サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  “翻弄される”愉しみ~意外な展開、複雑な恋心、衝撃の結末~ 10/27

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2020/12/17
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波文庫
  • サイズ:15cm/441p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-336083-5
文庫

紙の本

人生談義 上 (岩波文庫)

著者 エピクテトス (著),國方 栄二 (訳)

ローマ帝国に生きた奴隷出身の哲学者エピクテトス。精神の自由を求め、何ものにも動じない強い生き方が、弟子による筆録から浮かび上がる。上は、「語録」第1・2巻を収録。【「TR...

もっと見る

人生談義 上 (岩波文庫)

税込 1,243 11pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

人生談義(岩波文庫)セット

  • 税込価格:2,62923pt
  • 発送可能日:1~3日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ローマ帝国に生きた奴隷出身の哲学者エピクテトス。精神の自由を求め、何ものにも動じない強い生き方が、弟子による筆録から浮かび上がる。上は、「語録」第1・2巻を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

「君は私の足を縛るだろう。だが、私の意志はゼウスだって支配することはできない」。ローマ帝国に生きた奴隷出身の哲人エピクテトスは、精神の自由を求め、何ものにも動じない強い生き方を貫いた。幸福に生きる条件を真摯に探るストア派哲学者の姿が、弟子による筆録から浮かび上がる。上巻は『語録』第一・二巻を収録。(全二冊)【商品解説】

目次

  • 凡 例
  • 『語 録』
  • 冒頭の挨拶状
  • 第一巻
  •  第一章 われわれの力の及ぶものとわれわれの力の及ばないもの
  •  第二章 どのようにして人はあらゆる場合に人格にかなったことを保持することができるのか
  •  第三章 神が人間の父であるということから、どのようなことが結果するのか

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

堅苦しくない談義書

2021/05/23 08:45

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:岩波文庫愛好家 - この投稿者のレビュー一覧を見る

或る程度のボリュームのある本書ですが、文字も最近の岩波文庫らしく大きいので、読み易いです。そして何より会話の遣り取りで進んでいく為、多少技巧的な表現があるものの、読み物的にサクサク読んでいく事が出来ます。
 本書の中身としては『メノン』や『ゴルギアス』といった書に類する構成となっており、ただそれらよりはもう少し簡潔な印象です。読み手側は比較的頷けるトピックスが多い気がします。個人的に成程と思えた内容は以下の事です。
「服をなくしました。」「それは、服を持っていたからだ。」に続き、「どうして君は腹を立てるのか。それは所有のあるところに損失があり、苦労もあるからだ。」
 ここ迄達観出来れば思い悩む事はないのですが・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

古代ギリシアのストア哲学者の代表作です!

2021/04/05 10:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、古代ギリシアのストア派の哲学者であるエピクトテスの弟子たちによって書かれた書です。彼の『語録』と『提要』はとても有名で、この二つはすべてのストア哲学のテキストの中でおそらくもっとも広く読まれ、影響力の大きなものであると言われているものです。同書は岩波文庫から上下2巻シリーズで刊行されており、同書上巻はその『語録』の第1と第2が収録されています。「君は私の足を縛るだろう。だが、私の意志はゼウスだって支配することはできない」という言葉で始まる同書は、ローマ帝国に生きた奴隷出身の哲人エピクテトスが、精神の自由を求め、何ものにも動じない強い生き方を貫いたことがよく表れています。ぜひ、この古典を読んでみてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/04/17 19:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/02/17 22:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/01/02 00:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。