サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 芸術・アートの通販
  4. 映画の通販
  5. 作品社の通販
  6. 鈴木清順論 影なき声、声なき影の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 5
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2020/09/23
  • 出版社: 作品社
  • サイズ:27cm/691p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86182-824-9
  • 国内送料無料

紙の本

鈴木清順論 影なき声、声なき影

著者 上島 春彦 (著)

【芸術選奨・文部科学大臣賞評論等部門(第71回)】伝説的映画監督、鈴木清順。未映画化脚本「夢殿」サイクル論から、重要キーワードを纏めて諸作品の横断的な読み解きを試みた「事...

もっと見る

鈴木清順論 影なき声、声なき影

税込 11,000 100pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【芸術選奨・文部科学大臣賞評論等部門(第71回)】伝説的映画監督、鈴木清順。未映画化脚本「夢殿」サイクル論から、重要キーワードを纏めて諸作品の横断的な読み解きを試みた「事典」、全監督作品の精緻な解説まで、多角的な視点で日本映画の異形の巨人の全体像を解き明かす。【「TRC MARC」の商品解説】

未映画化脚本『夢殿』を中心に据えた三本の論考から、重要キーワードを鏤めて諸作品の横断的な読み解きを試みた「事典」、清順も参加した脚本ユニット「具流八郎」をめぐる初めての批評、そして全監督作品の精緻な解説まで。多角的な視点で、日本映画の異形の巨人の全体像を解き明かす!
圧倒的スケールで打ち建てる、映画評論の金字塔!

 鈴木清順と聞いて現在、人は何をイメージするだろう、あるいは彼を「何者」と人は定義するだろう。映画監督に決まっている。それはその通り。本書においてそれ以外の相貌で彼が現れることは原則ない。『けんかえれじい』を撮った、もしくは『ツィゴイネルワイゼン』を撮った、伝説的映画監督。映画ファンならそう答える。(…)しかし本書において清順は誰でも「テレビで知ってる」映画監督というその顔のレベルとは違うレベルで存在している。むしろ知らない清順の顔をそこに存在せしめるためにこの本はある。(…)『けんかえれじい』は誰をも親しませる「昔の名作」であると同時にギャップだらけのヘンな現代映画になっている。このちょっとした発見が本書『鈴木清順論 影なき声、声なき影』において清順映画を捉えるキー・コンセプトである。つまり、本書は清順映画のいくつかを伝説の名画や公認の名作でなくするために書かれたものだ。そのとき、清順もまた伝説の映画監督ではなくなっているだろう。(…)デビュー作『勝利をわが手に 港の乾杯』における「裸足」の重要性というのは私しか書いていないし、書く価値があるともそもそも思われていない。(…)同時代の評価というのはあまりにいい加減なものだが、逆に言えば今こそ発見されるべき清順映画がたくさんあるということでもある。要するに清順映画は最初から最後まで魅力的でいつでも誰でも楽しめる娯楽映画。それを皆さまと一緒に楽しみたい、というのが本書唯一の望みなのだ。
(本書「はじめに」より)【商品解説】

目次

  • はじめに
  • 『夢殿』サイクル論Ⅰ 二重化人物像の系譜
  • イントロ、あるいは『夢殿』サイクルとは/二重化人物像と三角関係 初期作品『らぶ
  • れたあ』を巡って/心中の骨壺、『ツィゴイネルワイゼン』/増殖する骨壺、『陽炎座』/裏表の人々、『夢二』
  • 『夢殿』サイクル論Ⅱ 騒がしい静寂の映画群
  • イントロ、あるいは音の人、清順/警告する音、『木乃伊の恋』/鉦の音は誘う、誰を?/入定の定助たち/幻聴の共鳴/つぶやきは繰り返される、『ツィゴイネルワイゼン』/増幅する「つぶやき」/ラップ音、聴こえない音/柔らかいもの/硬いもの/硬い音、硬いもの、柔らかいもの/狂ったお囃子と無音の手招き、『陽炎座』と『夢殿』/夢の彷徨いと軌道修正、『陽炎座』から『夢二』へ/山の木霊と夢二の銃/不発のピストルと夢の銃声、『東京流れ者』の記憶から
  • 『夢殿』サイクル論Ⅲ 清順的建築、清順的空間

著者紹介

上島 春彦

略歴
〈上島春彦〉1959年生まれ。国学院大学文学部卒業。映画評論家。著書に「血の玉座」「宮崎駿のアニメ世界が動いた」「モアレ」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)