サイト内検索

詳細検索

e-hon連携キャンペーン ~5/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 280件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2020/10/20
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/253p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-336213-5

紙の本

八月の銀の雪

著者 伊与原新 (著)

コンビニのベトナム人店員が就活連敗中の理系大学生に見せた驚きの姿、シングルマザーが聞いた深海の話、原発の下請け会社を辞めて一人旅する男…。科学の揺るぎない真実が人知れず傷...

もっと見る

八月の銀の雪

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

コンビニのベトナム人店員が就活連敗中の理系大学生に見せた驚きの姿、シングルマザーが聞いた深海の話、原発の下請け会社を辞めて一人旅する男…。科学の揺るぎない真実が人知れず傷ついた心を救う5篇の物語を収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

耳を澄ませていよう。地球の奥底で、大切な何かが静かに降り積もる音に――。不愛想で手際が悪い――。コンビニのベトナム人店員グエンが、就活連敗中の理系大学生、堀川に見せた真の姿とは(「八月の銀の雪」)。会社を辞め、一人旅をしていた辰朗は、凧を揚げる初老の男に出会う。その父親が太平洋戦争に従軍した気象技術者だったことを知り……(「十万年の西風」)。科学の揺るぎない真実が、傷ついた心に希望の灯りをともす全5篇。【商品解説】

収録作品一覧

八月の銀の雪 5−60
海へ還る日 61−109
アルノーと檸檬 111−165

著者紹介

伊与原新

略歴
〈伊与原新〉1972年大阪生まれ。東京大学大学院理学系研究科で地球惑星科学を専攻し、博士課程修了。「お台場アイランドベイビー」で横溝正史ミステリ大賞を受賞。他の著書に「月まで三キロ」など。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー280件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

誰かに認めてもらえるということ

2021/06/03 09:25

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オレンジ猫 - この投稿者のレビュー一覧を見る

作者のことを知らず、何気なく手にとった本でしたが、引き込まれました。
どの作品でも主人公はありきたりの、思い通りにいかない毎日を送っていて、楽しさも嬉しさも見つけられない日々に押しつぶされそうな状態。
でも、自分に価値を見出せず悶々とした毎日を送っていても、他者からの一言でこんなにも救われた気持ちになれることが、今の自分にも重なって、私自身気持ちが明るくなりました。
人より得意なことがあろうとなかろうと、まっすぐ前を向いて歩いていければ良いのだと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ジーンと心に響きます

2024/02/21 11:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あー - この投稿者のレビュー一覧を見る

本屋大賞のノミネート作品を中心に読んでいて、伊与原さんの作品ではこちらが一番最初に読んだ本です。短編集という感じ。どのお話もとても読みやすく何か心に響くものがあり、ほかの作品も読んでみたいと思わせる作品です。
理系作家さん、なるほどと思わせます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

味わい深く心に小さな火が灯るような5篇

2023/02/08 09:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:higassi - この投稿者のレビュー一覧を見る

直木賞や本屋大賞の候補作の名に相応しい、味わい深く心に小さな火が灯るような5篇でした。なんとなく庄野潤三さんの雰囲気を感じながら読んでいたら、伝書鳩や風船爆弾といった昭和の名残をモチーフにした作品が出てきて、ますますその感が強まりました。どことなく浮世離れした雰囲気なのに、理系ならではの詳しい情報がリアリティを生み出していて、その辺のバランス感も良いですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

科学、自然、地球、人間 生かされていると思う

2021/01/31 15:59

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GORI - この投稿者のレビュー一覧を見る

科学の話を使って、上手に話せなく就活にうまくいかない大学生、子供に特別な事を与えられないと失望している母親、上司の命令に従えず辞表を提出した原発の下請け社員など、少し元気を与えられる小説。
表題作の銀の雪はとても良かった。
地球の中の事って分かっていないんだ。
分かるためにじっと静かに耳をかたむけて、中心に鉄の塊がある事を発見した女性科学者はあっぱれ。
人前で話すことが苦手だけど、自分では気づかないものがあって、自分の核の存在と核を大きくしていく(この箇所はなかなか出会えない文章:地球の中心で降る銀の雪が地球の核を大きくする)のはこれからの自分だと気づいて前を向くことが出来た主人公に勇気づけられた。
初めて読んだ作家だけどこれからの小説も楽しみ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2021/04/07 15:47

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なま - この投稿者のレビュー一覧を見る

本屋大賞にノミネートされたので、読んでみました。どの短編も良いけれど、タイトルにもなっている「八月の銀の雪」が好きです。初めて読む作家さんでしたが、ほかの作品も読んでみたいと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2021年本屋大賞ノミネート

2021/02/18 04:06

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くみみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

息苦しく感じる生活の中で触れた自然の摂理に癒され、少しだけ射した光で視界がクリアになる全5篇の科学ヒューマンドラマ。全篇共通して表裏一体のものを覆す瞬間が静かにスカッとした。『十万年の西風』が一番考えさせられ、後々も印象に残り続けるだろうと感じた。
序盤少し玄人向けかな?と感じる部分が多く、他の本屋大賞ノミネート作とは少し雰囲気が違う印象

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ほの温かく哀しい短編集

2022/04/22 08:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:makiko - この投稿者のレビュー一覧を見る

『月まで3キロ』が予想外に良かったので,こちらも読みました。就活がうまくいかず詐欺まがいの商法の片棒を担がされる大学生がコンビニでアルバイトをしているベトナム人留学生から地球の構造を教えてもらう話や,ハズレの人生に行き詰まりを感じているシングルマザーが水族館の職員さんからクジラについて教えてもらう話など,理科の知識がちりばめられた短編小説集。人生がうまくいっていない人が多く出てくるため単なる温かい小説ではなく哀しみが漂っていて,著者にも人生がうまくいっていないときがあったのかなぁと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ふーん

2021/12/26 12:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nap - この投稿者のレビュー一覧を見る

初読の作家さん。
ちょっと変わったカテゴリーの話と、ちょっと弱った人を結び付けてある短編集。
こういう雰囲気の本が多いのかしら。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白かったです

2021/11/19 11:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:iha - この投稿者のレビュー一覧を見る

五つの短編から成る短編集です。それぞれクジラだったり、原発だったりと専門性の高い内容が混ぜ込まれていて、その綿密さは参考文献の多さが物語っています。そして、それぞれが悩める人たちを扱ったとても抒情的なお話でした。個人的にはシングルマザーとクジラの学芸員との交流の物語「海に還る日」が一番好きでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/07/28 20:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/10/24 23:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/11/03 21:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/04/04 18:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/11/09 02:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/11/15 15:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。