サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

2020年年間ランキング  ~3/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 発売日:2020/11/06
  • 出版社: 関西大学出版部
  • サイズ:22cm/325p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-87354-726-8
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

アラン・ロブ=グリエの小説 2

著者 奥 純 (著)

現代フランス文学を専攻する著者によるロブ=グリエの文学に関する研究をまとめた一冊。「他者性を巡って」「後期作品の研究に向けて」「ロマネスク三部作の構成とその意味」の3章で...

もっと見る

アラン・ロブ=グリエの小説 2

税込 4,400 40pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

現代フランス文学を専攻する著者によるロブ=グリエの文学に関する研究をまとめた一冊。「他者性を巡って」「後期作品の研究に向けて」「ロマネスク三部作の構成とその意味」の3章で構成。【「TRC MARC」の商品解説】

本書は、アラン・ロブ=グリエのデビュー作から晩年の作品に至るまでの作品構成の変遷とその意味を考察し、ロブ=グリエの作家としての全貌を明らかにすることを試みた世界で初めての研究書である。
アラン・ロブ=グリエは、第二次世界大戦直後、廃墟となったフランスに新風を巻き起こした文芸改革運動ヌーボー・ロマンのオーガナイザーであった。ロブ=グリエは、文学だけでなく、アラン・レネ監督の映画『去年マリエンバートで』の原作者としても有名で、自ら監督した多くの映画作品も残している。しかし、映画を観ればわかるように、小説についても、ロブ=グリエの作品は、始まりも結末もなく難解で、全体が幻想的な雰囲気に満ちている。それは、ロブ=グリエがリアリズムの作品を嫌ったからであり、虚構であるにも関わらず本当らしく語ることを拒んだ結果である。しかし、どんな映画でも小説でも、内容に関わらず本当らしく見せるのが普通であることを考えれば、これほど困難な試みはない。リアリズムを拒否してロブ=グリエはどのようにして作品を制作しようとしたのか、筆者は2000年に発表した『アラン・ロブ=グリエの小説』で、この試みについての技術的な裏付けを行ったが、本書は、その続編にあたる。
本書は、では、なぜロブ=グリエはリアリズムを嫌ったのだろうか、という問いかけから始まる。そこには、ロブ=グリエが青年時代を過ごした戦中、戦後の混乱が影を落としているのだろうか。また、幼少期を過ごしたブルターニュ地方の、フランスの文化とは異質なケルトの文化の中で育った経験が影響を与えているのだろうか。ロブ=グリエの世界観の形成に影響を与えた作品とはどのようなものだったのだろうか。そして、ロブ=グリエが抱いた世界観とは、そもそもどのようなものだったのだろうか。それを、ロブ=グリエはどのように表現したのだろうか。
現代は高度情報化社会だと言われているが、むしろ、情報混迷社会と言った方が良いかもしれない。真偽も定かでない情報が溢れ返って、もはや何を信じれば良いのかわからなくなっている。何か事件が起こると、メディアを通じてありとあらゆる推測がなされ、はじめは仮定の話だったものが、もう翌日には、コメンテーターがその仮定を前提にした話をしたり顔で語り、何が真実か、何が作り話か、わからなくなってしまう。ロブ=グリエの物語も、まさにこのように展開するのであり、まるでロブ=グリエが何十年も前から今の社会を予測していたかのようなのである。
デビュー作『消しゴム』の主人公ワラスは、そのような世界を歩き回って最後には疲れ果ててしまった。では、晩年のロマネスク3部作の主人公ロブ=グリエはどんな世界に辿り着くのだろうか。今を生きるすべての人に、是非ロブ=グリエの物語を読んでほしい。【商品解説】

目次

  • 第Ⅰ章 他者性を巡って
    • (一)『嫉妬』を植民地小説として理解する可能性とその限界
    • (二)言葉と物
    • (三)『嫉妬』におけるエグゾチスム
    • (四)物語の誘惑
  • 第Ⅱ章 後期作品の研究に向けて
    • (一)『ある作家の人生への序文』について
    • (二)『ジン』の語りの構成とその意味
    • (三)瓦葺き状の語りの構成とその意味について
    • (四)『ニューヨーク革命計画』とニューヨーク

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。