サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~11/30

hontoポイント&図書カードNEXTが当たる!ぬくぬく読書キャンペーン ~1/10

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 167件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2021/02/19
  • 出版社: KADOKAWA
  • サイズ:20cm/553p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-109698-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

テスカトリポカ

著者 佐藤 究 (著)

【山本周五郎賞(第34回)】【直木賞(165(2021上半期))】メキシコの麻薬密売人バルミロと臓器売買コーディネーターの末永は、新たな闇ビジネスを実現させるため日本へ向...

もっと見る

テスカトリポカ

税込 2,310 21pt

テスカトリポカ

税込 2,310 21pt

テスカトリポカ

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 8.3MB
Android EPUB 8.3MB
Win EPUB 8.3MB
Mac EPUB 8.3MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【山本周五郎賞(第34回)】【直木賞(165(2021上半期))】メキシコの麻薬密売人バルミロと臓器売買コーディネーターの末永は、新たな闇ビジネスを実現させるため日本へ向かう。少年コシモは知らぬ間に彼らの犯罪に巻き込まれ…。『カドブンノベル』掲載に書き下ろしを加えて単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

鬼才・佐藤究が放つ、クライムノベルの新究極、世界文学の新次元!

メキシコのカルテルに君臨した麻薬密売人のバルミロ・カサソラは、対立組織との抗争の果てにメキシコから逃走し、潜伏先のジャカルタで日本人の臓器ブローカーと出会った。二人は新たな臓器ビジネスを実現させるため日本へと向かう。川崎に生まれ育った天涯孤独の少年・土方コシモはバルミロと出会い、その才能を見出され、知らぬ間に彼らの犯罪に巻きこまれていく――。海を越えて交錯する運命の背後に、滅亡した王国〈アステカ〉の恐るべき神の影がちらつく。人間は暴力から逃れられるのか。心臓密売人の恐怖がやってくる。誰も見たことのない、圧倒的な悪夢と祝祭が、幕を開ける。第34回山本周五郎賞受賞。【商品解説】

著者紹介

佐藤 究

略歴
〈佐藤究〉1977年福岡県生まれ。「QJKJQ」で江戸川乱歩賞、「Ank:a mirroring ape」で大藪春彦賞、吉川英治文学新人賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー167件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

人間の弱さと克服

2021/07/02 05:03

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:K.ザムザ - この投稿者のレビュー一覧を見る

濃密な犯罪描写に圧倒されるが、その中で描かれる人間の虚栄心や保身といった弱さが却って印象的。超人的な犯罪者たちが川崎に集う過程はワクワクするし、パブロとコシモの師弟が舟に乗るシーンはパブロの覚悟が窺え感動的。矢鈴の決意はややとってつけた感が拭えないが、主要人物のほとんどは背景をしっかり描いているので行動原理に納得でき、非常に満足だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

凄い本

2021/11/13 12:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あきちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

今後、出てこないような本だと思いました。
グロい場面がてんこ盛りで出てくる犯罪小説だけど、それに負けないくらいのアステカ神話の詳細な記述と、それが現在の登場人物と結びついていて、違和感を感じない。作者が凄い書き手なんでしょうね。小説だからグロいシーンもまだ読める。これが漫画だったらまず読めない。
現代の闇についても、説教臭くなく問題提議を投げかけていて、古代アステカ人の考えや、記述も詳細で、小説に重厚感を与えている。
この前、間違えて購入した『満州スクワッド』と1線を画するものがある。あれは最低漫画。成人指定の棚にでも入れとけばいいのに。残虐シーンを売りにして見せつけて、金儲けの何ものでもない。
はだしのゲン とは全然違います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

圧倒されました

2021/10/03 18:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:owls - この投稿者のレビュー一覧を見る

暴力や残酷な場面が多い小説は苦手ですが、著者のインタビューを読み、興味がわいて読んでみました。前評判にこわごわ読み始めたのですが、・・・ひきこまれました。確かに残虐な場面も多いのですが、物語の力にひっぱられ読むのをやめられません。ニュースでも取り上げられない世界をの闇の中で、圧倒的な悪にそまった人々がでてきますが、その生い立ち、環境、背景を読むと色々考えさせられます。また、アステカの神への狂気めくほどの信仰心が物語に見事に絡んでいて、圧倒されました。取材、構成、そして筆力、ただただすごいと。また、特に気になったコシモの存在。終盤、彼が救われた気がして、ほのかに希望がみえ、ほっとしつつ、読み終わりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

資本主義の闇、背を向けてきた裏の世界の現実

2021/10/03 17:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しおはる - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作品は紛れもない傑作だ。
 初めは、日本のほぼ反対にあるメキシコからストーリーが始まり、日本人には馴染みがないであろう「麻薬カルテル」という組織がどのようにして「麻薬ビジネス」を資本主義社会で展開しているかが描かれる。それは、目を覆ってしまうほど残酷で、全く別世界の話のように聞こえる(それこそ、ダークファンタジーじみている)。
 しかし、筆者の力量、情報量などですべてが現実の世界に起きていることだと思えてくる。そして実際に起こっている。
 資本主義社会においては合法・非合法問わず、何に対しても「金銭的価値」がまとわりつく。人間の臓器などもそうだ。麻薬から始まり、子供の心臓移植ビジネスに発展するが、資本主義を追求すれば、実際に起こり得る話である。
 資本主義社会の日本に生きるのならば、この作品は必読であろう。ただし、メキシコ旅行前の人には決してお勧めできない……。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

