サイト内検索

詳細検索

e-hon連携キャンペーン ~5/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 546件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2020/11/19
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/380p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-353731-1

紙の本

オルタネート

著者 加藤シゲアキ (著)

【吉川英治文学新人賞(第42回)】【高校生直木賞(第8回)】高校生限定のマッチングアプリが必須となった現代。東京の高校を舞台に、3人の若者の運命が、鮮やかに加速していき…...

もっと見る

オルタネート

税込 1,815 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【吉川英治文学新人賞(第42回)】【高校生直木賞(第8回)】高校生限定のマッチングアプリが必須となった現代。東京の高校を舞台に、3人の若者の運命が、鮮やかに加速していき…。悩み、傷つきながら〈私たち〉が「世界との距離をつかむまで」を描く。『小説新潮』掲載を加筆し書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

私は、私を育てていく――。誰しもが恋い焦がれた青春の普遍を真っ向から描き切る、加藤シゲアキ、これが新たな代表作。高校生限定のマッチングアプリが必須となった現代。東京のとある高校を舞台に、3人の若者の運命が、鮮やかに加速していく――。恋とは、友情とは、家族とは、人と“繫がる”とは何か。悩み、傷つきながら、〈私たち〉が「世界との距離をつかむまで」を端正かつエモーショナルに描く。著者3年ぶり、渾身の新作長編。【商品解説】

高校生限定のマッチングアプリ「オルタネート」が必須のウェブサービスとなった現代。東京にある円明学園高校で、3人の若者の運命が、交錯する。調理部部長で品行方正、しかし、あるトラウマから人付き合いにコンプレックスを抱える蓉(いるる)。母との軋轢を機に、絶対真実の愛を求め続けるオルタネート信奉者の凪津(なづ)。高校を中退し、かつてのバンド仲間の存在を求めて大阪から単身上京した尚志(なおし)。出会いと別れ、葛藤と挫折、そして苦悩の末、やがて訪れる「運命」の日。3人の未来が、人生が、加速する――。悩み、傷つきながら、〈私たち〉が「世界との距離をつかむまで」を端正かつエモーショナルに描く。圧倒的な筆致で紡がれた、運命と選択の物語。【本の内容】

著者紹介

加藤シゲアキ

略歴
〈加藤シゲアキ〉1987年生まれ。大阪府出身。青山学院大学法学部卒。NEWSのメンバーとして活動しながら「ピンクとグレー」で作家デビュー。ほかの著書に「閃光スクランブル」など。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー546件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

繋がっていく

2021/04/23 04:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kurage - この投稿者のレビュー一覧を見る

高校生専用のマッチングアプリ、しかも高校三年間しか使えない、っていうのが実際にありそうでない設定で、目新しかったです。
主人公格のキャラが3人いて、前半はそれぞれ独立した高校生の日常の話として展開していくのでちょっともどかしかったのですが(気になるところで話が終わって、次の章では別の主人公の話になるので)、料理バトルと文化祭に向けて加速して繋がっていく後半が面白くて一気に読めました。
出てくる料理が詳細に描かれていておいしそうだったので、実際に作ってるシーンを実写で見てみたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

オルタネート

2020/11/28 21:06

3人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぱーぷる - この投稿者のレビュー一覧を見る

加藤シゲアキさんの長編小説、毎回楽しみにしています。今回もどんな内容なのかなと、わくわくしながら手にして読みました。文字を読んでいて映像が想像できました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

アイドル、いろいろやるんだなあー!

