サイト内検索

詳細検索

ポイントUPキャンペーン

※12時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(1126-30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 618件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2020/10/08
  • 出版社: 中央公論新社
  • サイズ:20cm/330p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-005340-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

滅びの前のシャングリラ

著者 凪良ゆう (著)

1ケ月後、小惑星が衝突し、地球は滅びる。学校でいじめを受ける友樹、人を殺したヤクザの信士、恋人から逃げ出した静香。そして−。「人生をうまく生きられなかった」4人が最期の時...

もっと見る

滅びの前のシャングリラ

税込 1,705 15pt

滅びの前のシャングリラ

税込 1,705 15pt

滅びの前のシャングリラ

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 4.3MB
Android EPUB 4.3MB
Win EPUB 4.3MB
Mac EPUB 4.3MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

1ケ月後、小惑星が衝突し、地球は滅びる。学校でいじめを受ける友樹、人を殺したヤクザの信士、恋人から逃げ出した静香。そして−。「人生をうまく生きられなかった」4人が最期の時までをどう過ごすのか。【「TRC MARC」の商品解説】

「明日死ねたら楽なのにとずっと夢見ていた。


なのに最期の最期になって、もう少し生きてみてもよかったと思っている」



一ヶ月後、小惑星が地球に衝突する。滅亡を前に荒廃していく世界の中で「人生をうまく生きられなかった」四人が、最期の時までをどう過ごすのか――。


圧巻のラストに息を呑む。2020年本屋大賞作家が贈る心震わす傑作。【商品解説】

収録作品一覧

シャングリラ 5−94
パーフェクトワールド 95−167
エルドラド 169−240

著者紹介

凪良ゆう

略歴
〈凪良ゆう〉滋賀県生まれ。「流浪の月」で本屋大賞グランプリを受賞。ほかの著書に「神さまのビオトープ」など。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー618件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

読了後にタイトルを見て、その意味を知る内容でした

2020/11/03 01:04

10人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Nagi - この投稿者のレビュー一覧を見る

「1週間後、地球に小惑星が衝突し、人類に逃げ延びる道はない」
あらすじにあるとおりの世界で、4人(読むほうから見ると5人と感じますが)の主要人物が、どのような思いで「最期の日」を迎えるか、というお話なのですが、ハリウッド映画のあれやこれのように、
「少ないながらも人類は生き残る」
「衝突を回避する」
といった方向の「人類」にとっての救いはないお話です。
それもひとつのハッピーエンドなのだとは思うのですが、本作では「人類」ではなく、「個」の救いを感じさせるお話、という感想になりました。
本の紹介にあるとおり、
「幸せについて問う」
物語です。
直球で述べてしまえば、
「どう感じながら最期を迎えるか」
ということを考えさせられる物語でした。

読書前は、上記の世界観を紹介文で読んで、新井素子さんの『ひとめあなたに…』みたいなお話なのだろうかと思っていたのですが、新井さんの作品が主に若者視点だったのに対し、凪良さんのこの作品は、老若男女問わず、多くの世代にまたがって「我がこと」として考えさせられるお話だったように思います。
主要人物の友樹と静香、信士は、血の繋がった家族です。
男勝りで気丈な静香以外、父と息子は、日常だった平穏な世界で「生きづらさを感じる」という次元ではない過酷な状況の中で過ごしていたのですが、小惑星が等しく地球上の万物を滅ぼす事態になり、初めて「何か」のスイッチが入ります。
逆に、静香は初めて自分の選択に不安や後悔を抱き、それによってこの一家は「シャングリア」であり「パーフェクトワールド」であり「エルドラド」を手に入れます。
サブタイトルにつけられたそれらは、どれも「理想郷」の意味。
極限状態に追い込まれたときに、こういう自分でありたい、と思わせる3人でした。

この作品に登場する、いわゆるモブも、本当に千差万別で生々しい人間を描いていました。
どうせあと1ヶ月で死ぬのだから、と我欲に走る人も入れば、あと1ヶ月ならと、少しでも自分の生きた証である家業で飢えた人の腹を満たしていこうと決める蕎麦屋の老夫婦がいたり、大好きなアーティストと一緒に最期を迎えたい、とライブ会場へ決死の覚悟で集結する人がいたり…主要人物に関わる人が登場するたびに、自分ならどこに位置する人間になるだろうか、と問いかけられる気分で読み進めていました。

過去には決して戻れないし、後悔は先に立たない。
だからこそ、今この瞬間を悔いのないように「生きていく」と行動で伝えてくる主要人物たちは、読むこちら側に何を押し付けてくるわけでもないのに、日々の自分を振り返らせてきます。

