サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

9/1 全員もらえる!200万ポイント山分けキャンペーン(~10/18)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2020/09/15
  • 出版社: 角川春樹事務所
  • レーベル: ハルキ文庫
  • サイズ:16cm/329p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7584-4361-6
文庫

紙の本

あきない世傳金と銀 9 淵泉篇 (ハルキ文庫 時代小説文庫)新刊

著者 高田郁 (著)

呉服太物商の五鈴屋に、商いの存亡にかかわる最大の困難が…。だが、五鈴屋の主従は絶望の淵に突き落とされながらも、こんこんと湧き上がる泉のように知恵を絞り、新たなる夢を育んで...

もっと見る

あきない世傳金と銀 9 淵泉篇 (ハルキ文庫 時代小説文庫)

税込 682 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

呉服太物商の五鈴屋に、商いの存亡にかかわる最大の困難が…。だが、五鈴屋の主従は絶望の淵に突き落とされながらも、こんこんと湧き上がる泉のように知恵を絞り、新たなる夢を育んでいく−。【「TRC MARC」の商品解説】

大坂から江戸に出店して四年目、まさにこれから、という矢先、
呉服太物商の五鈴屋は、店主幸の妹、結により厳しい事態に追い込まれる。
型彫師の機転によりその危機を脱したかと思いきや、今度は商いの存亡にかかわる最大の困難が待ち受けていた。
だが、五鈴屋の主従は絶望の淵に突き落とされながらも、こんこんと湧き上がる泉のように知恵を絞り、新たなる夢を育んでいく。
商道を究めることを縦糸に、折々の人間模様を緯糸に、織りなされていく江戸時代中期の商家の物語。
話題沸騰の大人気シリーズ第九弾!!【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

あきない世傳金と銀 9 淵泉篇

2020/09/19 07:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukko - この投稿者のレビュー一覧を見る

淵泉・・・深い泉?
泉なんてきれいなものじゃなく泥沼に放り込まれた五鈴屋

途中で止められないくらいグイグイ引き込まれて、もっとじっくり読まなきゃと思いつつも一気読みしてしまいました。
だからなのかあちこちにモヤモヤ感が残ります。
特に結の性格の激変には違和感さえ覚えます。
やはりもう一回じっくり読み直さなきゃ!

菜根譚
衰颯的景象 就在盛満中  衰える兆しは最も盛んな時に生まれ
発生的機緘 即在零落内  新たな盛運の芽生えは何もかも失った時既にある

この言葉が五鈴屋の危機を救ってくれることを祈ります

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あきない世傳金と銀

2020/09/23 11:55

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kotep - この投稿者のレビュー一覧を見る

呉服太物を商う五鈴屋は新商品の型紙を女店主・幸の妹・結に持ち逃げされた。その上、商売敵の音羽屋に結が後添えとして嫁ぎ、新商品を売り出す。そのことを知って新しい型紙の作成に従事したものたちは落胆する。

また加賀藩と商売をしたことが組合で問題になり、五鈴屋は組合から脱会の危機を迎える。組合を脱会することは商いができなくなるため五鈴屋は呉服を扱わず太物だけを商うという条件で組合に残る。

店主、従業員も知恵を出しあってこのこの苦難を乗り切ろうとする。さて五鈴屋の新たな戦略は・・・。

どんな時でも知恵を出し合い乗り切ろうとする五鈴屋の商売の姿勢には感心した。
現代の会社でも同じことがいえるのでしょうね。幸の人の使い方や知恵の活かし方については驚かされる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/09/22 21:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/09/21 09:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/09/16 08:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/09/28 20:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/09/12 20:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/09/23 20:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/09/15 14:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/09/28 13:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/09/25 01:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/09/22 19:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/09/23 21:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/09/23 20:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/09/26 09:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。