サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 50件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2021/02/15
  • 出版社: 角川春樹事務所
  • レーベル: ハルキ文庫
  • サイズ:16cm/317p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7584-4392-0
文庫

紙の本

あきない世傳金と銀 10 合流篇 (ハルキ文庫 時代小説文庫)

著者 高田郁 (著)

呉服商いを断念することになった五鈴屋江戸本店。だが、店主の幸や奉公人は職人たちと知恵を寄せ合って、これまでにない浴衣地の開発に挑む。両国の川開きの日に狙いを定め、勝負に売...

もっと見る

あきない世傳金と銀 10 合流篇 (ハルキ文庫 時代小説文庫)

税込 682 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

呉服商いを断念することになった五鈴屋江戸本店。だが、店主の幸や奉公人は職人たちと知恵を寄せ合って、これまでにない浴衣地の開発に挑む。両国の川開きの日に狙いを定め、勝負に売って出るのだが…。【「TRC MARC」の商品解説】

呉服太物商でありながら、呉服仲間を追われ、呉服商いを断念することになった五鈴屋江戸本店。
だが、主人公幸や奉公人たちは、新たな盛運の芽生えを信じ、職人たちと知恵を寄せ合って、これまでにない浴衣地の開発に挑む。
男女の違いを越え、身分を越えて、江戸の街に木綿の橋を架けたい──そんな切なる願いを胸に、試行錯誤を続け、懸命に精進を重ねていく。
両国の川開きの日に狙いを定め、勝負に打って出るのだが……。
果たして最大の危機は最高の好機になり得るのか。
五鈴屋の快進撃に胸躍る、シリーズ第十弾!!【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー50件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

あきない世傳金と銀 10合流篇

2021/02/22 09:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukko - この投稿者のレビュー一覧を見る

シリーズ第10弾

待ちに待った新刊
あっという間に読んでしまいました
心を落ち着けてもう一回じっくり読みます
登場人物の知恵と努力に感服
そして高田先生にもあらためて感服です

やっぱりお話はハッピーエンドで締めくくってくれたほうが
「買うての幸い、読んでの幸せ」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

今回は落とし穴なし!

2021/03/31 18:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:makiko - この投稿者のレビュー一覧を見る

大事にあたためた木綿の浴衣のアイディアが陽の目を見ていく話。菊栄様の太っ腹で思いやり溢れる行動にもグッときました。いつも少し上手く行ったかと思うと災難に見舞われる展開なので、今回もどこに落とし穴が潜んでいるかハラハラしましたが、大丈夫でした。次巻で何か起きるのか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

安心して読めます

2021/03/19 09:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よもぎもち - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作者の作品は基本的に不幸で終わらない、主要人物で根っからの悪人はいないと思っているので、ハラハラドキドキの緩急はありますが、安心して読み進められます。
知恵を絞り、真心を尽くし、真摯に生きる幸たちに心が洗われます。
読み進めるうちに着物の知識が身に付くのは、着物好きとしては嬉しい限り。
幸の人物造形や五十鈴屋のモデルはここかな・・・?なんて思いながら年に二回の刊行を楽しみにしています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

発想力が凄いですね・・・。

2021/03/09 11:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kotep - この投稿者のレビュー一覧を見る

呉服が扱えず太物だけを扱う五十鈴屋。その五十鈴屋でまた新たな試みが始まった。
庶民が浴衣を作りやすいように、太物から鋏で切って売るサービスだった。浴衣を縫うときの頭痛の種がきちんと太物を切れるかどうかの不安を解消した方法であった。そして五十鈴屋独自の浴衣を広めるために、幸が考えた乾坤一擲の策とは・・・。

今の社会でも十分通じる発想力と行動力だ。幸にはお梅さんのように幸せになってほしいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

地味なお話

2021/03/05 10:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ジャスミン - この投稿者のレビュー一覧を見る

いつも期待して待っていますが、今回は太物(綿素材)の染め浴衣を外に着ていけるよう色々工夫して成功するお話で盛り上がりが少なかった気がします。
なかなか色んなことを調べられて作家さんは苦労の力作ですが!
次回もっとお話が展開していくことを期待します。
(今回は妹も登場していないのも一因)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/02/24 14:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/04/05 19:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/03/16 22:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/03/22 20:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/02/17 18:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/03/05 07:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/02/26 09:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/02/26 10:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/04/10 15:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/03/26 22:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。