サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

9/1 全員もらえる!200万ポイント山分けキャンペーン(~10/18)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 2 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2020/08/21
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社+α新書
  • サイズ:18cm/197p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-520842-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

新書

紙の本

ソフトバンク「巨額赤字の結末」とメガバンク危機 (講談社+α新書)新刊

著者 黒川敦彦 (著)

コロナ危機でますます膨張する金融資本。崩壊のXデーはいつか。生保、メガバンク、航空会社、商社、ITなど、「危ない会社」を名指しし、危機を生き残る道を説く。【「TRC MA...

もっと見る

ソフトバンク「巨額赤字の結末」とメガバンク危機 (講談社+α新書)

税込 924 8pt

ソフトバンク「巨額赤字の結末」とメガバンク危機

税込 880 8pt

ソフトバンク「巨額赤字の結末」とメガバンク危機

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 7.1MB 無制限
Android EPUB 7.1MB 無制限
Win EPUB 7.1MB 無制限
Mac EPUB 7.1MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

コロナ危機でますます膨張する金融資本。崩壊のXデーはいつか。生保、メガバンク、航空会社、商社、ITなど、「危ない会社」を名指しし、危機を生き残る道を説く。【「TRC MARC」の商品解説】

カリスマYouTuber黒川敦彦氏の好評第二弾!
黒川氏が「予言」していた金融危機は、2020年3月、コロナショックという形で現実のものになった。
世界の株価は急減し、巨大な投資企業に変貌していたソフトバンクは1兆4000億円もの巨額の赤字を計上、農林中金、ゆうちょ銀行が保有する巨額のCLOの価格が暴落、日本銀行・金融庁が警告を発するなど、前著の指摘はことごとく現実のものになった。
アメリカ、EU、日本など各国の巨額の財政出動、金融緩和によって株式市場は持ち直したが、本当の超巨大金融危機はこれから訪れる。
リーマン・ショックを救ったのはチャイナマネーだった。
コロナ・ショックでは各国政府が市場を支えた。
しかし、近い将来、膨らみに膨らみ切ったバブルが破裂すれば、それを救えるものは誰もいない。
そのとき、真っ先に危機を迎えるのはどの企業か。
生保、メガバンク、航空会社、商社、ITなど、「危ない会社」を名指しし、危機を生き残る道を説く。
全国民必読の一冊。【商品解説】

目次

  • はじめに 金融危機はこれからが本番
  • 第1章 ソフトバンク巨額赤字の真相と崩壊の足音
  • 「原発爆発級」の大赤字
  • 需要が消えてなくなった
  • 潰したほうが安くつく
  • ピザ焼きロボット会社の目論見違い
  • 「俺は投資の神さまだ」
  • 「投資の会社」になったはずが
  • 「クズ株ファンド」になる
  • 上場廃止を検討した理由

著者紹介

黒川敦彦

略歴
〈黒川敦彦〉1978年生まれ。愛媛県出身。大阪大学工学部卒業。農業と政治活動を行う。政治団体「オリーブの木」代表。著書に「ソフトバンク崩壊の恐怖と農中・ゆうちょに迫る金融危機」がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価2.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

社会活動家による不正確な分析と誤解だらけの本

2020/08/30 23:05

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:もちお - この投稿者のレビュー一覧を見る

ソフトバンクは20年3月期決算で1兆円を超える営業損失を計上した。この事象に対する説明としてあるべきはそれ以前に1兆円を超える営業利益を出していること、純粋な投資会社にとって営業利益はさして意味がある数値ではなく、株式の時価総額と手元現金を足して有利子負債を控除した純投資額こそが正しい評価であるということになるべきだが、本書ではこの点に触れていない。一事が万事こんな形でスタートアップの評価がバブル傾向にあったことは間違いないが、WeWorkはともかく、UberはAI関連銘柄ではないと切り捨てるには早すぎる。バブルかどうかは事後的にはしか分からないというのは経済学の基礎の基礎だが、このような基礎を怠るあたりが活動家の社会分析なのだろう。他にも、三菱UFJの海外銀行に対するのれんの減損、丸紅の資源投資の減損、航空会社の苦境等並べているだけで新しい話がない。日本製鉄の大赤字が金融危機の足音というのは意味が分からない。そもそも、鋼鉄は適正価格を無視して中国とインドでダンピングしている領域である前提がないから、こういう分析になるのだろう。後半は特別会計の闇として日本にGDPの6割も官制が搾取するという珍説を披露しているが、統計データや具体的な推定値がないから、単なる聞きかじりの話にしか感じられない。もちろん、この手の人に多い、竹中氏は巨悪の根源で小泉改革で私腹を肥したかのような書き振りとなっている。最後にベーシックインカムが日本を救うとなっているが、これは社会保障の抑制手段としてしか有効ではないことが分かっていないというのが絶望的。総じていえるは、著者は正確な経済学の知識を持っておらず、有効な社会活動したいのであれば、まともなブレーンを付けるか、少なくとも学部レベルの経済学の知識は身につけるべきである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。