サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

honto9周年 ポータルページ ~6/30

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政の通販
  4. 政治・行政の通販
  5. 同時代社の通販
  6. 夜郎自大の30年 蘇る言論圧殺の悪夢 身の程を弁えず尊大になる 大正期と昭和戦前期の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2021/01/28
  • 出版社: 同時代社
  • サイズ:20cm/200p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-88683-893-3

紙の本

夜郎自大の30年 蘇る言論圧殺の悪夢 身の程を弁えず尊大になる 大正期と昭和戦前期

著者 横田喬 (著)

日露戦争から日中・太平洋戦争にいたる30年の政治史をたどると、日本学術会議任命問題の重大性がみえてくる! 学術会議任命問題の重大性や、政治腐敗などを論じる。『大法輪』連載...

もっと見る

夜郎自大の30年 蘇る言論圧殺の悪夢 身の程を弁えず尊大になる 大正期と昭和戦前期

税込 1,980 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日露戦争から日中・太平洋戦争にいたる30年の政治史をたどると、日本学術会議任命問題の重大性がみえてくる! 学術会議任命問題の重大性や、政治腐敗などを論じる。『大法輪』連載のほか、新たな論考を加えて書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

歴史に顔を背ける者は、過ちを繰り返す――。
日本人はなぜ「戦争」を選んできたのか?
現代の空気感は、かつて通ってきた道と似てはいないか?
日露戦争から日中・太平洋戦争にいたる30年の政治史をたどると、
日本学術会議任命問題の重大性がみえてくる!【商品解説】

目次

  •  はじめに
  • 第一部 昭和戦前期と現代の空気感の相似――学術会議任命問題の重大性
  •  第一章 歴史は繰り返す
  •     第一節 加藤陽子教授の主著を読む
  •     第二節 宇野重規教授の主著を読む
  •     第三節 他の四教授の横顔と反論
  •  第二章 もう一つの「坂の上の雲」

著者紹介

横田喬

略歴
〈横田喬〉1935年富山県生まれ。東京大学文学部仏文学科卒業。元朝日新聞社会部記者。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

大変に「怒り」の強い本故、のめり込んで読むと、その怒りが「移る」

2021/02/25 02:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オカメ八目 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「夜郎自大」とは、極端な知ったかぶりで、ネットで引くと「身の程知らずに威張ったりする」と言った感じで出てくる。 絵的に言えば、酒に弱い人が、泥酔して足元がフラフラしておぼつかず「俺ハ酔ッテナンカ、イナイゾ〜〜〜〜〜〜ッ!!」と叫んでいる様な物だ。また、ドン・キ・ホーテの様でもあり、風車を巨人と思い、羊の群れを敵の大軍と思ったりする。 牛と大きさ比べしてパンクする蛙の話にもにてるーーーーそりゃ「何とかのタネは、つきまじ(無くならない)」で、幾らでもこれに似たよう様な話は、探せば、芋ずる式に出てこようと言う物だ。 ここからが肝心で、もしも、これが「基本」だとしたら、我らは、また繰り返すと言うことになる。 だから、この「怒り」少しづ知って(怒りそのもののままだと、ぶっ壊れてしまうから)「怒りのワクチン化」をして、知っておく「必要」がある。ーーー「日の下に新しきものなし」とは、ガッカリしろと言うので無く、『何度で学べ』と言うことととった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。