2021/04/12 16:05

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぺんぺん草 - この投稿者のレビュー一覧を見る

同じ高校生の身からすると、そこそこ面白かったと思う。最初の1ページは世界観の違いに戸惑ったものの読み進めていくうちに違和感は無くなった。現代社会において行かれた中年のような感覚を味わえたのは楽しかった。
オルタネートというSNSを生活の一部に加えている高校生らの感覚が、私達とはちょっとズレていることが逆にリアルで面白かった。オルタネートがあまり主体でないというレビューも見られるが、今のSNSと似たような扱いがされていて違和感はない。今のTwitterやらInstagramやらがそのまま置き換わったようなイメージで、むしろオルタネートが日常として受けいられている印象の方が強かった。
加藤さんの作品は初めて読んだが、想像していたより読みやすかったと思う。初めに述べたように冒頭部分はオリジナルのワードが出てきて混乱したものの、1時間ほどで読了できた。終盤でどんどん展開が進んでいく感じが心地よく、時間以上の読み応えがあった。そこそこ軽く読めるので、気になる人は手にとってみてほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

映像が浮かぶ!

2021/03/23 19:57

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なっとう - この投稿者のレビュー一覧を見る

★瑞々しい青春小説
高校生限定のマッチングアプリを軸とするという、設定からして心惹かれました。
自分の好きなものや夢に真剣に立ち向かいながら、勉強もして恋もする。あまり恋愛小説を読まない身ですが、爽やかで素敵だと思いました。

★ラストの疾走感!
加藤シゲアキさんの「ピンクとグレー」からも感じましたが、ラストの疾走感は圧巻です。
映像が目の前に浮かぶようでした。

大人と子供のちょうど狭間のような、不安定な時期を巧みに描かれた作品だと思いました。
心に残るシーンや、セリフとたくさん出会いました。
本屋大賞ノミネート、深く納得です!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

夢に向かって

2021/11/01 06:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GORI - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作品はどうしても素直に読めないと思っていたが、途中からは主人公たちの夢に真っ直ぐ向かう姿に、昔を思い出しながら熱く読みました。
高校生しか使えないマッチングアプリ「オルタネーター」を小道具にして特別感を持たせているが、物語の主流は「料理対決」「文化祭」「恋愛」「家族」「音楽」など青春時代に誰もが悩み、熱中するものばかり。
特に料理対決の決勝と文化祭を並行して進めたことにより、物語に緊迫感が増して大変面白く読めました。
これからの加藤シゲアキに期待。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

高校生とマッチングアプリ

2021/03/31 14:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:uruuduki - この投稿者のレビュー一覧を見る

例えば、高校生限定でマッチングアプリが有ったとしても、個人情報をすべて晒すのはどうだろうか?
 この「オルタネート」のアプリのヒントはフェイスブックだろうか?
 この本の中では、「一つの高校」という舞台でのマッチングアプリを絡めての、それどれの子供たちの悩みや思いが描かれているが、もし日本国内だけだったとしても、こんな風に個人情報を晒していたら、犯罪に巻き込まれるリスクは、もっととんでもなく大きいように思う。
 それはそれとして、誰がというわけでもなく、高校を中心に離合集散する子供たちを傍観しているような小説だった

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

色んな賞にノミネートの注目作

2021/02/18 04:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くみみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

3人の視点で色んな角度から少しずつ展開されていく、高校生限定マッチングアプリを通した青春群像劇。SNSや横文字が苦手な層には馴染み難く、少し入り口が狭く感じた。逆にSNSどっぷりの層には比例して吸い込まれる中毒性がある世界観で、共感間違いなし。目まぐるしく交錯するストーリーを綺麗に纏めた疾走感あるラストがとても印象的

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

オルタネートって

2022/02/22 05:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エムチャン - この投稿者のレビュー一覧を見る

高校生だけを対象にした、三年間だけ使用OKのマッチングアプリのことだそうです。はじめっからこれか、非現実的……と、あまり、期待せずに読み始めました。しかし、期待以上です。確かに、本当にあれば危険ですけどね

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白かったです

2021/11/19 11:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:iha - この投稿者のレビュー一覧を見る

高校生たちの友情や恋模様を描いた青春ものです。著者はアイドルのようです。登場人物たちの感情の機微が非常によく描かれているなと感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/01/09 14:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/01/13 21:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/12/08 20:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/07/05 19:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/11/21 21:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/12/08 22:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。