サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~11/30

hontoポイント&図書カードNEXTが当たる!ぬくぬく読書キャンペーン ~1/10

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発売日:2020/09/02
  • 出版社: あすなろ書房
  • サイズ:26×28cm/1冊(ページ付なし)
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-7515-2967-6
絵本

紙の本

あるヘラジカの物語

著者 星野 道夫 (原案),鈴木 まもる (絵と文)

【親子で読んでほしい絵本大賞(第2回)】アラスカのヘラジカの群れに見知らぬオスが近づいてきた。群れを率いるオスとの戦いが始まると、互いの角がからまり、はずれなくなって…。...

もっと見る

あるヘラジカの物語

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【親子で読んでほしい絵本大賞(第2回)】アラスカのヘラジカの群れに見知らぬオスが近づいてきた。群れを率いるオスとの戦いが始まると、互いの角がからまり、はずれなくなって…。写真家・星野道夫が遺した写真から生まれた、大自然のドラマと生命のつながりの物語。【「TRC MARC」の商品解説】

写真家・星野道夫は、ある日、アラスカの川でふしぎな頭蓋骨を見つけました。2頭の大きなヘラジカの角が、からみあったまま骨になっています。角ははずそうとしてもはずれません。多くの野生動物の姿を写真におさめた星野道夫は、1996年、不幸な事故によって世を去りました。同じ動物好きとして星野道夫と親交のあった鈴木まもるは、ある夜、突然このふしぎな写真を夢に見ます。彼は思い立ち、アラスカに飛びました。そしてできあがったのがこの絵本です。1枚の写真が語る、大自然のドラマと生命のつながりの物語。【商品解説】

著者紹介

星野 道夫

略歴
〈鈴木まもる〉1952年東京生まれ。東京藝術大学中退。絵本を描きながら、鳥の巣の研究・収集、鳥の巣の展覧会を続ける。「ぼくの鳥の巣絵日記」で講談社出版文化賞絵本賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

星野道夫の写真から生まれた絵本

2020/11/15 07:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「それを見つけたのは十月初旬のことだった。」
 こんな文章で、写真家星野道夫が綴ったのは、『アラスカ風のような物語』所載の「あるムースの死」という短いエッセイだ。
 「それは絡まった角と頭蓋骨だけが残った、二頭のムースの姿だった。(中略)静止した風景が、ひとつの物語を語りかけていた。」

 この文には一枚の写真がついている。いや、写真があって文があるというのが正しいだろう。(写真はこの絵本の裏表紙で見ることができる)
 その写真に誘発されて、絵本が生まれた。
 書いたのは星野さんの友人でもあった鈴木まもるさん。
 「ムース」は「ヘラジカ」の別の呼び方で、同じ動物。
 星野さんが見て、感じた「ひとつの物語」を、鈴木さんもまた星野さんの写真で追体験することになる。
 闘う二頭の巨大な雄のヘラジカ。角がからみあい、やがて疲れた二頭を待っていたように襲うオオカミ。さらにそのオオカミを追い払い、冬季の栄養にありつこうとするヒグマ。
 さらには小さな動物たち、厳冬の地で冬を越そうとする鳥たち。
 鈴木さんは、最後に骨になったヘラジカの角の片隅にアメリカタヒバリの巣とひなを描いて終わる。
 
 「ヘラジカを追いながら、ぼくはまたさまざまな動物たちに出会った。ヘラジカがドラマをもっているように、それぞれの動物たちもまたそれぞれのドラマをもっているに違いない。」
 星野さんはまた別のエッセイにそう書いている。
 一枚の写真、一冊の絵本が読者に語りかける、それはドラマだといえる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/01/23 22:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/08/14 11:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/10/05 21:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/12/08 17:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/02/11 20:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/11/13 18:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/04/12 11:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/01/16 20:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/11/12 17:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/01/12 15:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/01/10 09:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/12/09 18:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/06/06 07:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/05/20 22:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。