サイト内検索

詳細検索

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  “翻弄される”愉しみ~意外な展開、複雑な恋心、衝撃の結末~ 10/27

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 37件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2021/01/26
  • 出版社: 集英社
  • サイズ:20cm/520p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-771733-4

紙の本

アクティベイター

著者 冲方丁 (著)

羽田空港に突如、中国のステルス爆撃機が飛来した。女性パイロットは告げる。「積んでいるのは核兵器だ」と。これはテロか、宣戦布告か−。展開予測不能の国際サスペンス。『小説すば...

もっと見る

アクティベイター

税込 2,090 19pt

アクティベイター

税込 2,090 19pt

アクティベイター

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 6.1MB
Android EPUB 6.1MB
Win EPUB 6.1MB
Mac EPUB 6.1MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

羽田空港に突如、中国のステルス爆撃機が飛来した。女性パイロットは告げる。「積んでいるのは核兵器だ」と。これはテロか、宣戦布告か−。展開予測不能の国際サスペンス。『小説すばる』連載を加筆・修正。【「TRC MARC」の商品解説】

標的は、日本国民1000万人――。

羽田空港に突如、中国のステルス爆撃機が飛来した。
女性パイロットは告げる。「積んでいるのは核兵器だ」と。

核テロなのか、あるいは宣戦布告なのか。
警察庁の鶴来(つるぎ)は爆撃機のパイロットを事情聴取しようとするが、護送中に何者かに拉致されてしまう。

囚われた彼女を助けたのは鶴来の義兄で警備員の真丈(しんじょう)だった。
真丈は彼女に亡き妹の姿を重ね、逃亡に手を貸す決意をする。

核起爆の鍵を握る彼女の身柄をめぐり、中国の工作員、ロシアの暗殺者、アメリカの情報将校、韓国の追跡手が暗闘する。

一方、羽田には防衛省、外務省、経産省の思惑が交錯する。

いったい誰が敵で、誰が味方なのか。なぜ核は持ち込まれたのか。
爆発すれば人類史上最大の犠牲者が――その恐怖の中、真丈と鶴来が東京中を奔走する。

『天地明察』、『十二人の死にたい子どもたち』、「マルドゥック」シリーズ等数々のヒット作を生み出した著者が、作家生活25年のすべてを込めた極上の国際テロサスペンス。

冲方丁デビュー25周年記念作品。


【プロフィール】
冲方 丁(うぶかた とう)
1977年岐阜県生まれ。1996年『黒い季節』で角川スニーカー大賞金賞を受賞しデビュー。
2003年『マルドゥック・スクランブル』で第24回日本SF大賞、2010年『天地明察』で第31回吉川英治文学新人賞、第7回本屋大賞、第4回舟橋聖一文学賞、第7回北東文学賞、2012年『光圀伝』で第3回山田風太郎賞を受賞。
主な著書に『十二人の死にたい子どもたち』『戦の国』『麒麟児』『もらい泣き』などがある。【商品解説】

著者紹介

冲方丁

略歴
〈冲方丁〉1977年岐阜県生まれ。「黒い季節」でスニーカー大賞金賞を受賞しデビュー。「マルドゥック・スクランブル」で日本SF大賞、「天地明察」で吉川英治文学新人賞、本屋大賞などを受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー37件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

アクションと政治のエンタテイメントの最高傑作

2021/08/20 18:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GORI - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルの通り、アクションの描写が素晴らしい。
恩田陸さんの蜜蜂と遠雷の音楽の描写も素晴らしかったが、本作のアクションの描写は今まで読んだことが無いと断言できるほど素晴らしかった。
作者は格闘技の動きや格闘家の心理などを相当研究して文字で表現したと思われる。
またテロ、中国の核弾頭が配備されたステルス機、亡命などを複雑に絡み合わせ、日本の警視庁と各省庁の利権争い、そしてアメリカ、中国、ロシアの思惑がこれでもかと襲ってくる。
中国のステルス機に乗って亡命したのが女性パイロットとした設定も物語を一層面白くしている。
アクションと政治を絡めたエンタテイメント小説としては最高傑作。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/01/24 20:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/03/01 08:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/08/13 19:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/07/04 12:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/03/02 10:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/08/30 21:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/05/17 01:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/09/01 18:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/04/01 23:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/05/24 16:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/09/15 11:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/05/06 18:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/04/09 18:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/02/17 16:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。