小惑星の衝突なんてフィクションの世界だ、と心のどこかで思っているのかもしれないけれど、さすがに小惑星の衝突はさておき、明日も普通に朝を迎えられるとは限らない、ということにも気づかされます。
たとえば、交通事故などであれば、後悔する暇もなく命を奪われて、死んだことに気付けないまま現世をさまよってしまう(かもしれない)こともある。
自分だけは大丈夫と意識すらしていない中で、疫病によって数日の間に命を落としてしまうかもしれない。
そのとき、思い残すことを1つでも減らせるよう、今を大切に生きなくては、と姿勢を正される気分で読了しました。

文字数がどれだけあっても語り尽くせないほど思う処感じる処があるのですが(路子のお話など)、まずは作品で直に感じていただければ、と思います。
小冊子特典付きの初版で購入できたので、それも含めて本当に素晴らしい作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

滅ぶからこそ

2021/02/23 03:07

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kurage - この投稿者のレビュー一覧を見る

一か月後に世界が滅ぶことが決定事項になってからの、町が次第に荒廃していく様子が生々しかったです。
リレー小説のように登場人物がバトンタッチして繋がっていく構成も面白くて、一気に読めました!
他の方も感想に書かれていますが、世界が滅ぶのが覆されないからこそ、見えてくるものとか、わかるものとかあるんだなと読み終わってタイトルの意味を考えさせられる話でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

感動しました

2021/01/15 11:02

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:owls - この投稿者のレビュー一覧を見る

話題の作者さんですが、今回初めて読みました。読み始めるととまらない…。色々かかえて、不器用に生きる人たちが、滅亡を前に、無法地帯とかした場所で、たくましく生き始める様子に、どんどんひきこまれていきました。状況は悲惨になっていくのに、終盤になるにつれ、不思議なほど、希望のようなものを感じはじめ…読み終わるときには感動しました。なんだか、今の世界と重ねてしまい、生きることについて、考えさせられるな、と。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

新しい価値観の提示

2020/10/21 12:02

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DTS - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分が持つ既存の価値観を揺さぶれるような読書体験。終わりが見える中で生き抜こうとする人々の姿が胸に突き刺さります。読了後、一週間ほどフワフワとした感慨が抜けませんでした。凪良さんの作品はいつも期待を裏切りません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

夢中で読みました。

2020/11/02 15:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Sota - この投稿者のレビュー一覧を見る

後半は、ストーリー展開が気になって、夜更かしして、最後まで読んでしまいました。
面白かったです!
ラストが良かったですね。
懐かしのバンド名もいっぱい出てきたし。ただ、微妙に、好きなバンドとはズレてたから、それが残念だったかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

終わる世界が救いだと感じる人がこれを読んで救われてほしい。

2021/04/07 19:41

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:S910 - この投稿者のレビュー一覧を見る

1ヶ月後に小惑星が地球に衝突し人類が滅びると宣言されてから、その一ヶ月を4人の視点から描く短編連作。

混乱と絶望から暴動が起こり、当たり前に人が死に、世紀末の中で見出す希望とはなにか。
4人の中で静香以外はそれまでの人生をどこか鬱屈して満たされない気持ちを抱えて生きていて、それぞれきっと「なんで生きてるのか」「死んだ方が楽なのに」と思っていた。
死が希望なのか、絶望なのか。

初回限定でつけた小冊子の5人目、雪絵視点よりも、書店で限定配布してたスペシャルブックの作者メッセージのがわかりやすかったなぁ。

凪良さんは一般文芸作品しか読んでないんだけど、今までの一般文芸作品もそれまでのBL作品も、社会的にマイノリティな立場に晒される人達の複雑な愛の形を描いていたけど、今回はもっとずっとドロドロと捩くれた生き方を、なんとか綺麗に描こうとしたって感じだった。
人類滅亡なんて絶望の中だからこそようやく見いだせる鬱屈とした希望でしか救われない。

正直今までの凪良作品以上に問題作で、良し悪しを語れない。
終わる世界が救いだと感じる人がこれを読んで救われてほしい。

まぁ正直、そこまで体当たりしたかったのなら「破光教」とかいう謎の宗教団体はいらなかったと思うけどね。
頭のおかしい宗教団体がわかりやすい悪役になるよりも、隣人が突然絶望から暴徒に変わって一ヶ月すら待ちきれずにテロ行為に走る方が臨場感あったと思う。
他はリアリティあるのにそこだけ創作感が強くて残念。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

