サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  クーリエ・ジャポンpresents あの著名人の「推薦図書」フェア ~9/28

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 865件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2021/03/02
  • 出版社: KADOKAWA
  • サイズ:19cm/299p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-109879-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

六人の噓つきな大学生

著者 浅倉秋成 (著)

成長著しいIT企業の最終選考。最後に残った6人に出された課題は、「1人の内定者を6人で決めること」。そんな中、6人それぞれの「罪」が告発された6通の封筒が発見される。彼ら...

もっと見る

六人の噓つきな大学生

税込 1,760 16pt

六人の嘘つきな大学生

税込 1,760 16pt

六人の嘘つきな大学生

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 3.9MB
Android EPUB 3.9MB
Win EPUB 3.9MB
Mac EPUB 3.9MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

成長著しいIT企業の最終選考。最後に残った6人に出された課題は、「1人の内定者を6人で決めること」。そんな中、6人それぞれの「罪」が告発された6通の封筒が発見される。彼らの噓と罪とは。そして「犯人」の目的は…。【「TRC MARC」の商品解説】

<< 2022年本屋大賞ノミネート & ブランチBOOK大賞2021受賞 >>

■■各種ミステリランキングで話題沸騰中■■

『このミステリーがすごい! 2022年版』(宝島社)国内編 8位
週刊文春ミステリーベスト 10(週刊文春 2021年 12月 9日号)国内部門 6位
「ミステリが読みたい! 2022年版」(ハヤカワミステリマガジン 2022年 1月号)国内篇 8位
『2022本格ミステリ・ベスト10』(原書房)国内ランキング 4位


成長著しいIT企業「スピラリンクス」が初めて行う新卒採用。最終選考に残った六人の就活生に与えられた課題は、一カ月後までにチームを作り上げ、ディスカッションをするというものだった。全員で内定を得るため、波多野祥吾は五人の学生と交流を深めていくが、本番直前に課題の変更が通達される。それは、「六人の中から一人の内定者を決める」こと。仲間だったはずの六人は、ひとつの席を奪い合うライバルになった。内定を賭けた議論が進む中、六通の封筒が発見される。個人名が書かれた封筒を空けると「●●は人殺し」だという告発文が入っていた。彼ら六人の嘘と罪とは。そして「犯人」の目的とは――。

『教室が、ひとりになるまで』でミステリ界の話題をさらった浅倉秋成が仕掛ける、究極の心理戦。【商品解説】

著者紹介

浅倉秋成

略歴
〈浅倉秋成〉1989年生まれ。「ノワール・レヴナント」で第13回講談社BOX新人賞Powersを受賞しデビュー。ほかの著書に「フラッガーの方程式」など。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー865件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

就活のリアル

2021/03/04 15:43

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みい - この投稿者のレビュー一覧を見る

就活というあいまいな世界の中で、振り回される6人の大学生。決してクズではなく、結局は気持ちのいいとも言える6人の、悲しくも最後には納得のいく物語。企業のウソ。学生のウソ。ウソが錯綜するなかで、自分自身が大事にしていたものを守り信じることの難しさ。ひとつの現代のリアルが描写されているように思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

就活と月

2022/04/13 23:12

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

急成長中のIT企業。最終選考に残った6人の学生たち。グループ・ミーティングで最初は、全員合格もあり、と聞かされていたにもかかわらず、一転、人事から採用は1人だけと通告される。そして騙し合いへと繋がるのだが、二転、三転の展開は新手のミステリーと言ってもよく、最後まで惹き付けられた。たかだか1時間やそこらの面接で、人の内面まで知ることは出来ない。月の裏側に喩えたあたりが興味深い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

読み返したい!

2022/07/17 18:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さの - この投稿者のレビュー一覧を見る

こんなにも振り回されるのかと思うほど物語の進むスピードが心地よく、最後までたくさん楽しませてもらえました。もう一度読んだら、また違った楽しみ方ができるだろうなと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

読み返しても楽しい。

2022/07/03 06:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りー - この投稿者のレビュー一覧を見る

二度目読み返すと印象がまったく違って見える。逆に言えば一度目の面白さは二度と味わうことができないわけだけれどもやっぱり面白い。ただ一度目から気になっているんだけどこの作中の比喩が独特すぎて(何か狙いがあるのかもしれない…それくらいクセ強なので)めちゃめちゃ意識に残る。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

二転三転、最後にドンデン

2022/05/01 17:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

人気企業の就職試験、最終選考に残った大学生六人。男子4人、女子2人。いずれも一流大学の学生。
最終選考のグループディスカッションで参加者の過去の過ちを暴く怪文書が持ち込まれ修羅場に。
就活から8年後の今と、就活当時と行き来しながら話は展開します。
真犯人は本当のあの人だったのか?8年経って真相が分かってきます。
そして、真犯人の就活に抱いた疑問や憤懣。
数年たっても変わらない就職活動の不毛さと通過儀礼としての必要性と諦め。そんな就職活動を強いられる学生たちへの憐憫が合わさって伝わってきます。
そして、六人の本当の顔や、過ちに隠された真実なd、二転三転し最後の最後でドンデン返しあり、とてもスリリングで面白かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

