戦は神意なり/新庄での講演に三万人が集まる/国土の再建は農工一体で/節操なき政治家の罪
  • 第4章 新日本の建設
  • 「困難はむしろ我らの楽しみ」/敗戦を機に朝鮮民族の独立を/東久邇宮内閣辞職と四大改革/戦後教育制度、皇居移転案を出す/「新憲法を誇りに思う」そして「先ず生きろ」/皇居と首都移転構想/戦後第一回選挙を「政党でなくクラブだ」と批判する
  • 第5章 迫りくる戦犯容疑
  • 十一月十四日、湯川秀樹と会談/マッカーサーへの十項目の抗議文/膀胱腫瘍でついに東大病院に入院/飯田橋の逓信病院に移る/法務官ホナディ中佐、石原を尋問/石原、戦犯二十九名の一人に入る

著者紹介

早瀬 利之

略歴
〈早瀬利之〉1940年長崎県生まれ。鹿児島大学卒業。石原莞爾研究者。日本ペンクラブ会員、満州研究会会員。著書に「南京戦の真実」「奇襲」「石原莞爾 マッカーサーが一番恐れた日本人」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。