サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

ポイントUPキャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2020/09/28
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:19cm/542p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-391261-5

紙の本

網内人

著者 陳浩基 (著),玉田誠 (訳)

ネットいじめを苦に女子中学生が自殺した。姉のアイはハイテク専門の探偵アニエの力を借りて、妹の死の真相に迫る−。貧富の格差、ダークウェブ、復讐と贖罪…。いま現在の香港を描き...

もっと見る

網内人

税込 2,530 23pt

網内人

税込 2,200 20pt

網内人

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 12.0MB
Android EPUB 12.0MB
Win EPUB 12.0MB
Mac EPUB 12.0MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ネットいじめを苦に女子中学生が自殺した。姉のアイはハイテク専門の探偵アニエの力を借りて、妹の死の真相に迫る−。貧富の格差、ダークウェブ、復讐と贖罪…。いま現在の香港を描き切ったミステリー。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

陳浩基

略歴
〈陳浩基〉1975年生まれ。香港中文大学計算機学科卒。「世界を売った男」で島田荘司推理小説賞受賞。ほかの著書に「13・67」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

今最も注目すべきミステリー作家。

2020/11/08 17:25

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゲイリーゲイリー - この投稿者のレビュー一覧を見る

「13・67」で香港の過去を舞台に見事な傑作ミステリーを世に送り出した陳浩基。
本作で彼が舞台に選んだのは、現在の香港だ。
拡がり続ける貧富の格差やインターネット犯罪、メディアの在り方、それらに巻き込まれ声を上げる事の出来ない未成年の心情等、現在の社会問題を重層的に描いていた。
本作で描かれている社会問題は決して香港だけの問題ではなく、日本を含めた今現在の先進国全てが抱えるものである。
そして本作では現在の社会問題のみならず、そこから「正義」や「復讐」等の哲学的かつ根本的な領域にまで踏み込んでいた。
特に「復讐」と「憎しみの連鎖」が本作の根幹となっており、非常に考えさせられる作品となっていた。

ここまで読むと本作が社会派の堅苦しい作品だと思われるかもしれないが、そんなことはない。
あくまでも本作はミステリー小説であり、そしてミステリーとしての完成度の高さは「13・67」のそれと勝るとも劣らない。

自殺した妹の死の真相を探る主人公アイと探偵のアニエのキャラクター造形も見事で、すんなりと小説の世界にのめり込む事ができる。
そして何より、著者の十八番でもある伏線回収と構成力の上手さは本作でも健在だ。
特に、アイとアニエの物語と並行して語られるもう一つの物語の真相が明かされた瞬間の驚きは、今年のミステリー作品の中でも1、2を争うぐらい衝撃があった。
また、本作はシリーズ化が予定されているようでもう既に二作目が読みたくてたまらない。

「世界を売った男」、「13・67」と傑作ミステリーを世に送り出し続けている著者は、個人的に今最も注目している作家の一人である。
陳浩基の作品は、ミステリーが好きには胸を張ってオススメできる。
彼の作品を読んだことがある方はもちろんのこと、まだ彼の作品を読んだことのない方にも本作を是非手に取っていただきたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

陳浩基 /玉田誠 『網内人』

2020/10/22 17:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:心足齋 - この投稿者のレビュー一覧を見る

中学生の少女を自殺に追い込んだ犯人を捜す姉と探偵が、パズルのピースを一つずつ集めてはめていくように、真相に迫っていく前半は、謎解き要素が高く、楽しめる。
その主軸が走りつつ、登場人物の一人がのし上がろうとVCのトップと駆け引きを繰り広げるサブストーリーが展開する。
後半では、突き止めた犯人を追い込んでいく方向に話が展開し、非常に張り詰めた雰囲気が漂う。また、サブストーリーはここで本線に合流し、あっと驚く展開を見せる。
陳浩基はストーリーテリングよりは、構成力、特にどんでん返しの仕掛けに秀でていると思う。
ただ、玉田誠氏の訳が今回はどうも今までのものより練られていない感じがある。ストーリーには影響しないところで、前後のつじつまが合わない部分が数か所あった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/09/29 14:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/11/23 20:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/10/12 02:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/08/25 16:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/10/24 10:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/10/15 19:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。