サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

BOOK FUN LETTER 2021~好きな誰かに、好きな本のこと、手紙を書いて伝えよう~(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 芸術・アートの通販
  4. 音楽の通販
  5. アルテスパブリッシングの通販
  6. オリヴィエ・メシアンの教室 作曲家は何を教え、弟子たちは何を学んだのかの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2020/11/16
  • 出版社: アルテスパブリッシング
  • サイズ:22cm/741p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86559-205-4
  • 国内送料無料

紙の本

オリヴィエ・メシアンの教室 作曲家は何を教え、弟子たちは何を学んだのか

著者 ジャン・ボワヴァン (著),平野 貴俊 (訳),小鍛冶 邦隆 (日本語版監修)

【フランス演劇・音楽・舞踊批評家組合最優秀音楽論賞(1995年)】【フランス学士院アカデミー・デ・ボザール・ベルニエ賞(1995年)】ブーレーズ、シュトックハウゼン、クセ...

もっと見る

オリヴィエ・メシアンの教室 作曲家は何を教え、弟子たちは何を学んだのか

税込 8,800 80pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【フランス演劇・音楽・舞踊批評家組合最優秀音楽論賞(1995年)】【フランス学士院アカデミー・デ・ボザール・ベルニエ賞(1995年)】ブーレーズ、シュトックハウゼン、クセナキス…。綺羅星のごとき教え子たちを前に、彼は何を語ったのか。フランスの作曲家オリヴィエ・メシアンのパリ音楽院における音楽教育の全貌を、弟子たちの証言に基づいて明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

この部屋から、20世紀音楽が生まれた──
古色蒼然たる音楽院の一室で、彼は何を語ったのか。
証言と回想から「伝説のクラス」の全貌が蘇る!

「選ばれし師は開眼させてくれるのです。
 ただ彼がそこにいるということ、
 あるいはその振る舞い、その存在によって、
 あるいは彼個人の厳格さを垣間みせる指摘を通して」
 ──ピエール・ブーレーズ

ブーレーズ、シュトックハウゼン、クセナキス、
アンリ、ミュライユ、グリゼー、ベロフ……
綺羅星のごとき教え子たちを前に、
古色蒼然たる音楽院の一室で、
彼は何を語ったのか──
証言と回想から「伝説のクラス」の全貌が蘇る!

20世紀最大の作曲家のひとりであるオリヴィエ・メシアン(1908–1992)は、類い稀なる教育者でもあり、その教室からはブーレーズ、シュトックハウゼン、クセナキスなど、その後師とともに20世紀音楽を担う綺羅星のごとき大作曲家たちが巣立っていった。

本書は、メシアンが戦時下の1941年──あの《時の終わりのための四重奏曲》を作曲した収容所から解放されたのち──、パリ国立高等音楽院に着任してから、およそ半世紀にわたって力を注いだ音楽教育の全貌を、弟子たちの証言にもとづいて初めて明らかにするとともに、彼らが師にいかに傾倒し、その教えを継承し、あるいは反撥しながら20世紀音楽を切り拓いていったかを跡づける音楽ドキュメンタリーの傑作である。

メシアン自身の音楽観だけでなく、中世・ルネサンス期の音楽からバッハ、ベートーヴェン、ワーグナー、ショパン、ドビュッシー、そしてストラヴィンスキーにいたる過去の音楽を、彼がいかに評価し論じたかを知ることのできる貴重なドキュメントともなっている。

「1940年代の末からその音楽が世界各地で演奏されてきた作曲家が、
 モーツァルトの音楽や鳥の歌ひとつに文字どおりひれ伏している、
 その姿を一目見るだけで、どれほど悲観的な人であっても、
 芸術に対する揺るぎない信頼と芸術のもつ力を確信せざるをえない」
 ──本書「終章」より【商品解説】

目次

  • 日本語版によせて(ジャン・ボワヴァン)
  • 『オリヴィエ・メシアンの教室』序文(小鍛冶邦隆)
  • 序章
  •  1 複数でありながらも唯一の教室
  •  2 堅く守られた秘密
  •  3 ヒズ・マスターズ・ヴォイス
  •  4 「どうぞお話しください」
  •  5 謝辞

著者紹介

ジャン・ボワヴァン

略歴
〈ジャン・ボワヴァン〉シェルブルック大学教授。『ケベック音楽協会誌』編集長。「オリヴィエ・メシアンの教室」でフランス演劇・音楽・舞踊批評家組合の最優秀音楽論賞などを受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。