サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー -作家で探す-”はじめての”小説 ポイント5倍キャンペーン  ~2/17

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2020/11/16
  • 出版社: 田畑書店
  • サイズ:19cm/364,39p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8038-0378-5

紙の本

愚かな風 忖度時代の政権とメディア

著者 山田 健太 (著)

この15年の間に何が起きたのか。2005年から2020年までの言論の自由に関わる出来事を中心に取り上げ、論評と年表で日本の実像を解き明かす。『琉球新報』『東京新聞』連載を...

もっと見る

愚かな風 忖度時代の政権とメディア

税込 2,530 23pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

この15年の間に何が起きたのか。2005年から2020年までの言論の自由に関わる出来事を中心に取り上げ、論評と年表で日本の実像を解き明かす。『琉球新報』『東京新聞』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

この十五年に何が起きたか――
過去を知ることが次の時代を拓く!
論評と年表で解き明かす日本の実像。

『愚かな風―忖度時代の政権とメディア』は、2020年9月分まで、4年間約百篇のメディア時評を月順に並べ、論評のクロニクルから現代日本の実像を解き明かしていきます。

 また戦後より今日までの年表「言論表現の自由を巡る動き(39頁)」も収録。

 安倍政権末期までの4年間は、それまで以上に政権の権力乱用とメディアへの介入が行われ、報道の自由の危機は一層深まりました。

 その推移をクロニクルとして整理し直し、事実(FACT)を忘れないためにも、国民の信頼に足るメディアと政治の関係を想起するためにも、必要となる1冊です。


「一言で言えば「表現の自由の縮減」とも呼べる、この間の変化をもたらしたのはもちろん、政権の打ち出した施策の結果であるが、同時にそれらを一貫して高支持率で支えた国民の意思でもあった。ただし政権と国民の間で、メディア、とりわけ新聞やテレビが果たした役割は小さくない。こうした政権とメディアの関係性を、「見張塔からずっと」(ボブ・ディラン)というタイトルに込め出版したのが前著の経緯だ。(中略)その後の状況は残念ながら改善の兆しがどころか、むしろ大きく悪化したいえるだろう。それは、本書に収めた約百篇からも如実に理解していただけるはずだ。そうしたことから、本書のタイトルは同じくディランの唄から「愚かな風」(Idiot Wind)とした。まさに現在のネットを中心にデマや誹謗中傷が飛び交い、為政者自身が「もう一つの真実」をごり押しする時代を予感したかの一曲だ。(「はじめに」より)」【商品解説】

目次

  • はじめに
  • 2016
  • 記者の倫理 9.10/16
  • 実名報道再考 10.08/16
  • 言論の自由と権力 11.12/16
  • キュレーション サイトの闇 12.16/16
  • 2017
  • 共謀罪四度目の上程 01.14/17

著者紹介

山田 健太

略歴
〈山田健太〉1959年京都生まれ。専修大学ジャーナリズム学科教授。専門は言論法、ジャーナリズム研究。著書に「沖縄報道」「放送法と権力」「法とジャーナリズム」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。