サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~1/31

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  よりよい人間関係のために ー学び直しと悩み解決のヒントー ~2/16

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2020/12/02
  • 出版社: CCCメディアハウス
  • サイズ:19cm/221p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-484-20226-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

恋するサル 類人猿の社会で愛情について考えた

著者 黒鳥英俊 (著)

育児放棄された赤ちゃんチンパンジーを、血のつながりがないメスがわが子同然に育てる。強いゴリラが小さなダンゴムシをやさしくペットのように扱う。時には、飼育員に恋もし…。伝説...

もっと見る

恋するサル 類人猿の社会で愛情について考えた

税込 1,650 15pt

恋するサル 類人猿の社会で愛情について考えた

税込 1,320 12pt

恋するサル 類人猿の社会で愛情について考えた

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 18.2MB
Android EPUB 18.2MB
Win EPUB 18.2MB
Mac EPUB 18.2MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

育児放棄された赤ちゃんチンパンジーを、血のつながりがないメスがわが子同然に育てる。強いゴリラが小さなダンゴムシをやさしくペットのように扱う。時には、飼育員に恋もし…。伝説の飼育員が、類人猿の愛の物語を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

支配しない。理解する。
伝説の飼育員が見た、「男女の愛」「血を超えた親子の愛」「種を超えた愛」。
人間関係に疲れたら、動物園へ出かけよう。

育児放棄された赤ちゃんチンパンジーを、まったく血のつながりがないメスがわが子のように育てる。強い握力を持つゴリラが、小さなダンゴムシをそっとやさしくペットのように扱う。ときには、飼育員に恋もする。飼育員が困っていると率先して助けてくれるオランウータンもいる。上野動物園や、多摩動物園で、長きにわたり大型類人猿(ゴリラ、オランウータン、チンパンジー)を担当してきた伝説の飼育員が目撃した、心あたたまる愛の実話。

飼育員といえば、動物の世話を「してあげる」人たちと思われているが、そうではない。動物に「仕えている」というスタンスで仕事をするのが、彼らと仲良くするコツだ。高度な知能を持つ大型類人猿に対して、私たちは、それでもやはりヒトのほうが賢いと思っている。しかし、彼らのいちばん身近で過ごす飼育員だった私は、彼らのほうがずっと賢いと思うことがよくあった。たとえば、言葉を持たないゴリラを納得させようとすると、その場しのぎのごまかしや嘘、先送りは通用しない。納得するまで、相手としっかり向き合わなければならない。言葉があるせいで誤解し合ったり、揉めたりしてしまう私たちのコミュニケーションに比べると、ゴリラとのコミュニケーションはシンプルだが、心を通わせるという意味においては、ずっと本質的かもしれない。大型類人猿と私たちとでは流れる時間が少し違う。それでも、焦らず、支配しようとせず、理解しようとする。種を超えた生き物どうしが仲良くする秘訣であり、これは違う人間どうしが仲良くする場合のヒントとなるかもしれない。【商品解説】

目次

  • ■はじめに
  • ■第1章 動物園という社会
  • 私たちみな、類人猿/この地球に類人猿は何頭いる?/40年前の動物園、いまの動物園/職人気質の男社会/ワシントン条約が意識を変えた/散らかっていたゴリラの聖地/動物福祉と環境エンリッチメント/動物を退屈させたくないけれど/介護問題と安楽死/上野はタンチョウ、ゴリラはフランクフルト?
  • ■第2章 ゴリラの愛
  • ほんの小さな「森の巨人」/病んでテレビを見るゴリラ/京都の看板娘とブルブル/ゴリラが好きなゴリラ、ヒトが好きなゴリラ/もどかしい恋にはお酒の力?/気のいいトヨコの受難/ブルブルからのプレゼント/希少種の繁殖を目指す「ズーストック計画」/上野にゴリラが大集合/ハンガーストライキとツナパン/メスの尻に敷かれるオス/思いやりがあるオス/ブルブルの死が教えてくれたこと/子ども時代を社会の一員として過ごす意味/小さきものを愛でる心/1頭をめぐる女の闘い/ゴリラに学ぶ「モテ」のヒント/ゴリラは死を理解するのか/ビジュの忘れ形見/因縁の女2頭の貢献/愛しきゴリラたち、その後/ゴリラv.s.新人飼育員/マッチョなヒトのオス、嫌い/ヒトをからかうのは面白い!? /言葉のすれ違いがない社会で
  • ■第3章 チンパンジーの愛
  • 嘘みたいな人工受精作戦/母性はあるけど扱い方がわからない/引退したチンパンジーたちが住む島/養母に育てられたリーダー/チンパンジーの子殺し/チンパンジー社会に戻すための人口哺育/養母にぴったりなのは誰?/血のつながりを超えた親子/弱虫かあさんの勇気/序列をめぐる駆け引きがある社会で
  • ■第4章 オランウータンの愛
  • リアルな自然の森につながる飼育施設/多摩のオランウータン史/シンガポールから来た青年オランウータン/引越し作戦①:旧飼育舎から仮住まいへ/退屈しない仮暮らしを/ハーモニカの演奏会/掃除が得意なジプシー/自分なりの工夫をする能力/引越し作戦②:仮住まいから新飼育舎へ/オランウータンたち、スカイウォークを渡る/ジプシー、自力で部屋に帰る/ジプシー、星を眺める/食い道楽なジプシー/貫禄あるボルネオのスカイウォーク/「あっちへ、行ってなさい!」/上野のモリーと10年ぶりの再会/芸術家肌のモリー/閉ざした心を開いたジュリー/母性あふれるやさしいジュリー/ジプシーの死を乗り越えて/動物園と自然をつなぎ、未来へ
  • ■おわりに

著者紹介

黒鳥英俊

略歴
〈黒鳥英俊〉1952年生まれ。北海道出身。京都大学大学院理学研究科後期博士課程単位取得退学。日本オランウータン・リサーチセンター代表理事。著書に「オランウータンのジプシー」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ただただ感動

2020/12/25 09:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オランマニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

動物が好きで、動物園に通うようになり30年以上。

黒鳥さんが飼育員としていらっしゃた時も知っているのですが、飼育員として動物を見るのではなく、心から目の前にいる動物たちを愛し尊敬をしている事は感じていた。

しかしこの本を読んでからは、動物たちがいる意味や存在を大事にし観察をして行こうと思わされた。

特に類人を担当する現役飼育員さんは、是非とも参考にしてもらいたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。