サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2021/01/20
  • 出版社: みすず書房
  • サイズ:20cm/291,38p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-622-08963-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

絶望死のアメリカ 資本主義がめざすべきもの

著者 アン・ケース (著),アンガス・ディートン (著),松本 裕 (訳)

白人中年アメリカ人を蝕む、薬物過剰摂取、アルコール中毒、自殺による「絶望死」。アメリカ労働者階級を死に追いやりつつある資本主義の欠陥を冷静に分析し、資本主義の力を取りもど...

もっと見る

絶望死のアメリカ 資本主義がめざすべきもの

税込 3,960 36pt

絶望死のアメリカ――資本主義がめざすべきもの

税込 3,960 36pt

絶望死のアメリカ――資本主義がめざすべきもの

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 8.3MB
Android EPUB 8.3MB
Win EPUB 8.3MB
Mac EPUB 8.3MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

白人中年アメリカ人を蝕む、薬物過剰摂取、アルコール中毒、自殺による「絶望死」。アメリカ労働者階級を死に追いやりつつある資本主義の欠陥を冷静に分析し、資本主義の力を取りもどす筋道を提示する。【「TRC MARC」の商品解説】

ノーベル経済学賞受賞者の最新作。

「これ以上、時宜にかない、しかも、希望に満ちた本を想像するのは難しい」
ロバート・パットナム(ハーバード大学教授)

「経済が繁栄し、株式市場が急騰するかげで、低学歴者が不可視化され、何十万もの死がもたらされていることを明らかにしている」
アトゥール・ガワンデ(ハーバード大学教授)

「あらゆる市民が読み、議論すべき書だ」
マーヴィン・キング(元イングランド銀行総裁)

「過去半世紀に、さまざまな生き方が、どのようにして擦り切れ、そしてバラバラになってきたか、さらに、アメリカの能力主義がいかに残酷かを書き尽くそうとしている」
ジョシュア・シャフィン(『フィナンシャル・タイムズ』紙)

「本書は2014年夏、モンタナの山小屋で生まれた。私たちは毎年8月になると、ヴァーネイ橋が架かるマディソン川が近くに流れる集落で、マディソン山脈を眺めながら過ごすことにしている。私たちは幸福と自殺の関係について調査すると決めていた。不幸せな場所——自分の人生がまったくうまくいっていないと感じている人々が暮らす郡、都市、国——ではやはり自殺が多いのかどうかを調べることにしていたのだ。この1年間におけるモンタナ州マディソン郡の自殺率は、私たちが1年の残り11カ月を過ごすニュージャージー州マーサー郡のそれよりも4倍高かった。私たちはその事実に興味を覚えた。というのも、モンタナで私たちはおおむね楽しく過ごしていたし、モンタナに住む人々も幸せに暮らしているように見えたからだ。
調査の過程で、中年の白人アメリカ人の自殺率が急速に増えていることがわかった。…驚いたことに、中年の白人の間で増えていたのは自殺率だけではなかった。すべての死因による死亡率が増えていたのだ。…もっとも増加率の高い死因は三つに絞られた。自殺、薬物の過剰摂取、そしてアルコール性肝疾患だ。私たちは、これらを「絶望死」と呼ぶことにした。…絶望死が増えているのは、ほとんどが大学の学位を持たない人々の間でだった」(はじめに)

「私たちが望むのは、死のエピデミックの純然たる恐ろしさ、そしてレントシーキングと上向きの再分配が生み出した極端な不平等に向き合うことで、これまで長く考えられてきた数々の構想が実行に移されることだ。その時はとっくに訪れている」(最終章)

アメリカ労働者階級を死に追いやりつつある資本主義の欠陥を冷静に分析し、資本主義の力を取り戻す筋道を提示する。【商品解説】

目次

  • 序文
  • はじめに──午後の死
  • 第I部 序章としての過去
  • 第1章 嵐の前の静けさ
  • 生と死を記録する/死亡率の変わりゆく側面/生物学と生活習慣
  • 第2章 バラバラになる
  • アメリカの例外論。過去との決別。置き去りにされる下層民──さまざまな事実/死亡率の地理学/持ちこされる問題──年齢とコホート効果

著者紹介

アン・ケース

略歴
〈アン・ケース〉プリンストン大学経済学・公共問題名誉教授。同大学開発研究リサーチプログラム所長。
〈アンガス・ディートン〉プリンストン大学経済学・国際問題名誉教授。南カリフォルニア大学経済学学長教授。ノーベル経済学賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

最後の、14~16章は必ず読んでください

2021/05/07 10:42

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぱんださん - この投稿者のレビュー一覧を見る

テーマは白人層の中毒死増加ですが、コロナ前より言われはじめた、行き過ぎた資本主義について考えさせられる本です。
アメリカで社会問題になっても、同じ企業がまた他国で同じ方法で儲けに走ることが多いので、アメリカ人ではない私たちもちゃんと知っておかないといけない話です。
重いテーマなので、なかなか読み進まないかもしれませんが、その場合でも最後の3章分は読んでください。そして、自分の頭で考えて。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/03/19 21:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/05/02 10:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/04/07 21:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/12/23 15:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/01/20 20:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/07/12 17:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/12/30 20:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/12/22 23:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/06/26 12:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/04/27 16:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/08/19 07:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/12/19 12:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/05/23 19:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/05/10 10:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。