サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

会員600万人突破 大感謝祭  ~1/11

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政の通販
  4. 政治・行政の通販
  5. せせらぎ出版の通販
  6. 住民投票までに知っておくべき『都構想』の噓と真の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2020/09/20
  • 出版社: せせらぎ出版
  • サイズ:21cm/50p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-88416-275-7

紙の本

住民投票までに知っておくべき『都構想』の噓と真

著者 新聞うずみ火 (編)

2020年7・8月実施の「「大阪都構想」を考える連続講座」をまとめた一冊。元大阪市会議員・柳本顕、ノンフィクションライター・松本創、立命館大学政策科学部教授・森裕之が、大...

もっと見る

住民投票までに知っておくべき『都構想』の噓と真

税込 501 4pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

2020年7・8月実施の「「大阪都構想」を考える連続講座」をまとめた一冊。元大阪市会議員・柳本顕、ノンフィクションライター・松本創、立命館大学政策科学部教授・森裕之が、大阪都構想とは何なのかをわかりやすく解説。【「TRC MARC」の商品解説】

「新聞うずみ火」が2020年7月、8月に実施した「『大阪都構想』を考える連続講座」をまとめたブックレット。
反「都構想」の論客である元大阪市会議員(自民党)の柳本顕さん、維新政治とメディアの関係を検証してきたノンフィクションライターの松本創さん、立命館大学政策科学部教授で地方財政学が専門の森裕之さんの3人に、それぞれの立場から「大阪都構想」とは何なのか、わかりやすく解説していただいた。


歴史ある政令指定都市・大阪市を廃止していいの?

「大阪都」にはなりません
「大阪府」のままです

特別区設置に241億円
さらに毎年30億円が―

敬老パス・塾代助成・子ども医療費助成はなくなる?

吉村洋文氏を橋下徹氏に紹介した人物は―【商品解説】

目次

  • もくじ
  • はじめに ― 新聞うずみ火 矢野宏
  • 第1章 住民投票までに知るべき嘘と真 ― 柳本顕
  • 第2章 維新と報道を顕彰する ― 松本創
  • 第3章 大阪都構想と二重行政のゴマカシを斬る ― 森裕之

著者紹介

新聞うずみ火

略歴
1974年大阪市西成区生まれ。京都大学法学部卒業。
1999年、大阪市議(西成区選出)に初当選。連続5期。
自民党大阪府連青年局長、自民党大阪市議団幹事長などを歴任。
2015年5月の住民投票では自民党市議団幹事長として
当時の橋下徹市長とテレビ討論などで対峙。反対多数を導く功労者の一人。
その後、二度の大阪市長選に臨むも落選。
大阪市を廃止分割して特別区を設置する「大阪都構想」に関しては、
一貫して反対の立場から情報発信や講演活動を展開。
現在は自民党大阪府連会長補佐。
(新聞うずみ火主催「『大阪都構想』を考える連続講座③」)

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

大阪の未来

2020/10/18 08:23

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なにわっこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

大阪の未来を決める、大切な住民投票。このコロナ禍で実施される事自体狂っているが、この本で大阪市を無くすことの暴挙と維新政党が市民を騙し、裏切っていることがよくわかった。大阪人はもっと賢くならなければいけない。大阪のれきし、ぶんか、芸術を大切にして、人間味のある暮らしを取り戻さなければ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

住民投票までにこれは買って読むべき。

2020/09/26 15:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ストップ維新の会 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本を読むだけで、維新の会がいかに大阪市を破壊しようとしているのか、大阪市民の税金を大阪市外にばらまいて市民サービスを減らそうとしているのか、ぎゅぎゅっとまとめられています。これを読めば、吉村や松井、橋下の言っていることやっていることがいかに馬鹿馬鹿しいことかが分かります。
良心的な価格なのもおすすめです。大阪市が無くなってほしくない、大阪市を維新の会による悪政から守りたい、全ての方に読んでほしいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。