サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~11/30

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(1127-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. エンタメ・テレビ・タレントの通販
  4. 芸能・タレントの通販
  5. 新潮社の通販
  6. 明石家さんまヒストリー 1 「明石家さんま」の誕生の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2020/11/17
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/428p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-353781-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

明石家さんまヒストリー 1 「明石家さんま」の誕生

著者 エムカク (著)

「国民的芸人」明石家さんまの“歴史”を克明に記録。1は、誕生から少年時代、落語界入門、大恋愛、大阪でのブレイク、「ひょうきん族」のスタートまでを収録。メールマガジン『水道...

もっと見る

明石家さんまヒストリー 1 「明石家さんま」の誕生

税込 1,980 18pt

明石家さんまヒストリー1 1955~1981 「明石家さんま」の誕生

税込 1,980 18pt

明石家さんまヒストリー1 1955~1981 「明石家さんま」の誕生

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 7.5MB
Android EPUB 7.5MB
Win EPUB 7.5MB
Mac EPUB 7.5MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「国民的芸人」明石家さんまの“歴史”を克明に記録。1は、誕生から少年時代、落語界入門、大恋愛、大阪でのブレイク、「ひょうきん族」のスタートまでを収録。メールマガジン『水道橋博士のメルマ旬報』連載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

生まれた時から、ずっと面白い! 「国民的芸人」の歴史を辿るシリーズ第一弾。少年時代から落語家への入門、大阪での活躍、『ひょうきん族』スタートまで、若き日の明石家さんまの“歴史”を、本人の発言や膨大な資料をもとに克明に記録。師匠のもとで芸を磨き、芸人仲間と切磋琢磨しながら順調にスターの階段をのぼる一方で、芸を捨てる覚悟をした大恋愛、ブレイク前夜の挫折など、苦くも充実した“青春時代”の姿を浮かび上がらせる。人生を「明石家さんま研究」に捧げた男による、渾身のデビュー作!【商品解説】

著者紹介

エムカク

略歴
〈エムカク〉1973年福岡県生まれ。明石家さんま研究家。ライター。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

さんまさんは

2021/08/12 16:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おどおどさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

私が物心ついた時は、もうスターで、私は、どちらかというと、その下の世代のダウンタウンとかが好きでした。しかし、私がハロプロが好きな事もあって、気づいたら、そのハロプロメンバーが出演しているラジオ「明石家さんまのヤングタウン土曜日」を聴くのは、毎週の楽しみで、知らぬ間に、さんまさんのおしゃべりのトリコになっていました。
そんな、明石家さんまさん、もっと知りたいです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

知らないこと

2021/02/01 17:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はたけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ばかりでした。一人の芸人として、断片的な知識はありましたが、ここまで深いことを知ることができたのはよかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

とにかく面白い!

2020/12/27 17:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:dsukesan - この投稿者のレビュー一覧を見る

めちゃくちゃ、面白い!読んでいく中、脳内で「明石家さんま」のしゃべりが再生されて、いちいち笑ってしまう。
よくぞここまで、調べてくれたものだと思う。非常に濃密な筆致で、明石家さんまの歴史が描かれていく。もはや、一人の芸人を対象とした、オーラルヒストリー、聞き語りの研究書の域に達していると思われる。
そして、明石家さんまの人間形成・芸人としての力をつけていく上で、笑福亭松之助師匠と桂三枝(現、文枝)が大きな影響を与えていたこともよくわかる。
また登場する様々な芸人が、芸を行う上で、人間観や人間性を重要視している言葉が、端々に見られ、「芸道」というものを改めて考えさせられた。
・笑福亭松之助師匠が、禅の本をよく読んでいたこと、落語の前に人間ということで人間性を磨けという考えをしていたこと、
・桂三枝の「芸の上で体力が必要。芸の体力というのは、引き出しの多さ、人生経験の貯金なんですね」という言葉、
・明石家さんまの「継続は力なり」、「いまを生きる」といった言葉、
・立川談志の「若手に言いたいことは、己の物の見方・人生観をぶつけてみたらどうか」、「落語家は業を肯定していく家業、人生なんてカッコ悪いものだということを語る家業」という言葉。
特に、談志の「落語家は業を肯定していく家業」という言葉で、自分が何故、漫画「じゃりン子チエ」を面白いのかということがわかった。あの漫画は、テツをはじめ登場人物たちがカッコ悪くドタバタと生きる喜劇の中で、生きるという業を肯定しているから、面白いのだ。
こういう、「芸道」の奥深さを端々に感じながら、「何故、明石家さんまがこれだけおもろく、愛されるのか」、「何故、おもろいものは、おもろいのか」がよくわかる一冊だった。
TVやラジオ、各種記事を読み込みここまで、まとめ上げた筆者の力に感嘆と称賛と感謝を贈りたい。続刊も出る様なので、非常に楽しみである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/04/07 21:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/12/19 06:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/03/05 20:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/09/25 19:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/02/07 21:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/06/05 10:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/12/27 17:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/05/31 03:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/09/16 11:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。