サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクションの通販
  4. エッセイの通販
  5. キョートット出版の通販
  6. 毎日あほうだんす 横浜寿町の日雇い哲学者西川紀光の世界 完全版の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2020/10/16
  • 出版社: キョートット出版
  • サイズ:21cm/222p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-9902637-6-8

紙の本

毎日あほうだんす 横浜寿町の日雇い哲学者西川紀光の世界 完全版

著者 トム・ギル (著)

長年日本で暮らすイギリス人の社会人類学者が、横浜寿町の日雇い哲学者西川紀光について描いた「一人民族誌」。2007年に行った聞き取りのほか、2007〜2011年の出来事など...

もっと見る

毎日あほうだんす 横浜寿町の日雇い哲学者西川紀光の世界 完全版

税込 1,980 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

長年日本で暮らすイギリス人の社会人類学者が、横浜寿町の日雇い哲学者西川紀光について描いた「一人民族誌」。2007年に行った聞き取りのほか、2007〜2011年の出来事なども記す。【「TRC MARC」の商品解説】

ドヤ街の社会調査を続ける著者は、ある朝、横浜寿町の労働センター前で、奇妙な男に英語で話しかけられる。
彼の名は西川紀光(キミツ)。海と焼酎を愛する港湾労働者。彼は膨大な量の読書で世界の思想とつながり、独特の哲学を紡いでいた。
交流を深めるうち、著者はキミツの言葉を文字に残したいと強く思う。
聞き取りの時間が始まった。
あるときは喫茶店「亜歩郎(あぽろ)」で、あるときはドヤ(宿)で、あるときは山下公園で———

この本は天才キミツの人生と哲学の書であり、22年にわたる2人の友情の記録である。


第1版(2013年)の刊行から7年が経ち、大幅な増補を伴う完全版として刊行した。
聞き書き前のエピソードをいれ、「実存主義、20世紀最後のヒーロー」たる紀光の姿を活写する。
また、聞き書き後のことや家族からの証言も加わり、紀光の視線から日本社会を知る貴重な「一人民族誌」となっている。【商品解説】

目次

  • 紀光を紹介します 
  •  西川紀光という男/1995年の紀光/寿の哲学/港湾労働について/長男、そして人生への罰/トムとキミツ/再会
  • 2007年、紀光の証言
  •  テッポウで故郷へ/5歳が黄金時代/中学生のころ/自衛隊に入って/あほうだんす/港湾労働の良さ/天気が良くて/海の冒険譚/母の3回忌/アフォーダンスとオートポイエーシス/寿のこと/コリン・ウィルソンについて/刑務所のこと、女のこと/イギリスの高校生へ/ホッファーについて/寝ると夢を見る/因果応報について
  • 社会人類学からみた紀光
  • 聞き書きの後のこと
  •  2007~2011/寿町の変化/紀光の新生活/お姉さんの話/本ができた/紀光最期の日々
  • あとがき

著者紹介

トム・ギル

略歴
Tom Gill
 1960年英国生。ロンドン大学(LSE)博士(社会人類学)。現在、明治学院大学国際学部教授。
 25年以上にわたり、日雇い労働者、寄せ場・ドヤ街、ホームレスを調査。博士論文は主に横浜・寿町で調査を行い、Men of Uncertainty: The Social Organization of Day Laborers in Contemporary Japan (2001)として出版。日本語での著作としては、「日本の都市路上に散った男らしさ:ホームレス男性にとっての自立の意味」(サビーネ・フリューシュトゥック/アン・ウォルソール編『日本人の「男らしさ」:サムライからオタクまで「男性性」の変貌を追う』明石書店、2013)など。また、福島原発事故被災者調査を行い、共著『東日本大震災の人類学』(人文書院、2013)を編集。本書の英語版としてYokohama Street Life: The Precarious Career of a Japanese day Laborer (Lexington Books, 2015) が出版されている。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2021/03/11 13:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/02/13 23:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。