伏線の五月雨

2022/03/28 20:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なっとう - この投稿者のレビュー一覧を見る

すごく面白かったです!
就活への薄暗い疑問や不満、儀式的な恐ろしさみたいなものが生々しく描かれています。
就活生にこそ、読んでほしいけど…いや…読まないほうがいいのかも…。

この作品を読んで、少しでも心が軽くなる人もいるのではないかなと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白かった

2022/02/19 23:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぼちぼち - この投稿者のレビュー一覧を見る

誰もが経験したことのある就活・・・そして面接。懐かしさも手伝ってグイグイ引き込まれた。最初は全員味方だった最終組。それがある日を境に全員敵になる。さてどんな方法で自分だけ内定をもらうかの真剣勝負が始まったがどんでん返しにつぐどんでん返しで息つく暇もなかった。嘘つきの裏には感動もありで涙つき。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

就活に潜む「歪み」を鮮やかに描き出す

2022/02/18 17:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:帰蝶 - この投稿者のレビュー一覧を見る

多くの学生が経験するであろう就活に潜む「歪み」を、鮮やかに描き出したミステリー。企業の採用担当者は、どのようにして優秀な学生を選り抜くのか。就活生は、いかにして自分をよく見せるのか。完全な存在たりえない人が人を評価するときに生じる「歪み」が、人間性の評価にどう影響するのか。多角的な視座から物事を見ることの大切さに、改めて気づかされる作品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

就活を題材とした良質なミステリー

2022/01/31 06:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yino - この投稿者のレビュー一覧を見る

難関企業の最終面接に臨む6人の大学生それぞれの「嘘」を巡るミステリー。次々とミスリードが重なり、二転三転しながら見事に回収されていく伏線が気持ち良い。人間性なんて表面だけでは分からないなんて、誰でも知っているにも関わらず、私達も日々の生活の中でお互いのことをミスリードしあってるんだろうなと気付かされました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

就活も人狼

2022/01/15 13:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

こんなことが本当にあるのかも?と妙なリアルを感じつつ、ぐんぐん引き込まれました。
グループの歪みがスリリングに展開するサスペンス。さすがに評判どおり面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

騙し絵を見たような気分になりました…

2021/09/09 21:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:会社員Z - この投稿者のレビュー一覧を見る

最高に好きな一冊でした。文庫化を待たず購入してよかったです。

大学生の就職活動の最終面接で起こった事件と、社会人になってから発覚する真実、登場人物に語られる当時の気持ち。事件当日の緊迫感は凄まじく、読み手も揺さぶられます。主人公含む大学生たち同様に疑心暗鬼・絶望・軽蔑などの感情を共に味わいました。

読後感が爽やかな点も好みでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

就活生に勧めたいような、勧めたくないような…

2021/08/11 21:05

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kochimi - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分の全てをかけてどう会社に貢献していくか、と
実際に働き始めたらもう考えないことを、
聞いくる会社、答える学生。
就職活動は現実とは乖離した一種のイベントだ。
そこに疑問を抱くのは仕方がなくても
意図的にクラッシャーになるのはいかがなものか。
時の運に左右されるのも、見えてるほんの一部分で、
それだけが月の全体像ではないのだから。
就活生に勧めたいような、勧めたくないような…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ディテール

2021/03/08 08:33

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くみみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

かなりディテールに拘った二転三転する就活青春ミステリ。実際の就活では絶対にありえない設定ではあるが、繰り広げられた心理戦などはリアリティがあって、浮き沈みする彼らのテンションに流されて引き込まれる

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

エールですね

2022/07/31 09:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:目黒の桜 - この投稿者のレビュー一覧を見る

一気読みしました。
正直前半は スピードが上がりませんでしたが、後半の展開によって "嘘つき" が、そういうことかと。。。。
謎解きから、人間性を多面から見ることによって、生きやすい人生を送れっていうエールを受け取りました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

就職活動ミステリーという新ジャンルを開拓

2022/05/02 20:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:坂の下の落人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

おそらく大学生や新社会人くらいの若い読者からの支持が高そうな
テーマである、就職活動をめぐるミステリー。
就職活動がミステリーになるんだと、ただただ新鮮。
おそらく就活あるあるが満載で、そのディテールにも共感できるのだろう。

はるか昔のことで覚えていないのもあるが、
もっといい加減な就活だったと記憶する身からすると、
今の就活事情がわかってとても興味深かった。
ストーリーの組み立ても緻密でしっかりしていて、
登場人物の色分けもうまく描かれている。

ただ、少し生真面過ぎるというか、パズルチックで、
後半はひたすら伏線回収に追われ、
窮屈さと若干の違和感を覚えた。
結局悪い人はいませんでした的な結末も、
今風なのだろうか(ネタバレ?)。

まぁ、そこまでしないと鬼の首でも取ったかのように、
瑣末なところを突っ込まれたりもするのかな。
そんなところを抜きにしても、一読の価値はあります。
中高年読者にもおススメです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。