美しい「花の戦争」のラスト

2021/07/20 11:34

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GORI - この投稿者のレビュー一覧を見る

直木賞受賞作
バルミロとコシモの対決シーンが見事。
美しく無駄なく描かれている。
直木賞受賞作だが、そんな範疇を超越した世界観に読者は驚かされ読み続けるはず。
麻薬密売、殺人、報復、そして心臓密売と残虐で恐ろしいシーンの連続だが、決して読んでいて嫌な気持ちにならずに、次展開を楽しんで読める。
またこのような残虐なシーンが多い小説は、読んでいて飽きてしまうものが多いが、本作は一字一字を頭に刻みつけるように読める。
驚かされた一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

社会の暗部を映し出す鏡。

2021/07/10 14:01

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゲイリーゲイリー - この投稿者のレビュー一覧を見る

善悪を超越した暴力。
正義や優しさ、倫理観や愛などが介在する余地などない純粋な暴力が本作では描かれている。
逃走用の車を手配するため、車の持ち主である夫婦を躊躇なく撃ち殺すような登場人物が本作では度々登場する。
どんな手段を使っても自らの利益を追求する彼らの残酷さと暴力性が圧倒的リアリティを持って描かれているにもかかわらず、悪趣味だと感じることは一切ない。

メキシコの麻薬カルテルやドラッグ、そして臓器売買。
私たちとは無関係だと思っていたそれら社会の暗部、裏側が私たちのすぐ後ろで行われていることを知り戦慄する。
もちろん本作はフィクションではあるものの、安易な気持ちで購入したドラッグが悲惨な麻薬戦争とつながっているということや、
臓器売買ビジネスでは子供のような社会的弱者が搾取されるということは事実に変わりない。
そのような資本主義社会の影を圧倒的暴力を交えて描いた本作。
筆力と創造力、そして入念なリサーチ力によって紡ぎあげられたこの物語は、日本国内では収まりきらない世界水準のクライム・ノベルといっても過言ではないだろう。

また、本作の最もユニークな点は現代社会の闇と血塗られた文明であるアステカをミックスさせた部分にある。
作中に登場するスペイン語やインドネシア語、ナワトル語や当時の小道具や紋様などからは、アステカ文明を全く知らずとも当時の雰囲気やおどろおどろしさを味わうことができる。
どこか神話めいたアステカ文明が次第に現実味を帯び、現代の日本で再現されていく展開は圧巻の一言。
著者の着眼点と、それらを見事に物語として完成させた手腕に脱帽する他ない。

アステカ文明を筆頭に、世界中で行われてきた人身供犠と臓器売買が絡み合って描かれた本作。
生贄を必要とする人間の本質的は今なお変化していないのではないだろうか。
そして、資本主義という弱者から搾取し続ける社会構造をこのまま存続してもいいのだろうか。
私たちが目をそらし続けているこれらの問題を、「テスカトリポカ」という鏡が映し出す。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

溢れんばかりの狂気と悪意

2021/05/23 23:33

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kochimi - この投稿者のレビュー一覧を見る

貧困と麻薬と暴力、その根源にある人の狂気。
アステカ文明の神の話がかなりあって、
なじみのない語感に苦労しますが、
それ以外は怒涛の展開にグイグイ読めます。
人の悪意ばかりを見せつけられたあとの、
パプロとコシモにあったのは救いだと思いたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

壮大

2021/08/30 21:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ライディーン - この投稿者のレビュー一覧を見る

ストーリーもページ数もヘビー級。
さすがに、アステカ文明については予備知識が全くないので、読むのにかなり手こずりました。
それ以外のアンダーグラウンドの内容も予備知識は当然ないものの、描写がリアルで次が気になる状態でページを捲っていました。
読み応えは抜群。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

直木賞受賞作品ということで読んでみました。

2021/10/31 21:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るい - この投稿者のレビュー一覧を見る

予備知識なく、ページを開きました。
文章力、物語の展開、素晴らしいと思います。
本の装丁を観て、怖い内容かと思いました。
自分にとって、全く知らないことばかりでした。
今の時代を知るという意味でも、今の作品を読むことが必要だと思いました。個人的には、直木賞受賞作品でなければ、本の内容から読んでいない作品です。装丁を観て、手にしない作品です。
でも、力のある作品で、読んで良かったです。
こういう作品が受賞するのだなと思える作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

直木賞

2021/10/20 01:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エムチャン - この投稿者のレビュー一覧を見る

さすが受賞作品……といえるかは、好みによると思います。残虐なシーンの描写がたくさんあり、自分的にはちょっと……と思いました。裏には、狂気的な信仰もあり……、しかし、コシモVSバルミロの対決すごかった……

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

う~ん・・・・・・

2021/09/06 20:05

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

ごめんなさい。
絶賛している方々のコメントを読んでも、
やっぱり私は苦手です。
ゴッドファーザーみたいのも、仁義なき戦い的なのも、苦手です。
500ページ余を読んではみたものの、苦手な世界です。
ただ、これが事実に近いのなら、それは怖いです。
目をそむけるわけにはいきませんね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/10/24 07:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/10/05 03:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/10/28 23:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/08/25 16:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。