サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

BOOK FUN LETTER 2021~好きな誰かに、好きな本のこと、手紙を書いて伝えよう~(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2020/08/01
  • 出版社: リトルモア
  • サイズ:19cm/162p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-89815-525-7

紙の本

砂漠が街に入りこんだ日

著者 グカ・ハン (著),原 正人 (訳)

破滅寸前の世界は、どんな居場所も、手がかりも与えてはくれない。そこはLUOES、幻想都市。顔をなくした人々の群れ−。「ルオエス」ほか全8編を収めた、韓国を離れ渡仏した著者...

もっと見る

砂漠が街に入りこんだ日

税込 1,980 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

破滅寸前の世界は、どんな居場所も、手がかりも与えてはくれない。そこはLUOES、幻想都市。顔をなくした人々の群れ−。「ルオエス」ほか全8編を収めた、韓国を離れ渡仏した著者のフランス語による短編小説集。【「TRC MARC」の商品解説】

フランス各誌が驚愕!
「大事件」とまで評された、鮮烈なデビュー作。

こ の 距 離 が、 私 を 自 由 に し た。
あらたな「越境」小説集。

出身地である韓国を離れ、渡仏した若き鋭才、グカ・ハン。
選びとったフランス語でこの小説を書くことが、自分のための、独立運動だった。

- - -
そこは幻想都市、ルオエス(LUOES)。人々は表情も言葉も失い、亡霊のように漂う。
「私」はそれらを遠巻きに眺め、流れに抗うように、移動している。
「逃亡」「反抗」「家出」、その先にある「出会い」と「発見」。
居場所も手がかりも与えてはくれない世界で、ルールを知らないゲームの中を歩く、8人の「私」の物語。
- - -


登場人物は誰もがみな移動している。
ある街から別の街に向かう者もいれば、ある国から別の国に向かう者も、あるいはただ川を渡り、向こう側に行くだけの者もいる。
彼らは現実の世界と夢や幻想の世界を、生と死の間を行き来する。
そもそもこれらの短編は、作者である私が二つの言語の間を絶えず往復した成果だった。
(邦訳版書き下ろし「作者あとがき」より)

◇ ◇ ◇

彼ら彼女らはちっぽけな個人では太刀打ちできない大きな力に直面し、しばしばそれに押しつぶされてしまっているように見える。
だが、グカ・ハンによれば、必ずしもそういうことではない。
登場人物たちは、しばしば世界から身を閉ざし、縮こまっているだけのように見えるが、それは理不尽な世界に対する反抗のひとつのあり方である。
(「訳者あとがき」より)


◆ 温又柔氏、斎藤真理子氏より推薦コメントが届いています! ◆

静かでありながら、とてつもなくけたたましい。
母語の檻の中でまどろんでいた意識が生き生きと粒立ってくる。
―― 温又柔

誰かの困惑の中に、すべての答がある。
後を追いかけていきたい、グカ・ハンの迷路。
―― 斎藤真理子【商品解説】

収録作品一覧

ルオエス 7−29
31−47
真珠 49−61

著者紹介

グカ・ハン

略歴
〈グカ・ハン〉1987年韓国生まれ。パリ第8大学で文芸創作の修士号を取得。フランス語で小説を執筆。翻訳家として、フランス文学作品の韓国語への翻訳も手掛ける。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

つかみどころのなさが最大の魅力

2020/10/10 00:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

韓国で生まれてフランス語で書いた短編小説の日本語訳っていうなかなか実験的なプロセスを経た一冊。作者が母国語ではなく、一歩引いた目線で人々の「移ろい(テーマは旅だったり、感情だったりする)」を描くために異国のことばを使ったことが効果的?

効果的だ、と断言できないところがまた面白い。この小説に独特なドライな風合いをもたらしているものは、韓国文学に浸透した普遍的な何かなのか、著者自身のドライな視線なのか、ことばのフィルタを二重に介したからなのか、訳者の効果なのか。そういう掴みどころのなさがこの本最大の魅力だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/01/11 22:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/10/06 20:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/08/05 08:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/01/06 18:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/08/12 19:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。