サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『縦横斜めから読む歴史~科学・食・感染症・失われたもの・偽物~』 ポイント5倍キャンペーン  ~1/5

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政の通販
  4. 政治・行政の通販
  5. 影書房の通販
  6. これが民主主義か? 辺野古新基地に“NO”の理由の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2021/01/29
  • 出版社: 影書房
  • サイズ:21cm/206p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-87714-487-6

紙の本

これが民主主義か? 辺野古新基地に“NO”の理由

著者 新垣 毅 (著),稲嶺 進 (著),高里 鈴代 (著),高木 吉朗 (著),宮城 秋乃 (著),木村 草太 (著),紙野 健二 (著),前川 喜平 (著),安田 浩一 (著)

〈基地負担軽減〉や〈普天間の危険除去〉を言いながら、現実や歴史、法律さえねじ曲げ、強権までも発動して、〈辺野古新基地建設〉という新たな負担を押しつけようとしている−。日本...

もっと見る

これが民主主義か? 辺野古新基地に“NO”の理由

税込 2,090 19pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

〈基地負担軽減〉や〈普天間の危険除去〉を言いながら、現実や歴史、法律さえねじ曲げ、強権までも発動して、〈辺野古新基地建設〉という新たな負担を押しつけようとしている−。日本政府の反民主主義的手法を問う。【「TRC MARC」の商品解説】

2019年2月、沖縄県民は県民投票で「辺野古埋め立て❝NO❞」の民意を示しました。
しかし、国はその結果を一顧だにせず、辺野古の海への土砂投入を強行しつづけています。

これは、民主主義国の健全な姿と言えるでしょうか?

沖縄では、米軍関係の事件・事故が、沖縄戦の終結前後から今日までとぎれることなく発生してきましたが、そのたびに沖縄県民は抗議の意思を示してきました。

それでも国は、〈基地負担軽減〉や〈普天間の危険除去〉を言いながら、現実や歴史、法律さえねじ曲げ、時に沖縄への〈差別〉を助長し、強権までも発動して、〈辺野古新基地建設〉という新たな負担を押しつけようとしています。

〈国防〉の名の下に、沖縄の民意を押しつぶす政治が続いています。
それを止めるのが民主主義社会ではないでしょうか。【商品解説】

目次

  • ■辺野古新基地建設を強行する安倍政権の異常な手法……新垣 毅
  • ■ゆがめられる沖縄の自治――沖縄予算を懐柔策に利用する日本政府……稲嶺 進
  • ■日米同盟関係から生じる構造的性暴力……高里鈴代
  • ■基地被害を下支えする日米地位協定の壁……高木吉朗
  • ■基地負担軽減は本当か……新垣 毅
  • ■汚された世界遺産候補地――北部訓練場返還地……宮城秋乃
  • ■沖縄に対する差別と適正手続き――憲法の視点から……木村草太
  • ■法治主義と地方自治をゆがめる辺野古新基地建設の強行……紙野健二
  • ■安倍政権が押しつけた歴史・公民教育――2つの沖縄教科書問題……前川喜平
  • ■〝沖縄ヘイト〟――基地反対の民意へのバッシング……安田浩一

収録作品一覧

辺野古新基地建設を強行する安倍政権の異常な手法 新垣毅 著 13−28
ゆがめられる沖縄の自治 稲嶺進 著 29−45
日米同盟関係から生じる構造的性暴力 高里鈴代 著 47−64

著者紹介

新垣 毅

略歴
〈新垣毅〉1971年生まれ。沖縄県出身。琉球新報論説委員・政治部長。
〈稲嶺進〉1945年生まれ。沖縄県出身。前名護市長。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。