自分だったら残りの1ヶ月を誰と一緒にどう生きるのか

2021/03/26 12:03

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GORI - この投稿者のレビュー一覧を見る

「1ヶ月後、小惑星が衝突し、地球は滅びる」
あなたならどう生きる?何をする?何を食べたい?
誰と一緒にいたい?
それとも自殺する?
四人の生き様と出会いを読みながら、読者は自ら考えさせられる。
父と母が子供達(一人は家族ではないけど)を安全に生きられる為に全力を尽くす。
子供達も両親に守られながら安心に暮らす。
そんな四人が幸せな家族に見える。
父も母も、恵まれない家庭で暮らし、平凡で幸せな家庭を夢見ていた。
そんな夢が地球滅亡が間近に迫って、子供達の為に出来ることを懸命にやっていて実現できる。
そしてもう一人のLocoは幸せの頂点にいるはずなのに、読んでいて痛い。
成功を夢見て懸命に努力してきたはずなのに、何処で間違っていたのだろう。
そんなLocoも家族と親友に助けられて、昔のメンバーと最後の大阪ライブにのぞむ。
どんな生き方をしていても、最期にもう少し生きていたかったと思いたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

すごいとしかいえない

2020/10/31 16:41

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トッポギ - この投稿者のレビュー一覧を見る

幸せってなんだろうと考えさせられました

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自分のシャングリ・ラは、、

2022/04/03 06:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Pana - この投稿者のレビュー一覧を見る

あと1ヶ月で、死ぬのがわかっている状況で、世界に住む人々が残りの人生、誰とどこで、何をして人生を終えたいか考え進んでいく物語。

皆が混乱し、街はめちゃくちゃになる中でも、ネットが使える状況が維持されている。それは、誰かが働いてくれている、その働いてくれている人にとって、誰かのために仕事することがシャングリ・ラなんだなと思った。

危機が迫ると、過激な宗教が流行るなど、コロナ萬延が続く現在、フィクションであるはずなのに、とても生々しく感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本屋大賞で話題の凪良ゆうさん

2021/11/03 07:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:higassi - この投稿者のレビュー一覧を見る

昨年の本屋大賞グランプリを獲得して話題の凪良ゆうさんですが本作が初読みでした。地球最後の日に向けた日々というのは過去にもある設定ですが、何気ない日常の切り取り方みたいなところが上手いですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

恐竜を滅ぼしたレベルの隕石衝突まで一か月。

2021/08/08 20:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

高校生活に絶望している男子、男子の母親、両親の愛情が信じられない美少女、野良犬のように生きてきたチンピラが、最期の一か月で本当に欲しかったものを手に入れていく。
あと一か月で死ぬと分かると社会は崩壊。略奪放火自殺殺人、生きるために何でもあり。
絶望の中に一筋の光を見出せる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

生きることに対する納得の仕方を選びとる醍醐味

2021/04/10 18:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:せきた - この投稿者のレビュー一覧を見る

読者が感情移入できるキャラクター造形が巧みで飽きさせない。上手い作品だなと思う。
相対的な幸福、またはそれに至る思考過程を読者に掲示しているように感じる。
おそらく色恋が軸になっていて、幸福論にもなっているのでは。
読書をあまりしない人にも小説の面白さを伝える意味でオススメの作品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ちょっとアウトロー

2021/02/18 04:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くみみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「一ヶ月後、隕石で人類滅亡」の宣告を受け、限られた瞬間を最期まで生きる理由を模索する破壊力ある4編からなる連作。序盤の全く穏やかではない日常が、その後の展開により平穏だったと錯覚が起きるほど作品の世界観に慣らされゾッとした。狂った中でも輝くユーモラスな拗らせ方がとても魅力的だった。不思議な感覚が残るちょっとアウトローな世界

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白かったです

2021/01/23 17:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:iha - この投稿者のレビュー一覧を見る

小惑星が地球に激突するまであとひと月。残された時間が少ないことを知った登場人物たちは、それまでの抑圧された日々を捨て、真摯に自らの人生に向き合い、残りの日々を濃密に過ごし始めます。幸せについて考えさせられる一冊でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

明日死ねたら楽なのに

2021/04/08 23:07

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kochimi - この投稿者のレビュー一覧を見る

「明日死ねたら楽なのに」
そう思ったことのない人なんかいないだろう。
その明日が見えた時、
確かにそれが希望になる。
期限が区切られた方が頑張れる。
そんな人がいたっていい、と思わせてくれた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。