サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発売日:2020/10/24
  • 出版社: クレヨンハウス
  • サイズ:27×29cm/41p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-86101-386-7
絵本

紙の本

あの湖のあの家におきたこと

著者 トーマス・ハーディング (文),ブリッタ・テッケントラップ (絵),落合 恵子 (訳)

湖のほとりにある小さな木の家。その家を建てた作者の曽祖父一家はナチスに追われ、その後に住んだ音楽家一家も徴兵を逃れ家を出る。戦後に暮らした家族は…。ベルリンに実在する家の...

もっと見る

あの湖のあの家におきたこと

税込 1,980 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

湖のほとりにある小さな木の家。その家を建てた作者の曽祖父一家はナチスに追われ、その後に住んだ音楽家一家も徴兵を逃れ家を出る。戦後に暮らした家族は…。ベルリンに実在する家の変遷から戦争、分断の歴史を見つめる物語。【「TRC MARC」の商品解説】

その家を建てた作者の曽祖父一家はナチスに追われ、その後に住んだ音楽家一家も徴兵を逃れ家を出ます。戦後に暮らした家族は「ベルリンの壁」によって湖と隔てられ……。
ベルリンに実在する一軒の家の変遷から戦争、分断の歴史を見つめる物語。
この100年に起きたことを描いていますが、「昔あったこと」ではなく、世界中で分断が進むいま、同じことをくり返さないためにあらためて読みたい1冊。【商品解説】

著者紹介

トーマス・ハーディング

略歴
〈トーマス・ハーディング〉英国生まれ。英米の大手新聞で執筆する作家、ジャーナリスト。
〈ブリッタ・テッケントラップ〉ドイツ生まれ。絵本作家。作品に「かべのむこうになにがある?」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

大人のあなたに読んでもらいたい絵本

2021/03/28 08:01

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

これは湖のほとりにある、一軒の小さな木の家の物語です。
 それは長い時の物語でもあります。
 絵本ですが、まるで長編の物語を読むようでもありますし、長い一篇の映画を観るようでもあります。
 でも、これは絵本です。
 ゆっくりと頁をめくる、そんな絵本です。

 家はこの絵本の作者であるトーマス・ハーディングさんの曽祖父が1927年に建てたものです。曽祖父は医者で、4人の子どもたちが自然の中で暮らせるように、湖のほとりに建てたそうです。
 でも、時代がよくありません。
 戦争になって、ユダヤ人であった一家はこの家を去ることになります。
 次に住んだのは、音楽好きの一家。
 でも、彼らも戦争のせいでこの家を出ていきます。
 さらにまた別の一家、さらに戦争が終わって別の家族がこの家で暮らします。

 家はきっと住む人たちの、さまざまな様子や感情を見てきたでしょう。
 その姿はそれぞれだったでしょうが、きっと家を愛するということでは同じだったかもしれません。
 家はそこに住んだ家族のことを覚えているのでしょうか。
 そこで笑ったり泣いたり怒ったりした家族のことを覚えているでしょうか。

 訳者である落合恵子さんは、2020年の春浅い日々から晩春にかけてこの本とずっと一緒だったと綴っています。
 コロナ禍の時、落合さんは戦争で揺さぶられた家とともにあったのです。
 この絵本はそんなふうにして、時代の中で何かを考えさせる一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/06/17 13:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/01/08 10:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/01/23 15:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/02/05 01:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/12/27 04:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/04/04 07:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/02/23 16:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/12/16 13:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/12/19 22:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/03/29 19:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/07/10 00:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。