サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  ~佐伯泰英先生『居眠り磐根 決定版』(文春文庫)完結記念~ 時代小説に溺れる  ~5/26

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2020/12/14
  • 出版社: アルテスパブリッシング
  • サイズ:19cm/330p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86559-229-0

紙の本

神の降り立つ楽堂にて 礒山雅随想集

著者 礒山 雅 (著),森岡 めぐみ (編著)

ホール運営の現場に飛び込んだ世界的バッハ学者は、聴衆にどんな音楽体験を提供しようとしたのか。住友生命いずみホールの演奏会企画を牽引した礒山雅が同館情報誌に寄せたエッセイや...

もっと見る

神の降り立つ楽堂にて 礒山雅随想集

税込 2,420 22pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ホール運営の現場に飛び込んだ世界的バッハ学者は、聴衆にどんな音楽体験を提供しようとしたのか。住友生命いずみホールの演奏会企画を牽引した礒山雅が同館情報誌に寄せたエッセイや論考をまとめる。【「TRC MARC」の商品解説】

「住友生命いずみホール」開館から30年、音楽ディレクターとして演奏会企画を牽引。
ホール運営の現場に飛びこんだ世界的バッハ学者は、聴衆にどんな音楽体験を提供しようとしたのか──。
没後2年、初のエッセイ集でたどるコンサートホールと音楽学者の協働の軌跡。

「音楽に引き込まれ、全身耳になるような状態で没入したときの経験は、
 いつまでも心に残り、追憶されるだろう。
 そうした場を提供することにこそ、コンサートホールの役割がある」
 ──礒山 雅(1946–2018)

1990年4月、大阪に誕生したクラシック音楽専用ホール「いずみホール」(現・住友生命いずみホール)が、開館にあたって音楽面のトップとして招いたのは、コンサートの現場に精通したプロデューサーではなく、ひとりの音楽学者だった。

日本を代表する音楽学者でJ.S.バッハ研究の国際的権威として知られた礒山雅(元国立音楽大学招聘教授、日本音楽学会元会⻑)が、2018年不慮の事故により逝去するまで約30年間にわたって、音楽ディレクターとして展開したいずみホールとの協働は、コンサート・プロデュースとアカデミックな研究が切り結び、まったく新しい価値が生み出される音楽のフロンティアとなった。

本書は、礒山がいずみホールの情報誌『Jupiter』の巻頭に、創刊号から毎号したためた馥郁たる名文を集成したエッセイ集であると同時に、同誌編集長の森岡めぐみを中心に、住友生命いずみホールの協力により、礒山とホールとの協働を振り返り、「音楽学者がコンサートホールの音楽ディレクターをつとめ、演奏会をプロデュースする」という、これまで日本では例のなかった試みがどのように展開されたのか、立体的に浮かび上がらせた異色の書である。

礒山没後、2020年にまでわたる「礒山雅・いずみホール企画年表」も掲載。【商品解説】

目次

  •   はじめに
  • 第1部 礒山雅といずみホールの三〇年
  • 1 音楽学者のいるコンサートホール(森岡めぐみ)
  • ◇礒山雅といずみホールの歴史
  •   “音楽の泉”を豊かに湧き出させたい
  •   女神とともに
  • ◇ドラマトゥルクとしての音楽ディレクター
  •   わかりやすさ

著者紹介

礒山 雅

略歴
〈礒山雅〉1946〜2018年。東京都生まれ。音楽学者。J.S.バッハ研究の権威。いずみホール(現・住友生命いずみホール)音楽ディレクターなどを務めた。著書に「ヨハネ受難曲」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2021/01/24 08:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。