サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

1,000円以上送料無料キャンペーン  ~5/23

1,000円以上送料無料キャンペーン  ~5/23

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 歴史・地理・民俗の通販
  4. 歴史の通販
  5. 人文書院の通販
  6. 身体と環境をめぐる世界史 生政治からみた「幸せ」になるためのせめぎ合いとその技法の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 発売日:2021/02/26
  • 出版社: 人文書院
  • サイズ:22cm/418p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-409-51087-2
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

身体と環境をめぐる世界史 生政治からみた「幸せ」になるためのせめぎ合いとその技法 (同志社大学人文科学研究所研究叢書)

著者 服部 伸 (編)

命の管理は国家が介入すべきものなのか? 近現代社会における身体および身体と密接に関わる環境に関する領域を多面的に検討する論集。身体をめぐって個人と国家がせめぎあってきた歴...

もっと見る

身体と環境をめぐる世界史 生政治からみた「幸せ」になるためのせめぎ合いとその技法 (同志社大学人文科学研究所研究叢書)

税込 8,250 75pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

命の管理は国家が介入すべきものなのか? 近現代社会における身体および身体と密接に関わる環境に関する領域を多面的に検討する論集。身体をめぐって個人と国家がせめぎあってきた歴史を考える。【「TRC MARC」の商品解説】

命の管理は国家が介入すべものなのか?
弱い立場の人間は国家から守られているのか、それとも監視され管理をゆだねコントロールされているのか?
身体をめぐって個人と国家がせめぎあってきた歴史を考える

「本書においては、統治者や社会のなかにある集団や個人が、社会のなかの個人や集団に対して、どのようにして監視・介入・操作を行おうとしたのか、また、このような監視・介入・操作に対してその対象者となった人びとがどのように対応したのかを、それぞれの歴史的文脈のなかで明らかにしてゆく。」(序論より)

〇目次
序論 身体と環境をめぐる生政治:「幸せ」にする(なる)ための介入・操作と主体性(服部伸)

第Ⅰ部 身体と環境への介入

食権力論の射程(藤原辰史)
「風土」と医学―幕末・明治初期の「衛生」概念の検討をとおして-(香西豊子)
帝政期ドイツ社会における「移動の自由」と「安全」・「治安」―シンティ・ロマ取り締まりをめぐって―(大谷実)
誰が人々を導くのか―世紀転換期の香港における死体遺棄問題をめぐって―(小堀慎悟)
科学的かつ合理的に―大正から昭和初期における食改善運動の射程と受容―(宝月理恵)
二〇世紀スイスにおけるイェーニッシェの子どもの強制保護―社会福祉事業と子ども観の観点から―(穐山洋子)
オーファンドラッグの出会い損ない(美馬達哉)

第Ⅱ部 介入に抗する人びと

下面発酵技術の普及と近代ドイツの統治、禁酒運動、民衆運動(東風谷 太一)
治療薬を確保するための闘い-ホメオパシー患者団体の協会薬局と国家-(服部伸)
退化の時代を生き抜く―世紀末ドイツ語圏のシオニストの身体言説―(河合竜太)
『ナーサリーワールド』に見る知的障害児の母親の声―戦間期~一九五〇年代のイングランド(大谷誠)
第二次世界大戦後アメリカにおける知的障害者--家族・専門家・コミュニティ--(小野直子)

第Ⅲ部 マニュアルから見える介入と抵抗の技法

近代「植民地」における人と森林の付き合い方―ハプスブルク統治下ボスニア・ヘルツェゴヴィナを例として―
(村上亮)
いかにモラルと営利を両立させるか―二〇世紀初頭ポーランドの医療倫理マニュアルを編む―(福元健之)
戦間期イギリスにおける「健康になるためのマニュアル」—自然療法医の食と健康観(御手洗 悠紀)
よりよく老いる――ドイツのマニュアルを読む(ヴィクトリア・エシュバッハ=サボー/井上百子訳)【商品解説】

目次

  • 序論 身体と環境をめぐる生政治:「幸せ」にする(なる)ための介入・操作と主体性(服部伸)
  • 第Ⅰ部 身体と環境への介入
  • 食権力論の射程(藤原辰史)
  • 「風土」と医学―幕末・明治初期の「衛生」概念の検討をとおして-(香西豊子)
  • 帝政期ドイツ社会における「移動の自由」と「安全」・「治安」―シンティ・ロマ取り締まりをめぐって―(大谷実)
  • 誰が人々を導くのか―世紀転換期の香港における死体遺棄問題をめぐって―(小堀慎吾)
  • 科学的かつ合理的に―大正から昭和初期における食改善運動の射程と受容―(宝月理恵)
  • 二〇世紀スイスにおけるイェーニッシェの子どもの強制保護―社会福祉事業と子ども観の観点から―(穐山洋子)

収録作品一覧

序論 身体と環境をめぐる生政治 服部伸 著 7−26
食権力論の射程 藤原辰史 著 28−47
「風土」と医学 香西豊子 著 48−70

著者紹介

服部 伸

略歴
〈服部伸〉1960年生まれ。同志社大学大学院文学研究科文化史学専攻博士後期課程中途退学。同大学文学部教授。博士(文化史学)。専門はドイツ近代史。著書に「ドイツ「素人医師」団」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。